消防設備士乙種7類(漏電火災警報器)受験 科目免除をフル活用して受験!

7/24(日)は、幡ヶ谷の消防試験研究センターにて、消防設備士乙種7類試験を受けてきました。
7/17の甲種5類に引き続き、2週連続の幡ヶ谷です。

さて乙種7類は、「漏電火災警報機」の整備・点検が行える資格です。
甲種はなく、乙種のみです。

ただし、乙種7類消防設備士ができることは、あくまで漏電火災警報機の「整備・点検」であり、「設置」は第二種電気工事士以上の資格が必要という…なんだか大人の事情の匂いがプンプンする資格です(苦笑)

wp-1469517655366.jpg

今日は、乙種4類と乙種7類の試験が行われていましたが、私が受けた時間帯は乙7のみっぽい。
なお、東京・中央試験センターの消防設備士試験は、基本的には併願受験はできませんが、電気工事士免状で科目免除を利用する場合のみ、乙種4類と7類の併願受験ができるようです。

今日の試験時間は…なんと14:30から!遅~ッッ!
第3部(3/3)に割り当てられたのはこれが初めてですよ。

今回は、科目免除制度を駆使して、法令4問(類別4問)と、構造・機能・整備6問(規格6問)の、たった10問のみの試験を受けてきました。
(受験票の免除科目欄)↓
wp-1469517646182.jpg

っていうか、この科目免除を利用したいがために、昨年二電工を取ったしねw

※科目免除をした場合、科目免除を除いて、それぞれ4割以上の得点且つ合計6割以上の得点が必要となります。

ところで、乙種7類の試験科目は

・消防関係法令 共通6問・類別4問
・基礎的知識 電気5問
・構造・機能及び整備 電気9問・規格6問
・実技 鑑別等5問

の筆記30問・実技5問ですが、この種目は所持資格による科目免除のパターンが多いのが特徴です。

私は甲種1・4類、乙種6類免状と二種電気工事士免状を持っているので、

甲種1類or乙種6類で
・消防関係法令の共通部分(6問)

甲種4類免状で
・消防関係法令の共通部分(6問)
・基礎的知識(電気5問)

二種電気工事士免状で
・基礎的知識(電気5問)
・構造・ 機能及び整備のうち電気に関する部分(9問)
・実技 鑑別5問全て

が免除できます。

※miwa注:科目免除資格を複数所持している場合、「資格による科目免除の権利」そのものを行使するかしないかは、任意に選ぶことができます。

ただ、電気工事士免状で科目免除を申請する場合、「実技5問は免除するけど、基礎知識5問は免除しない」といった、「免除科目の選択」はできません。

もし電気工事士免状でもって科目免除をするとしたら、「基礎知識5問」「電気9問」「実技5問」をまとめて免除するか、科目免除を全くしないか、のどちらかを選ぶということです。
(※電工の科目免除を利用しないのなら、そもそも免状コピーを添付する必要はないのですが…)

今回は、
①「科目免除なし(法令10問・基礎知識5問・構造機能15問・実技5問)」
②「他消防設備士免状の科目免除(法令4問・基礎知識5問・構造機能15問・実技5問)」
③「甲種・乙種4類の科目免除(法令4問・構造機能15問・実技5問)」
④「二電工の科目免除(法令10問・構造機能6問)」
⑤「消防&二電工両方の科目免除(法令4問・構造機能6問)」

のうち、②③④⑤の受験生がいたので、黒板には4パターンの退室時刻が書かれていました。
(⑤の人は35分で試験終了)

ちなみに、7/17の甲種5類と同様、女性の受験生は(自分以外に)いませんでした。
もしかすると、他の回(午前・午後1)と別の階にはいたのかもしれませんが、少なくとも午後2の科目免除組の試験室にはいなさそうでした。
そもそも電気工事士の試験を受けている女性自体がかなり少数派だしなぁ。そりゃ④⑤パターンの受験生に女性がいないのも仕方のない話であろう。

さて、試験問題を解いた感触としては、よりによってたった4問しかない法令で2問答えに迷うという、ちょっと冷や汗モノの展開でしたが、トータルで見れば合格点は(なんとか)クリアできたんじゃないかなと思います。
(後で確認したところ、迷ったうちの1問は合ってたみたいだけど、もう1問は見事に間違えていたorz)
規格6問は多分大丈夫かな。多分ね。

ちなみに、フル免除の試験時間は35分ですが、たった10問しか問題がないので、それでも時間は余りますw
マークする時間と見直し時間を含めても、15分足らずで問題を解き終えてしまいました。
免除箇所が多いので、マーク箇所を間違えていないかどうか入念にチェックしましたが、それでも時間が余りました。

ところで、消防設備士試験の筆記試験は、通常は合計60%以上の正解かつ各科目40%以上の得点で合格となります。(実技は60%以上)

ただ、今回は法令が4問、構造機能が6問の試験だったので、法令は(4問中)2問以上、構造機能は(6問中)3問以上正解の上で、トータル6問以上の正解が必要となります。
つまり、実質的には科目別の合格基準が少し厳しくなってしまうんですよね。

