「墨すり機(墨磨職人)」を購入!書道で大きな作品を書くときに重宝する便利アイテム!

唐突ですが、1か月くらい前に「墨すり機」を買いました。

墨運堂 墨磨機 墨磨職人 SS型 漢字硯板付 13627
墨運堂
¥18,700(2020/10/30 21:50時点)
【墨磨職人】微粒子の磨墨液が短時間に得られる

ところで、このブログの読者様の中で、「墨すり機」を見た事・聞いたことがある人はどのくらいいらっしゃるでしょうか。

とはいえ、書道で条幅(半切)以上の大きさの作品を書いたことがある人じゃなければ、全く使う機会がないどころか、そもそも存在自体を知らなくて当たり前だと思います…。
知らなくても生きていけますので大丈夫です(笑)
私も旦那も、今通ってる書道教室で初めて知りましたから。

ちなみに私が初めて墨擦り機の存在を知った時の第一印象は、「全自動卵割り機(サザエさん)」的なシュールさを感じましたw

一見するとシュールというか、「誰得?」なアイテムではありますけど、書道で、特に条幅や二六、大字などの大型作品を書く際には、とても便利でありがたい道具なんです。
少なくともサザエさんの卵割り機よりもずっと実用的だと思います(爆)

超ニッチな誰得アイテムだけど、必要な人にとってはめちゃくちゃありがたい」系のアイテムという意味では、その昔【トリビアの泉】でやっていた「卒塔婆専用プリンター」に似ているとも言えます。
覚えている人いるかな?

段位の昇格試験を受けるようになってから、先生から「条幅で行草体を書くときは、磨った墨で書いたほうがいい」と言われまして。
墨汁よりも墨の方が伸びがよくて軽いので、特に行書・草書は墨で書いたがほうが書き易いはず、とのこと。

でも、私の中では、書道の固形墨は、小学校時代に買った書道セットに入ってた墨のイメージ。
小学生の時、試しに墨を擦ってみたことがあるんですど、何回磨っても全然色が濃くならなくて、結局墨汁で作品を書いてしまったため、「墨をするのって面倒くさいのに全然色が濃くならないじゃん」という思い出しかないのです(笑)

結局、小中学校の習字の時間では、墨汁しか使ってなかったです。
また、大人になってから書道教室に通い始めても、半紙の課題を書くときは墨汁を使っていました(今もそうですが)。
家で条幅課題を書くときも、ずっと墨汁を使っていました(今もそうですが)。

なので、「磨った墨で書いた方がいい」と言われても、自分で墨をスリスリスリスリ擦るのはとても面倒くさいんですけど…。
そんな時間があったら字を書く方の練習に使いたい。

先生も、本当は手で磨ったほうがいいんだろうけど、そんな時間はとれないので、(必要なときは)墨磨り機を使って磨ってるとのこと。

墨磨り機といっても、5万~10万円もする二丁磨りの立派なものとか、大型のものでなくても、1万~2万円程度の小型ので十分使えるとのことでした。

あと固形墨も、アウトレットや訳アリ品などで問題ないそうです。
まあ表面に多少傷がついていたとしても、磨ってしまえばわからないですからねw

というわけで、旦那と割り勘して、比較的安価な「墨磨職人」を買ってみました。

硯(墨池)に40ccの水を注ぎ、墨をアームにセットし、電源を入れるとウィィ〜〜〜ンと硯が回転します。
硯には微妙に傾斜がついているんですね。
2時間〜2時間半墨を擦ると、40ccほどの墨液ができます。

2時間磨った墨はなんだかトロトロしていて、明らかに「濃いッ!!」って感じw
そこに水を混ぜて、濃さを調整してやる必要があるんですね。

楷書の時はキリッとした線にしたいので、水は少なめに。
行書・草書の時は軽さや伸びが欲しいので、水をチョロチョロッと混ぜる。

(どうせ水で混ぜて調整するなら)2時間〜2時間半じゃなくて、1時間や1時間半で短めに磨ってもいいのでは?」と先生に聞いたら、2時間擦ってトロっとしたものを薄めるのと、もともと薄いのは違うんだそうです。

