第39回日本刻字展に作品を出品しました!(前編:書稿作成~本彫りまで)

今年も日本刻字展に作品を出品しました。


さて、今回の字句は、「知好楽」です。
知之者、不如好之者。好之者、不如楽之者
これを知っているだけの者は、これを愛好する者におよばない。
これを愛好する者は、これを真に楽しむ者にはおよばない。
という意味です。
論語からの引用です。

スポンサーリンク

書稿作成

ところで、夏に帰省した際、miwa母より「次に作品を作るんだったら、洋間にも飾れるような、モダンな雰囲気で作ってほしい(そしたら居間に飾るよ)」というリクエストがありました。

うちの母上様がいう「モダンな雰囲気」とは、いかにも書道な「ザ・漢字!!」ではなくて、一見すると字っぽくない、アートやオブジェっぽい雰囲気、なんだそうです。

毎日展の前衛書部門とまではいかなくても、つまりは可読性の低い字がいいってことですねw
親子なので母上様が言いたいことは何となくわかる。

なので、字体は、金文、篆書、甲骨などがいいですと先生にリクエストしたところ、こんな面白いお手本が出来上がってしまった!!


でもやっぱり「これは月例(課題)じゃなくて、作品だから字に遊びや変化をつけてね」と言われる…。

そんなに私の書稿はつまらないのだろうか…。
まぁつまんないんでしょうねwww
基本無機質なのがmiwaの個性だからな(開き直り)

ただ、いくら面白いお手本をもらっても、肝心の私の書道技術が足りないせいで、「真面目にきちんと書けるのはもちろんだけど、こんな面白い作品も書けるんですよ~オホホホホ」とはなかなかうまくいかないのが悲しいところである( ノД`)シクシク…


それでも、どうにかしてこんな感じの書稿ができました…。

籠字とり


和紙に小筆で輪郭をなぞります。
今回は立体交差を入れるので、その部分のラインも書き入れていきます。

和紙を板に貼ります。この段階ではまだ透明ですが、乾くと表面が白くなります。

ちなみに上の作品は、うちの旦那の作品ですw


表面が白くなりました。

捨彫り(粗彫り)


いつもだったらこのくらいの深さでいいのでしょうが、今回は凸彫りに「立体交差」を入れるので、更に深めに彫ります。


周辺はある程度深く彫っておいたほうが、本彫りでも楽になるので、今回は粗彫りの時点でも割と深く彫ってます。

本彫り


実線に沿って鑿をやや斜めに入れて、さらに深く彫ります。
自分でこんな書稿をリクエストしといて言うのもなんだけど、細かい箇所の処理が結構面倒くさいですね(^ω^)


立体交差部分を彫ります。
鑿の入れ方は自由だけど、ただ、まっすぐ鑿を入れるとつまらないので、敢えて斜めに入れたりするのだそうです。

次は色塗り編です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました