情報セキュリティマネジメント試験を受験!(やっぱり2016年に受けとけばよかったかなぁ…)


国士舘大学(世田谷キャンパス)にて、「情報セキュリティマネジメント試験」を受験してきました。

これは情報処理技術者試験の一つで、2016年に新設された、レベル2相当の試験です。

あの時、何を血迷ったのか、応用情報技術者試験を受けたら午前試験でアッサリ玉砕してしまったので、やっぱり(自分の力量を鑑みて)手堅くSGにしときゃよかったなーと激しく後悔しました。
自分のバカ!!(ノД`)・゜・。


スポンサーリンク

午前試験


国士館会場は、情報セキュリティマネジメント試験の受験生のみの会場でした(約1500人ほどいたようです)。
基本情報の時は比較的若い方が多かったのですが、この試験は私と同年代~それよりも上の世代も結構多かったです。
(若い子も多かったですけど)


SGの午前試験は択一式です。

試験範囲は
・重点分野(情報セキュリティ全般・情報セキュリティ管理・情報セキュリティ対策・情報セキュリティ関連法規)
・関連分野(テクノロジ・マネジメント・ストラテジ)

あわせて50問が出題されます。

50問中、テクノロジが33問・マネジメントが7問・ストラテジが10問。
セキュリティ分野に特化した試験です。
計算問題は、稼働率やクリティカルパス、原価計算くらいで、殆どが知識問題の出題となっています。
今回は珍しく?ビット数と8進法(読取・書き込み・実行の権限をビットで設定する問題)が出ましたけど、二進法の計算を思い出したら解けました。

見たことのない問題も4~5問ほどありましたが、過去問と全く同じ問題も数問、類似問題も結構多かったし、計算問題は投資額の回収問題くらいで、トータルでは結構サクサクと解けました。
80問中50問がテクノロジ分野から出題される&出題範囲の広い基本情報技術者試験に比べれば、同じレベル2でも、出題範囲が狭い&問題数が50問しかない&計算問題の少ないSGのほうが明らかに与しやすいです。

そんなわけで、午前試験に関しては特に不安もなく、退室可能時刻(10時半)とほぼ同時に途中退室。
ロビーでテキストを読んで午後試験に備えます。

そういえばこの試験、受験番号と生年月日は、試験が始まってから記入をするのですね。
たいていの試験は試験が始まる前に記入することが多いので、ああそういえばそうだった!って感じです。

午後試験


午後試験は事例問題です(多肢選択式)
大問が3問出題され、3問とも必須です。なお、記述問題はありません。

大問一つにつき各34点(※得点の上限は100点)ですが、小問ごとの配点は公表されていません。
※試験要綱の「4. 採点方式・配点・合格基準」参考

今回出題されたテーマは、
問1「サイバー攻撃を想定した演習」
問2「企業における情報セキュリティ管理」
問3「情報セキュリティの自己点検」
でした。

知識問題は知らないと解けませんが、問題文をちゃんと読めば正解にたどり着ける問題も多いです。
でも、じっくり問題を読んで考えていると、あっという間に時間がたってしまう。
なんせ問題文が長い(全部で41ページありました)ので、設問と問題を行ったり来たりするのが結構ウザい(笑)

午後試験は13:10~13:50までは途中退室が可能でしたが、途中退室はせず、1時間半をめいっぱい使って解きました。

問2の設問1が、「該当する作業を3つ選ぶ」で、え?これマークを3つするの??って戸惑ってしまいました。
でも解答群とかそういうのもないし、とりあえず一行に3つマークすればいいのかな…?で、半信半疑でマークしました。

それにしても、問3の個人利用者向けチャットアプリって、LINEのこと?
あと問2の「短文の投稿及び写真の掲載が可能なSNS」はおそらくtwitterのことを指しているのだと思われる。
でも国家資格試験なので、LINEとかtwitterとは書けないから、SNSとかチャットアプリってボカして書いてるのだと思うと、ちょっと笑えて来ますwww

自己採点

午後9時頃、IPAのサイトを確認したら、問題と解答が発表されていましたので、早速自己採点をしてみました。
国家試験、情報セキュリティマネジメント試験をご紹介

午前試験が50問中43問正解(86点)、午後試験が31問中23問正解(74%)でした。
(どちらも100点満点中60点以上で合格です。)

とりあえず、どちらも60%以上の得点はできたみたいでよかったですε-(´∀`*)ホッ
今のところは…合格見込みと言ってもいい…のかな!?