これって、濃くなりすぎたお茶にお湯を入れて薄めても、ちょうどよい濃さのお茶と同じ味にならないのと同じ理屈なんですかね。

ちなみに何度か使ってみて「ここはちょっと改善してほしい」と感じた部分もあります。

擦った墨を移し替える時、 墨池の注ぎ口がちょっと小さいためか、墨池から直接ペットボトルまたは硯に注ぐ際に、墨がこぼれてしまいやすいところです。
実際こぼしてしまい、約10ccほど無駄にしました(;´д`)
なので、100均で売ってるシリコン製の漏斗を使ってペットボトルに移してます(笑)

あとやっぱり磨ってる時の音は無音ではないです。
とはいえ、レオ●レス並みに壁が薄い家じゃない限り、隣家にまで響くことはないかと思いますので、そこまで気にならないです。

また、タイマーがついてないですので、墨を磨り始めたら、スマホやタイマーで2時間後にアラームが鳴るようにセットしておいたほうがいいですね。
タイマーで自動電源オフしてくれる機能があれば、夜寝ている間や外出中にも墨が磨れて便利だと思うんですけど、たかだか(?)墨磨り機にそこまで望むのは贅沢かな(´・ω・)

磨った墨で作品を書くのは、昇格試験と公募展のときくらいかもしれませんが、それでも練習量を考えると、結構な量の墨を消費するので、これは買ってよかったです。

墨をする手間を省けるのもそうですけど、墨を磨っている2時間で、並行して他の作業ができるのは結構大きいですよ。
タイム・イズ・マネーです。

墨運堂 墨磨機 墨磨職人 SS型 漢字硯板付 13627
墨運堂
¥18,700(2020/10/30 21:50時点)
【墨磨職人】微粒子の磨墨液が短時間に得られる
墨運堂 固形墨 玉品 漢字清書用 5.0丁型 00806
墨運堂
¥3,850(2020/10/30 22:07時点)
【玉品】漢字練習用、清書用で半紙、画仙紙向き。普通の濃さから濃墨まで、古くなるほど超濃墨まで使えるが、淡墨には不向き。作品用には陳玄の試用を推奨

コメント

  1. ぺこりん より:

    墨すり機、通っているお教室にありました。
    こんな機械があるんだ~と感心いたしました。
    それにしても、するのに2時間もかかるんですね。
    私も小学生の頃、書道の時間に墨をすっていたら
    ほとんど書く時間が無くなってしまったことがありました。
    なかなか濃くならないんですよね。
    上級者の方々は、自宅に持っていらっしゃるのかしら。
    展覧会に出す作品を書いたりすると墨をたくさん使うでしょうからね。
    条幅の課題提出するようになってから墨汁の減りが早くなりました。
    行草書は墨がいいとのことですが、楷書はどうなんでしょう?
    私はどちらも墨汁使ってますが。
    今回の試験は書体自由なので、課題は楷書で提出する予定です。
    次から、行草書も課題に入るので練習しなくちゃだけど苦手なのよね。
    流れるような柔らかい線が書けないです。

    • miwa@管理人 miwa@管理人 より:

      ぺこりんさん
      書道教室には、っていうか指導する側のレベルになると、大抵持ってるかもしれませんね。
      ただ子どものうちは教室に墨磨り機があっても存在は意識しなさそうだなと。
      (うちの旦那がそうでした)
      2時間って結構長い気がします。
      1時間とかじゃダメなのと先生に聞いたら、そうなるとサラサラした薄い仕上がりになっちゃうそうなので、やっぱり2時間磨って、濃いところに水を足して調整するのだとか。
      ちなみに私は、固形墨を使うのは試験と公募展だけにするつもりです(今のところは)
      それ以外は墨汁を使ってます。
      楷書も、試験の時は墨をやや濃いめにするように言われていますね~。
      個人的には墨汁でいいんじゃないかと思ってるけど、匂いでバレますw

タイトルとURLをコピーしました