ダイエット検定1級・2級をオンラインでダブル受験しました!&合格しました!

3/14に、ダイエット検定1級・2級を受験しました。
日本ダイエット健康協会
ダイエットに関するあらゆる分野、そして基礎から応用まで網羅したダイエット検定の情報サイト 当検定では、敢えて“ダイエット”という単語を冠につけ、その広義の傘の下において、健康と美に関する正しい知恵と知識を発信していきます。

もともとは年2回、会場で実施されている試験ですが、コロナの影響により、オンラインでの受験も選べるようになりました。
なので、外に出るのが面倒くさいという理由でオンラインの方を選びました。

オンライン試験は会場受験と同じ時間帯で行われます。
2級は10時30分~11時30分までが試験時間です。
ログイン自体は30分前からでも可能ですが、試験時間ちょうどにならないと問題が開かないようになっていました。
(F5でリロードしたら開けました)

四択問題と、○×問題、多肢選択問題、合計40問が出題されました。
四択は1問2点、●×は1問2点、多肢選択問題は選択肢の数に応じて4~5点の配点になっていました。
試験時間を約40分残して(送信ボタンを押して)終了しました。

午後12時30分~13時30分は1級の試験を受けました。
2級と同様、四択問題と、○×問題、多肢選択問題、合計40問が出題されました。
四択は1問2点、●×は1問1点、多肢選択問題は4~5点の配点になっていました。

認定証は試験から約2週間後(3/27)に送られてきました。

点数は表示されていませんが、感触としては2級・1級ともに80~90点台は取れていたと思います。
あと、認定証と併せて、合格証書の申込案内と、ダイエットインストラクター受験養成講座のフライヤーが入っていました。

合格証書類が全くないならまだしも、一応認定証がもらえたので、合格証書はなくてもいいかな…。

ところで、過去にダイエット検定を受験した人の体験記を読むと、1級・2級ともに記述式問題が出題されていたようですが、オンライン試験では記述式問題はありませんでした。
オンラインの出題形式では、記述式は馴染まないので出題されないのかもしれませんね。

ただ、記述式ではないものの、計算が必要な問題は2級では2題(最大心拍数・目標心拍数とBMI)、1級ではMETsとExが1問出題されていました。

また、ダイエット検定のサイトでテキストを買うと、pdfファイルが特典でついてきます。
ただそのpdfファイルは、表紙を除いて各級につき5ページしかなく、巻末の模擬問題とそれほど変わらない内容だったので、正直期待外れでした…。
もう少しボリュームが多ければよかったんですけどね。
なのであのpdfの内容ならば、ダイエット検定のサイト以外、amazonやメルカリなどでテキストを買っても問題ないと思いました。

また、1級も2級も、テキスト巻末の模擬試験以外からの出題が目立ちました。
模擬試験と全く同じ問題は少なく、模擬試験を変形させた問題、それ以外の問題の割合が結構多かったですね。

なので、1級も2級も、まずは模擬問題を全て解けるようにすることを前提として、誤りの選択肢も、テキストで正解をきちんと確認してインプットすること。

また、用語の定義を覚えること。
2級の例)肥満、BMI、脂肪細胞、脂肪、三大栄養素・五大栄養素・六大栄養素、体脂肪が消費される仕組み、カロリー、代謝、自律神経など、青字になっているところを中心に。
1級の例)ビタミン・ミネラルの種類と働き、必須アミノ酸、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸、必須脂肪酸、メタボリックシンドローム、内臓脂肪、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞、GI値、インスリンの働き、DIT(食事誘導性体熱産生)など
計算問題(カロリー計算、BMIや目標体重、METsとExなど)の練習をする、などを工夫して勉強すれば、独学でも十分合格点は取れます。

ただ、模擬問題以外からの出題は結構多かったとはいえ、テキスト自体のボリュームは1級も2級もA5サイズで100ページ少々ですので、テキストを詳しく読み込んでも膨大な時間がかかるわけではありません。

ダイエットとなると、とかく●●を食べて痩せるとか、●●をするだけで痩せる、短期間で一気に痩せようとするなど、どうしても短絡的かつ誤った方向に行ってしまう人が多いです。
なので、栄養やカロリー消費の仕組みをきちんと学んでおくことは、決して損ではないと思いますし、ダイエットに興味がある人にとっては面白い試験だと思います。

※miwa注:この試験は自宅でオンラインで受験したため、受験体験記としては残しておきますが、資格の取得数にはカウントしません。
テキストを見ずに受験しましたけど、試験自体にカンニング防止の機能がないからです。

ダイエット検定1級テキスト
日本ダイエット健康協会
¥2,200(2021/10/01 21:32時点)
ダイエット検定2級テキスト
日本ダイエット健康協会
¥2,200(2021/10/01 22:48時点)

コメント

  1. りゅう より:

    こんな検定あるんですね(・∀・)
    面白い

    ビールばかり飲んで
    お腹ばかり出てきました(・・;)
    (他は細いだけに余計見栄え悪いw)

    どうしたらいいですか??

    電験3種もCBT受験可能、平日受験可能
    年に2回など2022年より
    大幅に変更あるようです。

    みわさんも受けよ?

    • miwa@管理人miwa@管理人 より:

      りゅうさん
      じゃあビールを控えたら良いのでは??

      電験がCBTですか!そうなったら科目合格の最低基準点はどうなるんでしょうね。
      毎年60点より下になりますけど、CBTで平日受験可能となると、そこが気になります。
      ITパスポートのように、IRT方式でスコアが出たりするのかしら。

  2. りゅう より:

    それが出来たら
    苦労しないんですよw
    ビールやめたら死ぬ(・∀・)

    電験3種
    去年、巣ごもり効果なのか
    問題が簡単だったのか分かりませんが

    初めて合格点調整なしで
    4科目全て60点以上となりました←

    これから、60点とらないと安心
    できません←

    IBT方式分かりませんが
    自分はすぐ目が疲れるので
    CBTイヤ、、、

    • miwa@管理人miwa@管理人 より:

      全科目60点以上は電験で初めてですか!
      まぁそれが本来の姿なのでしょうが、CBTになったら、1科目ずつ受けて、3年以内に4つ揃ったら合格、ってなるんでしょうかね。

タイトルとURLをコピーしました