第150回日商簿記1級・合格証書&成績票が届きました!

書道のお稽古から帰宅すると、テーブルに日商簿記1級の合格証書が入っていると思わしき封筒が置かれていました。
1/7・合否結果確認済み


それでは…さっそく、開封の儀を執り行います!




チャラララッ♪合~格証~書~♪
(ドラえもんの声で再生)

本当に、本当に、本っっ当~~~に、日商簿記1級に合格できたんだ…!!

合格証書を見ているうちに、なんか泣けてきた(ノД`)・゜・。
日商簿記1級は合格まで2017年1月~2018年11月まで時間がかかった分(2010~2012年も一応?勉強していたしね)、余計に感慨深いものがあるという感じです。

成績票は、2級に合格したときとおなじ体裁のものが同封されていました。


点数は、商業簿記21点、会計学17点、工業簿記19点、原価計算18点、合計75点

突出した科目はないけど、どの科目も大きな穴がなかったことが勝因だったのでしょう。

ちなみに東京商工会議所で日商簿記検定受験すると、昨年度までは、合格者には合格証書と結果通知が、不合格者には結果通知の圧着はがきが送られていました。

それが今年度からは、合格している場合は合格証書と成績票(WEB成績票と同じもの)が送付されますが、不合格の場合は郵送希望受付期間内に電話で請求した場合のみ、成績票を送付してもらえるとのことです。

点数はネットで確認できるけど、不合格者には結果通知の類は郵送しないというのは、情報処理技術者試験と同じスタイルですね。


ただこれは、穿った見方をすると、不合格者に送るハガキ代の節約と言えなくもないw

とはいえ、1級~3級までの不合格者数を合計すると、東京商工会議所からは年間で約4万通の不合格通知ハガキを発送していたのですから、意外とバカになりません。
はがき1通が62円ですから、不合格通知を発送するだけでも、年間で248万円かかる計算に。

まぁシステムはシステムで、メンテナンス費用が別途必要になるのでしょうが、システムのメンテ代分は受験料に上乗せして徴収されているので、そこでペイしていると思われ。
簿記検定は、受験料を払っても当日棄権しちゃう人も結構多いしねw

さて、今回の東京商工会議所実施分の合格率は8.0%(112/1,398)とやや低めの数値でした。
※全国の1級合格率は、後日日本商工会議所のサイトで発表されるので、されたら追記します。
(1/11追記)第150回の1級合格率(全国)は、9.0%とのことです。
受験者数9,852名 実受験者数7,588名 合格者数680名

商工会議所の簿記検定試験は、簿記の普及向上を通じて、企業経営の健全化と経済社会の発展に寄与することを目的として1954年から施行しています。2018年11月18日(日)の試験で150回目となり、これま&

ただ日商簿記1級は、合格基準点(トータル70点以上かつ各科目10点以上)が固定されている割には合格率のレンジが狭いので、難易度にかかわらず8〜10%あたりに落ちつくように配点を調整していると思われるフシがあります。

実際、難しい回であれば、自己採点ベースでは60点台どまりだった人も、フタをあけたら70点をクリアできていた(合格した)、という話は珍しくないです。

ぶっちゃけ自分も、受験直後の手ごたえは、75点で受かった今回(150回)よりも、69点で落ちた前回(149回)の方がずっとよかったですし。
そういう意味では、上位10%以内に入らなければいけない、競争試験的な側面もあると思います。

結局のところ、フタをあければ1級合格率は8~10%のレンジで落ち着いているとはいえ、10年に1回くらいの割合で、合格率が3%~5%しかない地雷回もあるんですよ。
ええ、それは147回(2017年11月試験)のことですねわかりますwww
今思い出しても、アレは中規模程度の地雷回だった…(遠い目)

1級の合格率がごくたま~~~に3~5%台に落ちこんでしまうことがあるのは、あまりにも回答に空欄が多い&誤答が多かったが故に、どう配点をいじっても得点の嵩上げのしようがなかったためではないかとニラんでいます。
真相はわからんけどwww

まぁ…採点基準や配点については大人の事情ということで、これ以上ツッコミを入れるのはやめておきましょう(苦笑)

もし1級に配点調整がなかったとしたら、合格率はおそらく2%から15%の間で乱高下してしまい、更なる阿鼻叫喚の地獄と化してしまうからです。

たとえどんなに地雷回であっても、合格ライン80%を動かす気が全くなさそうな漢検1級のことを思えば、日商簿記1級は受験生に配慮してくれていると思うことにしよう(爆)
受験生にとって有利なように配点してくれているんだったら、大変ありがたい話じゃないですか。ええ(遠い目)。

なお、日商簿記1級の勉強法については現在まとめていますので、随時upしていきます。

スポンサーリンク

コメント

  1. 三重の英樹 より:

     とうとうやりましたね。おめでとうございます。次は税理士に挑戦してみてはどうでしょうか?私も簿記の勉強を始めた時は税理士を目指してみようかと思いましたが挫折しています。

    • miwa@管理人 より:

      >三重の英樹さん
      ありがとうございます。
      税理士チャレンジの声、本当に多いですね(笑)
      でも今は正直簿記1級で燃え尽きました。。。_| ̄|○
      チャレンジする前に挫折ですwww

  2. しろべぇ より:

    『1級合格証書』 眩しぃぃぃぃぃ! 眩しすぎまっせ!

