時間に余裕があればいいってもんじゃない!?~合格までの勉強期間は「短すぎず長すぎず(やや短いくらい)」がちょうどよい

偉大なことを成し遂げるには2つのことが必要。まずは計画。そして不十分な時間。
世界的指揮者、レナード・バーンスタインの言葉です。
題名のない音楽会|テレビ朝日
テレビ朝日「題名のない音楽会」オフィシャルサイト

この言葉を初めてきいたとき、「なるほど!これは資格試験でも似たようなところがあるかもしれない」と感じました。

というのは、「試験本番まであと○か月しかないけど、間に合うかな~どうかな~」というギリギリな状況で受けた試験のほうが、結果的には合格ラインに滑り込めたことが多いからです。

私自身の経験でいえば、宅建保育士管理業務主任者貸金業務取扱主任者工事担任者AI・DD総合種漢検準1級漢検1級などがそれにあたります。

これらの試験は、試験本番当日までに勉強が間に合うかどうか…正直言って際どい場面も少なくありませんでした。

でも勉強に使える時間が限られていたからこそ、試験によく出る論点・確実に取れるようにしたい論点を優先して、集中して勉強に取り組むことができたように思います。
結果的には優先順位をつけて、無駄のない勉強ができたのが良かったのかなと。

もちろん、ある程度の準備期間は当然必要です。
ですが、準備期間が必要以上に長すぎると、たいていは勉強の効率が悪くなります。

それは、時間が無駄にあり余っていると、どうしても迷いや雑念が生じやすくなるからです。
なまじ時間の余裕があるばかりに「まだ本試験まで時間があるから」とダラダラ過ごしてしまったり、試験にあまり出ない論点の勉強に脱線してしまったり。

それらの「余計な雑念」に振り回された結果、結局は本番直前になっても、重要論点の勉強が満足にできていないまま、試験を迎える羽目になるわけです。

準備期間を延ばした分、結局はただダラダラする時間が増えただけだった(むしろ短い時間を集中したほうが効率がよかった)…となってしまうことも多いのではないでしょうか。

これらの経験を経て、現在、私が試験を受けるときは「試験日から逆算して、現実的に合格点プラスαがクリアできるであろう勉強がピッタリ終えられそうな期間」でスケジュールを組むようにしています。

だからといって、半年~1年かかりそうな難関試験を、1か月でどうにかしろって意味ではありません。
どう頑張っても物理的に時間が足りないスケジュールを組むと「今から頑張ったってどうせ間に合わないし」とハナから諦めモードになってしまうからです。
(それはほかでもない、2010年~2012年にかけて、日商簿記1級を受験していた頃の私ですねw)

でも、3か月勉強すれば受かるだろうと見積もった試験に対して、1年かけて準備するようなことはしない、3か月と決めたら3か月は集中して頑張る、ということです。

体感的には、「頑張れば間に合わせられそう」と感じるくらいの、ややタイトなスケジュールで勉強するのが、時間的なコストパフォーマンスが一番良いのではないかと思います。

 

コメント

  1. MT より:

    おはようございます。
    今回のブログを読ませていただきまして、なるほどな、と思いました。

    <「試験本番まであと○か月しかないけど、間に合うかな~どうかな~」という
    ギリギリな状況で受けた試験のほうが、結果的には合格ラインに滑り込めたことが
    多いからです。
    私の場合は『2級知的財産管理技能士』及び『国内旅行業務取扱管理者試験』が
    該当しますね。『国内旅行業務取扱管理者試験』については、3度目の受験でしたが………。

    ちなみに、『漢字能力検定2級(CBT)試験』は、3月の受験予定を
    一度キャンセルし、敢えて2か月近く受験時期を引き伸ばしました。
    『漢字能力検定準2級(CBT)試験』の時に、時間不足で最後の2問が
    解けなかったためです。
    その結果、ギリギリ155点で合格を勝ち取るが出来ました。

    なお、『漢字能力検定試験』は、2級で打ち切りにしました。

    • miwa@管理人miwa@管理人 より:

      MTさん
      夏休みが終わる1週間前のラストスパートを、7月にできるか?と言ったら多分できないのと同じような原理ですね。
      時間に余裕がある時からスパートをかけるのは無理なんですよ。
      CBTは自分の都合の良い日時が選べますし、日程も変更できる(CBT-Sは3日前までは時間と日にち、会場の変更ができる)のはいいところですが、安易に日程を動かさない方がいいかなと思いました。
      この間、事業承継アドバイザー3級で日程を変更したけど、もうちょっと頑張って早めに合格しておけば良かったかなと。

タイトルとURLをコピーしました