ただ、午後はそれほど難しいわけではないのに、点数が今一つ伸びきらなかったというか、もうちょっと取れてもよかったんじゃない!?という感じもします。
最後の2択で迷って迷って苦し紛れに選んだ答えが間違った問題が3つほど_| ̄|○
無駄に迷いすぎる&考えすぎてもダメですね。しっかりドツボにはまちゃったw

午前はともかくとして、午後は配点が公表されていないところが少し気がかりですね。
実際のところどうなんでしょう?

基本情報技術者試験は午後試験の配点は比較的甘めになっていることが多い&ギリギリ合格できましたけど、この試験は午前の知識問題も午後試験も、問題自体はそれほど難しいわけじゃないからなぁ(苦笑)
逆に午前試験が比較的易しめ→配点が辛くなる可能性も否定できず。

100点満点で1問あたり34点(MAX100点)あるということは、1問あたり3点・4点or2・3・4点で配点がつくとは思うのですが、このあたりの配点のウエイトが気になります。
ただ、さすがに均等割での得点率が74%もあるのにこれで不合格になってしまったら、ブログのネタとして面白いかもしれないが悲しすぎる(´;ω;`)

試験の結果は5/22(水) 正午予定に確認ができるとのこと。
(情報セキュリティマネジメント試験、基本情報技術者試験のみ。応用・高度は6月21日予定)

4/21に受験した、情報セキュリティマネジメント試験の結果が発表されましたので確認しました。 受験票についていた、受験番号と8桁の数字パスワードを入力。 結果は……

※4/25追記
TAC予想配点で採点すると、午後試験の得点は74点になりました。
(問1・19点、問2・34点、問3・21点)
奇しくも?正答率とほぼ同じ結果に…。

資格の学校TACが提供する情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験の解答速報。情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験の講評・解答速報をいち早く掲載。その他、令和元年度秋期本試験全区分の難易度や予想合格ライン等をまとめた「分析資料」と「解答例」の無料送付などに関してご案内しているページです。

Amazon.co.jpで買う
(全文PDF・単語帳アプリ付)徹底攻略 情報セキュリティマネジメント教科書 2019年度
  • 株式会社わくわくスタディワールド 瀬戸美月, 齋藤健一
  • 価格   ¥ 1,958
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

コメント

  1. しがないサラリーマン より:

    合格見込おめでとうございます!!
    結果を出すところがさすがです!!
    自分は基本情報を受験しましたが、華々しく散りました!!
    午後のアルゴリズムが、ダメでしたね。
    何がダメなのかが、分かったので、秋にリベンジしたいと思っています。
    サクラスターオーの菊花賞実況のように菊の季節にサクラ!!としたいです。

    • miwa@管理人 より:

      しがないサラリーマンさん
      基本情報お疲れさまです。
      アルゴリズムは文系には理解しづらいと思うんですが、20点も配点があるので結構厄介ですよね。
      でもほかの科目でちゃんと得点できていれば、意外とふたを開けてみたら、ギリギリで受かっているかもしれませんよ?

  2. けんぢ より:

    試験お疲れ様でした。
    僕もSG試験の自己採点しました。
    午前試験は50問中42問正解
    でした。
    午後試験が31問中20問正解。
    微妙な正解数になりました。
    合格するか際どい感じです。
    合格できるかなぁ。

    • miwa@管理人 より:

      けんぢさん
      SGお疲れ様です。
      あら、私と得点率が似ていますね(笑)
      午後試験の配点はどうなんですかね…私も気になります。
      午後試験も、決して難しいとは思わなかったけど、思ったよりも点数が伸びないな(残り2択で迷って取りこぼす)と感じました。

  3. 88_73 より:

    セキュマネ受験お疲れ様でした。
    余裕で合格点に達しておられたようで、平成最後は有終の美を飾れたのではないでしょうか?