    去年3級をとった私には後光が差して見えます。

    美和様、泣かれたんですね。

    私、勉強中に、この試験に受かったら、泣くだろうなぁと思うことがあるのですが、いざ合格しても一度も泣いたことがないのです。
    (難関試験ではないというのもあるのですが)

    私もいつか、合格率の低い試験にチャレンジして、うれし泣きをしたいと思います。

    • miwa@管理人 より:

      >しろべぇさん
      号泣というよりは、うっすらと涙がにじむレベルですね(笑)
      事前に合格を確認していたからというのもあると思いますが、もしこれが2015年度以前の方式(郵便でのみの結果通知)だったら、確実に泣いていたような気がします。
      でも自分も、嬉しくて泣くよりは「うそっ!!受かってんじゃん!」という驚き(動揺)で涙が引っ込むことの方が大きいかも。

  3. スコッチ より:

    改めておめでとうございます
    ん?目が疲れてるのか
    国家資格簿記1級にみえました(笑)
    おそらく難易度からしたら
    宅建より難しいと思います
    計算と理解と暗記だとまた得意不得意あるかと思います
    みわさん次は高圧ガスか電検あたりですか?
    もしくソムリエとかフードマスターとか
    料理系とか
    資格合格本だして印税もらい楽をするとか(笑)
    いろいろありますね

    • miwa@管理人 より:

      >スコッチさん
      ありがとうございます。
      日商簿記の知名度からすると、下手なマイナー国家資格よりも権威がありそうな感じがします。
      (国家・公的・民間を問わず、結局のところは世間一般での知名度がモノをいうという印象です)
      自分の中では、日商簿記1級は宅建の5倍苦労しましたよ(´・ω・`)
      資格本で印税(笑)確かに夢だ。

  4. えぞりす より:

    miwa様
    1級の合格証書、2級と同じ色…ですね…(私は、こないだ日商簿記2級を入手いたしました)
    でも1級の試験内容は、2級の5~6倍くらいの手間ですよねー。
    なので、もう少し大きめな賞状(例えばマイナーなB3サイズ)とか、サイン部分を毛筆で書いてほしいものですねぇ。

    次の試験ターゲットは何でしょうかねぇ?気になっております。

    私は春の情報処理技術者試験の勉強を12月中旬より進めておりますが、高度情報処理試験って、かなーーり教室で浮いてしまうので、お昼がきついんですよねー(T-T)
    申し込みが開始されたのに、そこが引っ掛かり申し込みに迷います…
    きっと情報システム監査技術者試験って………

    • miwa@管理人 より:

      >えぞりすさん
      私が持っている2・3級の合格証書とは、微妙に背景の色が違う気がします。
      それとも8年の間にマイナーチェンジしたのかな…。
      1級になるとデカくなるのはFPや知財のような技能検定方式ですね(笑)
      漢検もそうだったかな(今は全級A4サイズに統一されたようですが)
      次は…1月に一応試験がありますが、それは受験したらupしますのでこうご期待。
      4月の情報処理技術者試験も申し込みが始まっていますね。
      私がもし次受けるなら、SGにするかなぁ。
      応用はしばらくいいや。

      • えぞりす より:

        miwa様
        今月試験って気になります。FPは、お持ちでしょうし、無線とかでしょうか?
        まさか、名古屋飛ばしの気象予報士?(名古屋は何故か会場がありませぬ T-T)

        本日、合格証書を整理しておりましたら、FP2級と知財2級の合格証書がそっくりであることに気づきました…手抜き?(笑)

      • miwa@管理人 より:

        えぞりすさん
        FPでも無線でも気象予報士でもないです。
        お楽しみに〜( ^ω^ )

        FPと知財は、どちらも「技能検定」なので、体裁がおなじなのでしょう。
        サイズが違うのが微妙に笑えますがwww

  5. みりん干し より:

    miwaさん合格おめでとうございます!
    第150回1級合格
    なんだか美しい響きな気がします。
    わたしも150回で受かってたらなぁ。

    • miwa@管理人 より:

      >みりん干しさん
      ありがとうございます。
      そういえば、150回というのは中々キリのよい数字ですよね。
      149という数字よりも綺麗な感じがします。
      まぁ数字云々よりも、できれば前回で受かっていたかったですが(他の資格との兼ね合いという意味でね)

  6. 寅さん より:

    改めておめでとうございます。
    超難関資格なのに全経上級みたいにもっと華やかな合格証にしてもいいんじゃない?
    と思いました。

    そういえばビジネス会計1級の合格証、まだネットで紙の合格証(カードのは見たことあります)見たことないんですが・・・。miwaさんどうですか?

    • miwa@管理人 より:

      >寅さん
      そういう意味では、全経の合格証書は、難易度に比べて素敵だと思います。
      でもまぁシンプルなのも悪くないですよ(笑)
      ビジ会は、昔は確かカードタイプだったけど、今は合格証書ですよね。
      1級…どうなんですかね。多分2級とおなじデザインのような気がします(検証するつもりはありません)

  7. かーくん より:

    簿記1級合格おめでとうございます!
    自分も1級の勉強をしたことがありましたが、途中で挫折しました。
    簿記の勉強からはしばらく離れていましたが、3月に建設業経理士1級財務諸表に挑戦します。
    みわさんのように合格できるよう頑張りたいと思います。

    • miwa@管理人 より:

      >かーくんさん
      お久しぶりですね!
      ついに、日商簿記1級に合格できました。
      挫折しました…と言わずに、建設業経理士1級あたりから徐々に力をつけていけば、いつかは日商1級も手の届く日がやってくると思いますよ。
      まずは3月の建設業経理士頑張ってください!