質問に答えます③ 消防設備士試験は最初はどの種目から受けるのがいい?どの順番で受けるのが効率的?


勉強のしやすさ」という観点からいうと、一番最初に受ける種目は、甲種(乙種)4類、乙種6類、乙種7類のいずれかがおすすめです。

既に二種電気工事士の資格を持っている人だったら、乙種7類(漏電火災警報器) か 甲種4類(自動火災報知設備) 。
まだ電気工事士を持っていない人は乙種6類(消火器)から始めるのがやりやすいでしょう。

なぜかというと、4・6・7類は、市販の参考書・問題集がそこそこ充実しているので、資格試験にそれほど慣れていない人でも独学で勉強しやすいからです。

試験実施回数が多い分、問題の出題パターンのバリエーションは多いですけど、それでも参考書類がほぼオ○ム社一択の2・3類よりはずっとマシってもんです(苦笑)

特に4類・7類は、電気工事士試験で勉強した内容と重複するところがいくつかあるので、実技試験もとっつきやすいと思います。

逆に、2・3・5類は、1・4・6・7類をとった後、ある程度消防法や消防設備士試験そのものの出題形式や傾向に慣れてから受験したほうがいいでしょう。

一方で「効率よく8種類(甲特、甲1~5、乙6・7)のコンプリート」を狙うのであれば(※管理人はまだ甲種特類は持っていませんが…。)

電気工事士を取得した後に、

○パターン1:電気(乙7→甲4)→機械(乙6→甲5)→電気&機械(甲1→甲2→甲3)

○パターン2:乙7→甲4→甲5→甲1→甲2→乙6→甲3

の順番で受けるのが効率的ではないかと思います。

ただ、電気工事士は筆記・実技試験、免状申請とで意外と時間がかかりますし、出願のタイミングが合わずに半年先の試験まで持ち越しになることもあるでしょう。その場合は先に乙6と特殊無線技士免許を取得してから甲5→(乙6や甲5と並行して電気工事士を取得する)乙7・甲4→甲種1・2・3に取り組むのもアリです。

いずれのパターンでも、「甲4・甲5・甲1」免状でもって、甲種特類の受験資格をゲットしておくということです。

甲種特類は受験資格が必要です。
甲種1類は2類・3類でも代用できますが、4類と5類は代用できる資格がないので、4と5は先にとっておいたほうがいいです。

なお、甲1・4・5の3種類の免状があれば、2・3類がなくても甲種特類は受験できます。
(ただ、試験内容を考慮すると、甲種1・2・3・4・5類は全部勉強してから特類を受けたほうが楽だと思うので、特類はラストへ回します。)

乙7と甲4、乙6と甲5をまとめているのは、「基礎的知識」の勉強の負担を軽くするためです。機械は機械で、電気は電気でまとめて、あまり間を置かずに勉強したほうが効率がよいです。

理系の人はともかく、文系の人にとっては、基礎的知識の計算問題等対策に意外と時間がかかります。

危険物に比べると、消防設備士は科目ごとの合格基準点は緩い(4割)ですが、やっぱりある程度は勉強しないと4割を取るのも不安になるでしょうし、仮に基礎知識が4割未満だったらその時点で不合格になってしまいます。
筆記試験で不合格になってしまうと、実技試験は採点してもらえません。

となると、電気と機械の両方が出題される1・2・3よりは、電気のみの4・7、機械のみの5・6を先に勉強しておいたほうが、1・2・3類を受験する時に勉強の負担を減らすことができるはずです。

ちなみにパターン2で乙種6類を3類の前に入れたのは、6類で勉強する消火器の一部(粉末消火器・二酸化炭素消火器・ハロゲン化物消火器)と、3類の不活性ガス消火設備・ハロゲン消火設備・粉末消火設備で、消火剤が共通している箇所があるからです。

とはいっても、試験日や他の資格との兼ね合いもあるので、必ずしもこの順番でなければダメってことはないです。特に東京の場合は、類によって試験日と試験実施回数がバラバラなので、試験実施回数の多い乙6は後回しでもいいし、先に済ませてしまっても全然問題ないです。

実際、管理人miwaは、乙6甲4甲1甲5乙7甲2甲3という順番で受けましたし。

とりあえず有利・不利が確実なのは、
・「甲種2・3類」を受ける前に「甲種1類」を取っておく
・できるだけ早い段階で「甲1・甲4・甲5」の3種類は合格しておく
・4類と7類を受ける前に第二種電気工事士を取っておくとよい
・(電気工事士を持ってない人は)甲種1〜5類の受験資格用に、あらかじめ無線従事者(二級陸上特殊無線技士など何か適当に)一つとっておく

ということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました