質問に答えます②(過去の質問より抜粋)消防設備士甲種1〜5類の難易度

消防設備士に関する質問がちょくちょく来るので、以前の回答への補足という形で、改めて記事にしました。


まず合格率データをピックアップ。


試験実施状況|一般財団法人消防試験研究センター
国家資格である危険物取扱者試験と消防設備士試験の実施機関です。


2019年のデータでは、

乙7(56.7)>>乙6(37.8)≧甲3(37.7)≧甲2(36.3)>甲5(33.5)>甲4(32.7)>甲1(26.1)>甲特(21.0)となっています。

このデータだけ見ると、「乙7だけは簡単で、乙6〜甲種2・3・4・5類は同じくらい、甲種1類と特類が一段階更に難しくなるんだな」という印象を受けると思います。

ただ、管理人が実際に各類の勉強にかかった手間と、実際に本試験を受験した感触を総合的に判断すると…

乙7<<<乙6<甲5<甲3≦甲2<甲4<甲1

と感じました(※特類、乙1〜5は受験してないのでノーコメントです。)

ちなみに管理人は乙7は二種電気工事士+甲種4類免状でもって「法令共通・基礎知識・電気・実技免除」、

甲2・3類は甲種1類免状でもって「法令共通7問+基礎知識10問免除」して受験したため、そこは割り引いて考える必要があります。

もし仮に科目免除を利用せずに全科目受験するとしたら…
「試験自体の難易度」「問題集の充実度(使いやすさ)」「覚える知識量そのものの多さ」といったことをトータルしたら、

(易)乙7≦乙6<甲5<甲4<甲1≦甲2=甲3(難)
になるのではないかと思います。

甲種5類は避難器具、甲種4類は火災報知設備に関する資格です。

すでに電気工事士などの電気系知識を持っている人は、多分4類の方が簡単に感じると思いますが、それを差し引いても5類は避難器具(避難はしご・緩降機・救助袋)のイメージが掴みやすいこと、基礎的知識は機械分野のみからの出題なので、合格点がとりやすいのです。

甲種1・2・3類は、まず基礎的知識で電気・機械の両分野から出題されるので、機械のみの5類・電気のみの4類と比較して、単純に勉強量が増えます。決して難しくはないものの、文系の人にとっては楽ではない難易度です。

甲種1類と2・3類を比較すると、1類のほうがずっと出題範囲が広く、覚える知識量も多いです。

ただ、1種は、スプリンクラーや屋内・屋外消火栓など、比較的身近な設備を扱っていることもあって、実は意外と覚えやすいんです。
難しい論点もいくつかあるし、覚える知識量は1~5類の中では一番多いものの、割と身近にある設備なので、イメージはつかみやすいです。

また、1種は、4・6・7類ほどではないけど、問題集がそこそこ充実している方なので、使いにくいということもないです。
とりあえず市販の問題集に書いてあることを忠実に勉強すれば、何だかんだ言っても合格点は取れます。

それに対して、2類は泡消火設備、3類は不活性ガス消火設備・ハロゲン消化設備・粉末消化設備と、あまり身近ではないマニアックな設備を扱っていることもあって、正直とっつきにくいと感じました。

また、マニアック故に受験者も少ないため、市販の問題集があまり充実しておらず、自力で工夫しながら勉強しなければいけないところが多く、勉強の効率があまりよくありませんでした。

特に、甲種2類は「泡消火設備」のみを対象としているので、覚える知識量は少なく、問題集を一通り解いた段階では「2類って甲種の中では一番簡単じゃない?」と錯覚してしまうのです。

ところが、覚えることが少ない分、細かい知識を問う問題が多いため、本試験の実技問題で苦戦を強いられる人が多い印象を受けました。
実際、管理人も、甲種1・4・5類の実技は70~80%台の得点率で合格できましたが、2類と3類の実技は62%とかなり際どかったです…あと1つ間違ったらアウトだったよ(゚Д゚;)

