日商簿記1級独学勉強法:過去問題集に「捨て問」はない


日商簿記1級は、過去問題集に載っている問題については、「自分的に嫌い・苦手」という個人的な好き嫌いだけで「捨て問」にしてはいけません。

1級の最新版過去問題集には、捨て問にしてもいい問題は一つもありません。

というのは、日商簿記1級では、既存知識の応用問題(メジャー論点とマイナーor新問の組み合わせ問題)の出題が多いからです。


実際、「工事会計は第143回試験の会計学で出たばっかりだから暫くは出ないだろう」と思って軽く流していたら、翌年の第146回試験の商業簿記で、「受注制作のソフトウェアを工事進行基準に準じて計算する」という問題が出ましたorz

あるいは、事業譲渡の問題も、「A社からB社に事業を譲渡して~」という1対1の問題は過去にも出題実績がありましたが、第147回試験では、「A社とB社がC社に事業を譲渡して~」と、既存の問題に一ひねりを加えて出題されました。

この時は、第1問・第2問は既存の過去問知識で点数が取れたけど、第3問が「共同支配の場合は持分法を適用する」という新問が出題されていました。

149回試験の工業簿記では、本社工場会計(*140回試験では30年ぶりのリバイバル出題といわれていた論点)は暫くでないだろうと思っていたら、いともアッサリ復活(笑)
それも総合原価計算ではなく、標準原価計算との組み合わせという、「メジャー論点(標準原価計算)とマイナー論点(本社工場会計)」の抱き合わせ出題でした。

また150回試験の会計学では、第147回の理論問題の4肢択一形式に、計算問題をミックスする(正しい選択肢を選び、その選択肢に沿った計算をする)という。
そしてその計算問題の小問で、前回(149回)は商業簿記で連結が出たから今回は出ないだろう…と思ったところに、「段階取得の差益計算(126回以来の出題)」を絡めてきました。

このように、日商簿記1級は既存の過去問を「ストレート」に出題するのではなく、「変化球」を多用して出題してくるところが、全経簿記上級試験と比べて1ランク難しいといえます。
受験生にとってはまことに厄介な話ですね。。。_| ̄|○

これは日商簿記1級に限らず、他の合格率一桁の難関資格でも同様のことが言えますが、過去問に載っていない新問・難問が解けなくても得点差はあまりつかないけど、基本問題が解けないと、他の合格者に水をあけられてしまいます。

特に、日商簿記1級の場合は、良くも悪くも、相対評価を加味した配点になることが多いです。

新問・難問が多いときは採点が易しめ(基本問題の配点が高くなる)に、基本~標準レベルの問題が多いときは採点が辛めになる(基本問題の配点が低くなる、最後まで解けないと点数が伸び悩む)傾向があるように感じました。

つまり、過去問題集に載っている問題、特に複数回出題実績のある定番論点は、少なくとも合格者の大半にとっては得点の稼ぎどころなので、そこで点数の差をつけられると、致命傷になってしまうのです。

というわけで…

・過去問題集に載っている問題は全てサービス問題(→時間内に満点が取れるレベルまで勉強する。)
・「捨て問」にしても許される問題は、試験本番で、新作問題且つ難しい問題が出たときだけ。
(ただ、このような難問であっても、小問の1~2問目は過去問の既存知識で拾えるように問題が作られているので、この部分点はキッチリ拾えるようにしておく。)


日商簿記1級は難しいし、過去問以外の応用・新作問題も少なくありませんが、それでも過去問のマスターは必須です。

極端なことを言えば「最新版の過去問題集に載っている問題は全てサービス問題、全部解けて当たり前」と感じられるようになるまで、繰り返し勉強することをお勧めしたいです。

そう思える領域にたどり着けたら、合格はもう目前です。

・ 日商簿記1級・独学で合格する勉強法(総論)に戻る

日商簿記1級の受験記録・勉強法(2017年1月~2018年11月)をまとめました。 ※ここが1級勉強法の「まとめページ」になります。 ...

参考:テキスト・問題集・スクール講座へのリンク
ネットスクール とおる簿記1級(テキスト・問題集)12冊フルセット
サクッとうかる日商簿記1級(テキスト・トレーニング)12冊フルセット
ネットスクール 日商簿記1級web講座
TAC 日商簿記1級 スッキリわかるシリーズセット
TAC 日商簿記 独学道場 1級【ロングラン】フルパック
TAC 日商簿記1級通学・通信講座

スポンサーリンク

コメント

  1. ヴェネ より:

    あらためて簿記一級の難易度の高さが伝わってきます。
    みわさんみたいに
    早く難しい資格にチャレンジしたいです!

    消防設備士(3月)と保育士(4月)は問題集や過去問集終わっちゃいました。

    小学校資格認定試験(9月)が早く来てほしいです!
    ある意味難関だと思います。金額が高すぎるので(笑)
    受験料25000円!!+交通費や宿泊費でだいたい30000円!!合計55000円!!
    やばい(;゜0゜)やばすぎる!
    落ちたら立ち直れないので…
    本気でやっつけに行きます!

    • miwa@管理人 より:

      ヴェネさん
      消防設備士と保育士だけじゃ物足りなさそうですね。
      かといって日商簿記1級クラスの難関試験を入れると、それはそれで勉強時間が足りなくなってしまいますし。
      準難関・中堅レベルと、難関では3〜5倍くらい勉強時間が変わってくるから悩ましいですね。
      55000円は痛い!奥さんが怒りそう(笑)
      宿泊費ということは、自宅の近所に試験会場がないのでしょうか?

      • ヴェネ より:

        一番近くて岡山大学です
        往復の新幹線代より、泊まった方が安いんです。

        調子にのって
        特別支援教員資格認定試験受験も考えたんですが、会場は東京のみ…
        さすがに殺される

        関東に住んでいる人うらやましい!

      • miwa@管理人 より:

        大阪には試験会場がないんですね!
        大阪になくて、岡山大学っていうのが意外です。