銀行業務検定財務3級の勉強法と難易度

財務3級では財務諸表問題が30問、財務分析問題が20問出題されます。

財務諸表…計算問題と会計学理論の5肢択一問題が半分ずつくらい。
計算問題でよく出るのは、商品在庫(移動平均法・総平均法・先入先出法)・期末棚卸資産額・利益額(売上総利益・営業利益・経常利益)・減価償却費(定率法)・保険差損益・為替差損益・減損損失といったところです。

財務分析…計算問題と択一式の知識問題が出ます。
収益性分析・安全性分析・生産性分析・損益分岐点分析・キャッシュフロー計算書等、計算問題の方が多いです。

過去問題から外れた問題は少なく、難問・奇問も少ないです。
ある程度簿記の基礎知識がわかっている人(日商簿記2級レベル所持者)が、財務3級問題解説集に載っている問題を完璧にとけるようになれれば8割は難なく得点はできるでしょう。
1~2割は過去問題では見たことがない論点が出ますので、満点(≒個人賞)を狙うなら財務3級 受験対策シリーズの例題も解けるようにしたほうがいいです。
スポンサーリンク

注意点…勘定科目の分類を覚えること。

流動資産・固定資産(有形・無形・投資その他)・繰延資産
流動負債・固定負債
純資産(株主資本・評価換算差額等・新株予約権)
費用(販売費及び一般管理費、営業外費用、特別損失)
収益(営業外収益、特別利益)

勘定科目がどの項目に分類されるのかをキッチリ覚えましょう。
特に、流動と固定の分類は要注意です(正常営業循環基準と1年基準)。

財務諸表では「営業外費用に該当しないものはなにか」「無形固定資産の金額はいくらか」「投資その他の資産の金額はいくらか」「勘定科目と分類の組合せで誤っているものを選べ」「経常利益を計算しなさい」といった問題が数問出るので、勘定科目の分類がわかっていないと得点できません。

また、財務分析においても、どれが流動資産でどれが流動負債なのか、勘定科目の分類がわかっていないと正しい分析できません(流動比率や当座比率など)。

財務3級の難易度

★★★☆☆☆(C 普通)

日商簿記2・3級を持っている人にとっては決して難しい試験ではありませんが、3級とはいえ試験で出題される論点は日商簿記1級の商業簿記・会計学で出題される論点が少なくないので注意が必要です。

日商簿記1・2・3級のように、級が上がるごとに難しい論点が追加されるというわけではなく、財務3級であっても日商簿記1級で出題される論点(有価証券・減損会計・リース会計・資産除去債務・退職給付会計・税効果会計・連結・外貨換算・キャッシュフロー計算書)+財務分析が出題されるので、「3級=所詮日商簿記2~3級レベルでしょ?」と思いこむのは危険です。
財務3級を持っていても日商簿記3級にすら落ちる人もいるし、日商簿記2級を持っていても財務3級に落ちる人もいます。逆に日商簿記3級を持っていなくても財務3級に合格できる人もいます。
簿記の知識を持っていると有利なのは事実ですけど、財務3級の出題傾向に沿った勉強が必要です。

2級と3級の難易度差はどのくらい?

3級と2級の難易度差は何かというと、回答形式が択一式か記述式かの違いであって、日商簿記2級⇒1級のように、出題範囲が3~4倍に増えるわけではありません。

計算問題の答えを5択の中からそれっぽい値を選べる・消去法で正解にだどりつけるのが3級、ピンポイントで計算問題に正解しなければならない&一つ間違えると芋づる式に大量失点の危険性があるのが2級、です。

財務2・3級の当日受験日記
銀行業務検定財務2・3級受験 180分書き続けて腕ダルダル(汗)
今日は、早稲田大学にてじゃなかった、銀行業務検定財務3級と財務2級を受験してきました。今日は試験日和!?今日の早稲田大学キャンパスは、銀行業務検定以外にも伊藤塾の司法書士模試・裁判所事務官採用試験・駿台予備校模試と複数の試...

合格証書
銀行業務検定財務3級 個人賞はこの手をすり抜けて(泣)
今日の午後、6/2に受験した銀行業務検定財務3級の結果が届きました。自己採点ではすでに合格していることはわかっていたので、焦点は全体順位が何位かってことだけです。気になる順位全体順位は18位でした。ということは満点の人は1...

コメント

タイトルとURLをコピーしました