硬筆書写技能検定準2級の結果がやってきました!


昨日、日本書写技能検定協会から封書が届きました。
(試験日:1/27

二つ折り厳禁・A4の封筒がやってきたということは…これは合格証書だな!




よっしゃ!硬筆準2級合格キタ――(゚∀゚)――!!
(この体裁で不合格通知が入っていたら、すごく嫌すぎるがwww)


実技の出来が自分としては今ひとつだった…行書自体が微妙&文章の行頭を1文字空けないで文章書いちゃった&はがき文の最終行がなんか詰まってしまったとか、まぁちょっと粗の目立つ出来だったので、今回は理論のみの合格かな〜〜と思っていたんですが、実技・理論とも合格していてよかったです。
幸先の良いスタートでホッとしました(*’ω’*)

ただこれは準2級の採点基準だから実技も合格できたのであって、もし2級の採点基準だったら、実技で落ちていたんじゃないかな~~と思ったりしますw

なので、硬筆2級を受験するときは、今よりも更に、行書とひらがなの連綿を綺麗に書けるように、しっかり練習を積みたいと思います。

ただ、硬筆2級よりも先に毛筆3級を取りたいですね。
だって硬筆2級・毛筆4級ってなんかバランス悪いでしょ(笑)


ちなみに、合格証明書・合格証明カードの請求もできるそうです(※今回はふつうに合格証書がもらえたので、わざわざ請求はしませんが。)。
カタログの裏面には、入試優遇・増加単位認定校が載っていました。
そういえば文科省後援系の検定試験って、そういう制度ありますよね。

硬筆書写技能検定準2級の勉強法(練習法)についてまとめました。 受験当日日記

Amazon.co.jpで買う
2019年度 硬筆書写技能検定1・2級合格のポイント
  • 狩田 巻山
  • 価格   ¥ 2,160
  • 販売者 書道用品・和画材市場ユニカ
クリックして今すぐチェック

スポンサーリンク

コメント

  1. 三重の英樹 より:

    合格おめでとうございます。お久し振りです。
    「数検1級合格」以降、勉強が嫌になっていましたが、今日、「数検1級」の2回目の合格に向けて申し込みをしました。最初の合格は科目合格を2つ重ねて合格を勝ち取りましたが、今回は科目免除の申請をせずに完全合格を目指します。そして、今回は力強い味方をお供に連れて行きます。息子を誘って一緒に受験します(息子は2級です)。漢字検定同様に家族合格証というのがあります。それを目指して頑張ります。同時に「社労士」も頑張りたいです。

    • miwa@管理人 より:

      >三重の英樹さん
      ありがとうございます。お久しぶりですね。
      息子さんと一緒に数検を受験されるんですか!
      息子さんは数学が得意なんですか?
      というか数検にも家族合格証書ってあるのですね。
      それはぜひ、1級と2級のダブル合格…ゆくゆくは親子で1級なんてのも面白そうです(笑)

      • 三重の英樹 より:

        因みに漢字検定では家族合格証を貰ったことがあります。その時は私が準1級・2級・準2級のトリプル受験でトリプル合格、妻が2級、娘が7級(当時9歳)です。13年前、懐かしい。

      • miwa@管理人 より:

        いいな〜〜家族合格証書。
        うちは旦那がそこに付き合ってくれないんですよね_| ̄|○

  2. しがないサラーリマン(大中小泉洋) より:

    合格おめでとうございます!!
    昔、書道をかじっていた身としては硬筆に興味を持ちました!!
    やはり、3級から始めるのがよさそうですね!!
    今年、チャレンジしてみたいと思っています!!

    • miwa@管理人 より:

      しがないサラリーマンさん
      ありがとうございます。
      3級でしたら、多分ちょっと練習したらすぐに受かりますよ。
      要注意なのは書き順問題と、掲示文(B4の紙にマッキーとかの油性ペンで案内文を書く)の練習かな。