    私の会場は、FE、AP、支援士の3種だけで、支援士は30名ぐらいしか割り当てがありませんでした。
    そもそも全体で60名程度しか入らない教室を15室ぐらい借りてた程度なので、ざっと900名弱程度しか割り当ててなかったみたいです。

    一方で肝心の問題はといえば・・・
    もうご存知かと思いますが、午前問題で玉砕しました。
    簡単な計算問題は解けたような気がしましたが、それ以上に組織における情報システム構築・管理に関する問題、JIS規格、経産省資料からの問題など、新作問題と思われるものがかなりたくさんあったので、足切り決定です(汗)。

    受験層は学生と思われる方と、恐らくIT企業の現役プログラマーと思われる方で大半を占めてましたね。私の教室では女性も2名程度おられました。

    趣味でしかプログラミングしてない程度の私が闇雲に手を出すべきじゃなかった・・・とつくづく反省しております。

    • 88_73 より:

      追記:書き忘れましたが一応、私はAPを受験しました。

    • miwa@管理人 より:

      88_73さん
      応用情報お疲れ様です。
      セキュリティマネジメントはとりあえず、合格見込みということでホッとしました(まだ油断はできないが)。
      そういえば平成最後の試験ですね!
      これが令和元年初の合格証書であってほしいです。

      応用は午前で玉砕…そうなると午後試験は採点してもらえない残念パターンですね_| ̄|○
      応用は何気に新作問題が結構多かった記憶があります(私もその時は午前で敗退でした)
      テクノロジ・マネジメント・ストラテジがそこそこ広く・深く出題されるので、何か得意科目がないと結構しんどいと思います。

  4. さいさい より:

    お疲れ様でした。
    私もSG受験してきました。
    自己採点の結果、午前39問正解、午後26問正解でした。
    午後の問3の「Mアプリ」ですが、私もLINEだと思いました。
    勤務先でLINEの業務使用が問題になり、LINE WORKSを使うようになっています。まさにこの問題の通りです。
    午前の知識問題で覚えきれていなかったところを取りこぼしました。
    でも、「個人情報保護士」より素直な問題でした。

    • miwa@管理人 より:

      さいさいさん
      SGお疲れ様です。
      あの問題、「これLINEのことじゃん!」って思いますよね(笑)
      LINE WORKSは私はインストールしてないですが、なるほど〜最近のトレンドが反映されていたわけか。
      午前は、過去問で解いたはずの問題をなぜか2問も落としたという(なんでやねん)
      午後も、あと2問くらいは正解できててもよかったんですけど、本番ではやっぱり見落としとか勘違いもあったりしますしね。

  5. ちゃる より:

    こんばんは。
    合格見込みおめでとうございます。
    午前・午後と7割超えているのであれば大丈夫ですよ。
    合格証書は世耕弘成さんですね。
    しかし、午後問題でSNSが出るとは・・・。
    範囲が狭い分、新傾向の問題を出したのでしょうか?
    問題文の長文化は今は当たり前になってきましたね。
    午前は簡単っぽくて、午後は読解力と地道に文章を追っていく問題だったようですね。
    今回からFEの午前問題が変更され、行列・確率、統計等の線形数学が増えたため、
    文系にはちょっと辛い感じのようでした。
    FEは次回が簡単な回が最後になると思います。
    2020年度春期は午後問題の配点とストラテジ・マネジメントが1問のみ出題され、プログラム言語もPythonになり、理数能力等に関する出題の強化していくためらしい。
    情報処理系は合格が6割以上のときに取っておくのがいいですね。
    10年前みたいに午前・午後7割以上に戻ったら大変だ~(笑)

    • miwa@管理人 より:

      ちゃるさん
      今の経産省大臣は世耕さんでしたか。
      私が持ってるのは枝野さんなので、隔世の感が…。
      問題文を長くして、選択肢をひねる(実質的には完全回答方式に近い)ことで、難易度を上げている感じがしました。
      技術者向けの試験ではないから、いたずらに技術面ばかりを問うわけにもいかないので、こうなっちゃうのでしょう(苦笑)
      それにしても基本情報…。
      2020年からより理系寄りになるんですね。
      ストラテジと法務が同じ…。文系の得点源なのに。。。_| ̄|○
      セキュリティ+文系4科目(プロマネ・サービス・システム戦略・ストラテジ)が選択できることに変わりはないけど、そのかわりアルゴリズムとソフトウェア開発で50点って。
      表計算が選択できるソフトウェアはともかく、アルゴリズムが25点っていうのは、文系にとってはキツイでしょうね。

  6. MT より:

    おはようございます。
    情報セキュリティマネジメント試験、お疲れ様でした。
    そして、合格見込みおめでとうございます。

    私も今回も受験を見送りました。
    なお、過去に2度挑戦しましたが、
    午前の試験ですら、合格点まで達したことがありません。
    午前試験の場合は、合格まで後1歩という段階までは行くのですが、
    そこから先の点数が伸び悩んでおります