それにも関わらず、甲種2類・3類の合格率が甲種1類よりも高いのは、試験慣れしている受験生の割合が高いからです。

実際、管理人が甲2を愛知で受験したとき、同じ部屋の受験生は全員科目免除有りの人でしたし、甲3の時も半分以上は何らかの科目免除有りでした。

そもそも初めて甲種受験で、いきなりマイナー種の2・3類を選択する人はあまりいないわけです。大抵は電気工事士つながりで4類から受験する人が多いですし、甲種2・3類を受験する頃には、すでに甲種1類や4類を持っている状態で受験している人が多いので、比較的高めの合格率になっていると思われます。

また、乙7の合格率が突出して高いのも、第二種電気工事士を取得した後に受験する人が多いからです。実際、実技免除の受験生の割合はかなり高かったです。

逆に、乙6(消火器)は、消防設備士試験の登竜門的な存在でもあるためか、試験にあまり慣れていない受験生も少なくありません。特に消防設備士の場合は、記述式試験もあるため、対策が不十分なまま受験している人も結構多いことから、難易度の割には合格率が低めになっていると考えられます。

このように、消防設備士各類の合格率は、科目免除制度とその活用度によって左右される側面が大きいので、決して鵜呑みにしないことが大事だと思います。

※「消防設備士甲種は受験資格が必要なのでは?」という疑問を持つ方が一定数いると思いますが、これに関しては「第二種電気工事士」や「無線従事者」で甲種1〜5類の受験資格が得られるので、実質的に誰でも受験できる資格試験として扱っています。

消防設備士乙種6類(消火器)受験 やっぱり実技がネック
今日は幡ヶ谷の消防試験研究センターで、消防設備士乙種6類を受験してきました。  幡ヶ谷に来たのは危険物乙2・3(2011年5月7日)以来ですね。受験生多い!今日の試験は、乙種6類のみの実施でしたが、午前と午後の2回に分けられていまし...
消防設備士甲種4類を受験してきました。3年半ぶりに幡ヶ谷へ!
今日は、消防設備士甲種4類を受験しました。乙6を受験したのが2012年2月でしたから、実に3年半ぶりの消防設備士試験です。二種電気工事士つながりで、どうせやるなら電気系統の資格をまとめて取ってしまえ、ということで、コッソリ出願し...
消防設備士甲種1類(消火栓)受験 合格・不合格どっちに転んでもおかしくない
今日は、幡ヶ谷の消防試験研究センターにて、消防設備士甲種1類試験を受けてきました。消防設備士甲種は工事・整備・点検、乙種は整備・点検ができる独占資格(国家資格)で、甲種1類免状をもっていると、「屋内消火栓・屋外消火栓・スプリンクラー...
消防設備士甲種5類(避難器具)受験 開始前に地震が!
久しぶりの資格ネタでのblog更新です。昨日は、おなじみの幡ヶ谷の消防試験研究センターで、消防設備士甲種5類の試験を受けに行ってきました。甲種5類は、「金属製の避難はしご、救助袋、緩降機」の工事・整備・点検が行える資格です。今回...
消防設備士乙種7類(漏電火災警報器)受験 科目免除をフル活用して受験!
7/24(日)は、幡ヶ谷の消防試験研究センターにて、消防設備士乙種7類試験を受けてきました。7/17の甲種5類に引き続き、2週連続の幡ヶ谷です。さて乙種7類は、「漏電火災警報機」の整備・点検が行える資格です。甲種はなく、乙種のみです...
消防設備士甲種2類を受験しました(名古屋へ日帰り遠征受験!)
12/4に、消防設備士試験甲種2類試験(泡消火設備)を受験しました。今回は、毎度おなじみの幡ヶ谷の消防試験研究センターではなく、名古屋市にある名古屋工学院専門学校(名古屋市熱田区)で受験しました。そうです。神奈川・静岡をとび越え...
消防設備士甲種3類を受験しました&無事合格しました!
7/1は消防試験研究センター(幡ヶ谷)にて、消防設備士甲種3類試験を受験しました。更新がめちゃくちゃ遅くなってしまった!半端な時期に更新するのもなーと思ったので、結果発表とあわせて書くことにしました。

コメント

  1. シーラ より:

