受験申込書に書いた電話番号を間違えるとどうなるのか

えーとですね、先日提出した、マンション管理士と管理業務主任者の受験申込書に書いた携帯電話の番号が間違っていたことに気づきました。

なんで気づいたのかというと、マン管と管業の受験申込書には、090-★☆■□-○.◎▲って書いたんですけど、甲種危険物免状申請の際に、改めて古い携帯のオーナー情報で番号を確認してみたら、そこには090-○.◎▲-★☆■□ってあったんですよ(ノ∀`)アチャー

seigo
※miwaはいまだに機種変したスマホで自分のオーナー情報の見方がよくわかっていません。

まー実際のところ、受験申込したものに対して電話がかかってきた経験なんてのは、危険物乙1の免状申請の時くらい(※あのときは乙2・3・5・6の免状を中央試験センターに申請中だったので、先に現金書留で申請料をさいたま支部に送ってしまったため)でして、きちんと受験料を納めて書くべきことを書いて申込期限内に相手方に届けば、いちいち電話なんてかかってこないとは思うんですけどね~。

というわけで…
090-★☆■□-○.◎▲の携帯の持ち主さんへ
→万が一マンション管理センターまたは高層住宅業管理業協会からmiwa宛の電話が間違ってかかってきたら大変申し訳ございません。

スポンサーリンク

コメント

  1. MT より:

    あっ、そういうことってありますよね。
    私は電話番号ではありませんが、
    某書類で、メールアドレスを間違えたまま、
    提出したことがあります(苦笑)

  2. miwa より:

    >MTさん
    実は、この手の書類(試験の願書)で自分のデータを書き間違えた経験って殆どないんです。
    だいたい出す前にちゃんと気付くんですけどね…なので提出後にこんな形で間違いに気付いたのは、私にとってはちょっとレアなケースでした。