    一方の午後試験は、組み合わせ問題が苦手で、
    実質3割前後しか点数が取れていません。
    情報セキュリティマネジメント試験を含めた
    レベル2以上の試験は、午後試験対策が厄介ですね。

    • miwa@管理人 より:

      MTさん
      ありがとうございます。合格見込みっぽくて安心しました。

      午前が合格点まであともう少し届かないのでしたら、まずは、午前の試験で8割(40問)確保できるくらいに勉強したらよいと思います。過去問題集1冊をマスターすれば達成できます。
      午前試験が余裕でクリアできるくらいになれば、午後試験の点数もさらに上乗せできます。
      午後試験は国語力で解く問題も多いけど、午前試験の知識があればすぐに解ける問題もそこそこあります。
      逆に国語力が人並みにあったとしても、知識が足りてないと、問題を読み間違えたり、理解するのに時間がかかってしまうのではないかな…と思うのです。

  7. NMU より:

    初めまして。
    いつも拝見しております。過去の記事は参考にさせてもらっています。今回、私も情報セキュリティを受けたのですが、午前午後ともにmiwaさんと全く同じ正答率だったので、驚いてコメントしました。
    私は合格したものだと思い込んで、家族で焼肉を食べに行ったのですが、
    配点次第では不合格の可能性も無きにしもあらずなんですね。

    • miwa@管理人 より:

      NMUさん
      初めまして、コメントありがとうございます。
      まったく同じ点数って!それはすごい偶然ですね~。
      ただ、午後は配点によっては点数が若干?差がつくかもしれないですね。
      多少の下方修正はあるかもしれないけど、マークミスでもない限り、さすがに60点を下回ることはないんじゃないかな…と思いますよ。

  8. 耳からうどん より:

    miwaさん、試験お疲れ様でした。
    私も先日、早稲田大学でSGを受験しました(※早稲田大学ではSGと高度の試験が行われました)。

    自己採点の結果は、

    午前 38/50
    午後 20/31

    でした。
    ちょっと不安ですが祈るしかありません。

    今回の試験は、「レッドチーム演習なんて知るか!」とか、「SNSの脅威と言ったら確かにソーシャルエンジニアリングですよねー。」など言いたいことがいっぱいあって、なおかつ経験の差が結果に出やすい内容でした。

    あと、今回は一問だけ3つ答える問題がありましたけど、FEの勉強をしていた時に2つ答える問題を見たので、私は特に違和感なく答えて正解できました。
    まぁ、3つというのはおそらく前例がないから戸惑いがちですね。

    • miwa@管理人 より:

      耳からうどんさん
      SGお疲れさまです。
      早稲田会場はSGと高度区分の会場でしたか。
      (ということは基本と応用はまた別の会場だったってことですね)
      レッドチーム演習は私も初めて聞きました。
      その選択肢は迷ったけど、トリアージ(手当ての緊急度に従って優先順をつける)と勘違いしてしまい、消去しちゃいました(笑)
      一行に3つをマークさせる問題は、ある意味組み合わせ問題よりやりにくいかも…。
      組み合わせ問題だったら、選択肢の組み合わせである程度マトを絞れるけど(最後の最後に残った2択で迷わせる作りにはなっているけど、2択までは絞れるので)、このパターンでは、ピンポイントで正解が選べないといけないですからね。

  9. たこすけ より:

    お疲れ様です。
    SG合格見込みおめでとうございます!
    私は2016年SG合格組です。
    正直、簡単な時に受けといてよかったなというのが本音です(笑) しかしながら午後試験は問題文の長さに面食らいました。行ったり来たりがウザいは本当に同感です。大きな教室だったのですが、午後は途中退室した人は2人くらいしかいませんでした。じっくり読み込めば高得点狙えそうなんですが、なんせ時間が足りない!全て解き終えたのは終了の5分前くらいでした。

    私は無難に第1種衛生管理者を受験し、本日合格しているのを確認しました。しかし千葉の関東安全衛生技術センターがまさかあんなに遠いとは•••
    バス待ちの行列にウンザリして、センターから五井駅まで歩いて帰った馬鹿野郎は私くらいじゃないのかな笑。(約6.7キロ) さすがに次からはバスを使おうと思いました泣