    甲種の受験資格取るのに、第二種電気工事士簡単だからおすすめ、とか書いてあるブログを見ると一気に萎えますね。どうせ実務で必要だからとっちゃえってんならわかるんですが。
    簡単さなら、「レーダー級海上特殊無線技士」の右に出るものはないでしょう。陸上特殊無線技士を勧めている人も多いですが、それと比べても断トツの易しさです。○×式で60%取ればいいので、完全にサイコロだけで受かるかもしれないくらいです。比べると4級アマチュアの問題が超難問に見えるレベルです。

    • miwa@管理人 miwa@管理人 より:

      シーラさん
      無線従事者は科目免除がないので、それなら最初から二電工を目指したほうがいいのと、そもそも無線従事者で受験資格が取れることを知らないかのどっちかでしょうね。
      レーダー海特の存在を忘れてましたwそういえば⚪︎×式でしたね。

      • シーラ より:

        そういえばコロナ禍最後の駆け込みぎりぎり実施の甲4受けてやっと受かりました。
        やはり科目免除無しです。結果的に全科目60%はクリアしたので科目免除にしたほうが楽だったかもですが、問題数が減るプレッシャーはきついです。共通科目は易しめなんでやっぱり免除無しのほうが良いかなーと。
        過去問題公開無しの実技試験は苦手意識ありますねー。参考書の実技問題全パターン暗記でも解けない問題出ますから…(学科編を完璧にすれば書けるはずなんですが、そこまでやり込まないで受けてるので‥.)

      • miwa@管理人 miwa@管理人 より:

        シーラさん
        甲種4類合格おめでとうございます!ギリギリ滑り込みセーフでしたね。
        4類は参考書通り(あるいは似ている)問題が多いので、パターン暗記でもどうにかなるのが救いですね。
        4類はよっぽど基礎知識(電気)が苦手な人以外は、科目免除しないほうがいいでしょうね。

  2. りゅう より:

    消防設備士の難易度は得手不得手も
    あり一概には言えませんね(・∀・)

    私は乙種7類の実技は免除しましたが
    それ以外は免除なしで受験してます。



    個人的難易度は

    難しい
    甲種3類 数字が細かすぎる

    甲種1類 無駄に範囲広い&全揚程の
         計算面倒くさい
         
    甲種2類 マニアック過ぎる

    甲種4類 4類の製図嫌い

    甲種5類 甲種の中では最も簡単
         (乙6と大差ナシ)

    乙種6類 工藤本やればまず受かる

    乙種7類 電工持ちならヌルゲー
    簡単

    こんな感じです、、、

    甲種特類はまだ未着手なんで
    ノーコメント

    ただやはりどんな簡単な試験でも
    油断禁物です。

    電験3種 エネルギー管理士電気を
    国家試験で合格し
    甲種1類や甲種2類も一発合格した
    強者でも乙種7類の実技50点で
    不合格となっています、、、

    ↓↓↓↓





    私の機械保全技能士(電気保全作業)
    の師匠でもある方なんですけどね


    私の1級電気保全技能士(平成31年度)
    の体験談も載せて頂いてます(・∀・)

    よかったら覗いてみてくださいm(_ _)m

    • miwa@管理人 miwa@管理人 より:

      りゅうさん
      物理科目が得意とか、電気系の資格をもっているかどうかで、難易度の印象は大きく変わってくると思います。
      理系科目が得意ではない人にとっては、やっぱり1・2・3類は面倒くさいんじゃないかな。
      乙7はどのタイミングでその資格の存在を知るか、にもよりますよね。
      私は旦那から、乙7は電気工事士があると楽だよ(実技が免除になる)と聞いていたので、最初から二電工を取った後にやろうと決めていましたが。
      ただそれを知らない人が、乙7の合格率をみただけで、乙7が一番簡単そうだから乙7をやろう、となってしまったら気の毒だなとおもいます。

  3. りゅう より:

    あ、、、間違えたm(_ _)m

    体験談

    平成30年度でした、、、
    (私のは、その2)

    訂正いたします。

タイトルとURLをコピーしました