毛筆書写技能検定1級 指導者証プレートが届きました!

<本ページにはプロモーションが含まれています>

毛筆書写1級の合格証書が届いた後、「指導者証」を注文していました。

本当は8月中旬頃に届く予定だったのですが、書写技能検定協会のサイトで申し込んだ後、いくら待っても請求書が届かず(※1級合格の事実が確認出来た後、改めて請求書のメールが来る)、お盆明けに書写技能検定協会に照会したところ、フォームで送信した情報が正しく届いていなかったようでした。

ただその後、すぐに作成の手配をしてくださったようで、8月の末日に自宅近くのコンビニで指導者証プレートを受け取ることができました。

硬筆1級のプレートと並べてみました!

ところでこのプレート、硬筆と毛筆ではちょっとだけデザインが違うんですね。
写真ではわかりにくいけど、硬筆は太陽みたいな模様で、毛筆は貝っぽい模様の中に「書」って書いてあるのね。
2つ届いて初めて、デザインの微妙な違いに気づきました!

さて、このプレート、買ったはいいけどどうしよう(おいw)
指導してもいないのに、家のリビングに飾ってもあまり意味がないしな…将来指導するお仕事が来た日に備えて保管かな!?

コメント

  1. みちこ より:

    ピカピカですね。改めて、おめでとうございます。

    • miwa@管理人miwa@管理人 より:

      みちこさん
      ありがとうございます。3万円分の価値は…あるのかなと思います。

  2. みちこ より:

    度々ですみません。
    miwaさんが書いた、硬筆書写検定準1級のところを教えていただけませんか?
    過去問は、どのようにして集めましたか?なかなか集められません。

    • miwa@管理人miwa@管理人 より:

      硬筆の過去問は、amazonで「合格のポイント」の中古本も買いましたが、基本的には国立国会図書館で「硬筆書写技能検定1・2級合格のポイント」の過去問ページを複写請求をしていました。
      遠隔複写での依頼もできますが、私は通勤経路内に永田町があるため、直接来館して、資料を借りて即日複写依頼をしていました。

      遠隔複写を利用する際、資料のどのページに過去問が載っているのかわからないときは、記事掲載箇所調査サービスで掲載ページを確認してもらってから複写依頼をします。
      https://www.ndl.go.jp/jp/copy/remote/index.html

タイトルとURLをコピーしました