    • miwa@管理人 より:

      たこすけさん
      お久しぶりですね!
      28年度の問題は、たしかに今と比べたら簡単かもしれませんが、それでも午後問題は長文なのは同じなので、面倒くさいことには変わりないと思います。内容は難しくないけど、時間に追われる感はありましたね。
      私がいた教室でも、10人くらい途中退室した人いましたけど、やっぱり最後まで粘っていた人が大半でした。
      衛生管理者合格おめでとうございます。
      センターから五井まで歩く(爆笑)それはいくらなんでも大変すぎるのでは…。
      平坦な道を7キロ弱歩くならまだしも、五井〜センターまでの道のりは山道ですからね…。
      スマホのマップを見ても迷子になりそうな気がしますwwwよくぞ無事帰ってこられましたね。

  10. ma_bo より:

    合格見込みということで、おめでとうございます。
    これに関してはどのくらい勉強されたのでしょう?

    情報処理技術者試験の世界に入ってまだ一か月の初心者ですが、IPの次はSGですか
    それともFEのほうがよいでしょうか。
    難易度は AP>FE>SG>IP です?

    先日もちらっと聞きましたが、アルゴリズムというのが厄介だそうですね。
    私はややこしくなればなるほど得意パタンになるという普通の人と違うもんで、
    早速本屋で基本情報のアルゴリズムを立ち読みしてきました。
    第六感、確かにめんどくさそ、でも非常に面白そうですね。やみつきになる
    パタン。

    ということで私の場合は
    SG>AP>FE>IP なのかもしれません。

    • miwa@管理人 より:

      ma_boさん
      ありがとうございます。
      おおよそ3~4週間くらいですかね(確か)
      文系の人だったら、IPの次はSGのほうがやりやすいと思います。
      うーんでもテクノロジ系が得意なんですよね?
      でしたらSGよりも、FEのほうがやりがいがあって面白いのではないですかね。
      SGは技術者向けの試験ではなくて、ユーザー側の試験(IPの上位)という位置づけなので、テクノロジ系の問題がそれほど難しくないのです。
      でも、午後試験は選択問題がない(3問とも必修)で、似たようなセキュリティに関する事例問題ですし。
      APは文系の人はオール文系選択もできるけど、逆にテクノロジ系選択で固める、という方法だってありますよね。

  11. KITAMURA より:

     miwaさんが今回情報セキュリティマネジメント試験を受けていたとは意外でした。

     やはり私との学力の差は歴然といった感じですね。私は今回は午前は70点くらいでしたが、やはり鬼門の午後問題は31問中14問の正解に留まり、4回目の不合格は確実になっております。午前は通算3勝1敗(たぶん)でしょうが、どうしても午後問題の厚い壁が破れませんね…。問1は6問出来ていましたが、問2は3問しか正解出来ず力尽きております。

     今回は国語というよりか多肢選択式に苦しめられた感じです。私の曖昧な覚え方ではビジネス実務法務検定2級や世界遺産検定2級あたりでは通用しても、情報セキュリティマネジメント試験の午後問題では正確な知識も求められる為に通用しない感じですね。もっとも、この前の第6回の試験の悲惨な結果に比べればマシな結果にはなっているので、もう1回チャレンジしようかな…と思います。

     miwaさんは午前が86点で午後が23問正確…あの6択~10択問題の多い難関の午後問題でよくそれだけ正解出来るなぁ~と思いました。

    • miwa@管理人 より:

      KITAMURAさん
      2016年秋〜2017年には受けたかったのですが、漢検1級と日商簿記1級で受けられずじまい→2019年春まで持ち越しになってたのでした。
      午後は国語力もそうですけど、長文を読む気力っていうか、根気も試されている気がしますね。
      SG午後問題の多肢選択式は、最後の2〜3択で間違えてしまう感じがしました。
      知識問題は知らないと答えようがないですけど(自分も、レッドチーム演習やダークwebなどは外しましたし)、多肢選択式の文章題は、どっちでも正解なんじゃないの?的に迷った時は、問題文の該当箇所の前後をもう一度読み返すといいかもしれないです。
      表の欄外にある注意書きや、1ページ目の状況説明のところにヒントがあったりしますしね。
      全く同じ問題は二度と出ないでしょうけど、試験が始まって3年経過して、問題の作りとか、引っ掛けパターンはある程度固まってきたように見受けられました。