そういう意味では、法令共通は免除にしない方がよかったかな?という気がしないでもないです。
規格と法令(類別)に絞って勉強できるので楽は楽なんだけど、法令がたった4問しかない分、問題集に載ってる問題は絶対に落とせないし、たまたま手薄にしていた論点がピンポイントで出題された時のダメージは地味にデカいorz

結果発表は、8/25(金)です。
何かこのためだけにまた幡ヶ谷に行くのもイヤなので、ちゃんと受かっててほしいですね~。

わかりやすい! 第7類消防設備士試験 (国家・資格シリーズ 185)

スポンサーリンク

コメント

  1. 蒙古北極樺太 より:

    先週に引き続き試験お疲れさまでした。

    乙7に来てましたか。自分もその日は第1部(1/3)の乙4を受けてました。
    実は甲4合格が5/7の試験だったので、保険で6/25の甲4、7/24の乙4を申し込んでいました。(東京は締切が早いですから・・・)
    結果的にお金の無駄になってしまいましたが、乙4は合格したら欄が埋まるという理由で受けました。(何か間違っているような。)
    以外と忘れていることが多く、何とかなっていればいいなー状態です。

    ちなみに、甲4試験で3部構成の場合、3部は16:15試験開始です。

    • miwa@管理人 より:

      >蒙古北極樺太さん
      乙4お疲れ様です。乙4も受験者数かなり多いですよね。
      甲種4類の3部構成で16:15開始って…それは遅すぎる(笑)
      でも免除なしの人の試験時間は3時間15分だから、朝・午後1・午後2となるとそのくらいの時間になっちゃうか…。

  2. MT より:

    おはようございます。
    2週連続の試験、お疲れ様でした。

    >今日の試験時間は…なんと14:30から!遅~ッッ!
    第3部(3/3)に割り当てられたのはこれが初めてですよ。
    こんなこともあるんですね。
    消防試験研究センター北海道支部では、危険物取扱者試験も含めて、
    (1)科目免除なしの場合は、午後試験から受験者を割り当てる
    (2)科目免除ありの場合は、午前試験から受験者を割り当てる
    但し、試験日や試験級によっては変更もあり得る、
    という方式を採用しているようです。
    このため、午前試験は科目免除者一色になることも多々あるそうです。

    • miwa@管理人 より:

      >MTさん
      北海道は、危険物と消防設備士の試験が同日にあるはずですよ。
      というか、受験票が来るまで自分の試験時間がわからないのは東京(中央試験センター)くらいでしょうねwww
      科目免除の人は試験時間が短いので、午前よりは午後にもってきたい→仕事を早く終えたいのかなぁと思います(何となく)

      • MT より:

        >北海道は、危険物と消防設備士の試験が同日にあるはずですよ。
        そのようですね。

        北海道支部の担当者の話をまとめますと、
        以下のようなことを仰られておりました。
        「試験案内に試験時間を明記はしていますが、受験者数や試験会場によっては、
        実際に、試験案内に書かれている時間帯通りに行われるとは限りません。
        ですので、万が一試験時間帯の変更があってもいいように、
        心の準備をしておいてください。なお、試験時間帯の変更があった場合には、
        受験者にその旨をご連絡いたします。」

        「過去に2~3回程度、試験会場の都合によって、
        試験時間帯を変更せざるを得なかったことがありました。
        例えば、『かでる2・7』が試験会場として設定された時、
        午後から学会(道大会)とぶつかってしまい、本来の試験開始時間ではない
        11時頃から開始したこともあります。」

        こんな状態ですから、実質的には、受験票が届くまで、
        試験時間帯が午前になるのか午後になるのか、
        はっきりしないそうです。
        (特に顕著なのは8月に行われる試験と11月に行われる試験時だそうです)

      • miwa@管理人 より:

        >MTさん
        北海道ですと、試験会場は受験票が届くまで不明なので、受験者に応じたキャパの会場を借りるはずなので、時間変更はそれほど多くないんじゃないでしょうか。
        ただ、試験会場側の都合でどうしようもないときは、何かしらの変更がある可能性もなきにしもあらず…って感じでしょうかね。

  3. スコッチ より:

    お疲れ様です
    みわさんなら大丈夫ですよ
    しかし午後の試験もその時間は遅すぎますね
    国家試験舐めてます(笑)
    話変わりますが
    運行管理者はご存じのかたもいるかも
    しれませんが
    3月に集団カンニングあり
    8月試験から途中退席なくなるそうです
    宅建もそうだったような。。
    運転免許試験でも鮫津でありましたし
    恥ずかしいったらありゃしませんよ

    • miwa@管理人 より:

      >スコッチさん
      試験会場のキャパが400~600人がMAXなので、どうしても午前・午後・午後2みたいなスケジュールになっちゃうのかもしれないです>中央試験センター
      運管のカンニング事件はビックリです。
      鮫洲でもあったのですか…でも運転免許試験でのカンニングがバレると、1年間試験が受けられない→実質的には自動車学校の卒業期限が切れるのでもう一度自学に入らなくてはいけないので、リスクが高すぎるような気がします。

      • ふじわら より:

        先日の京都の消防設備士試験では、腕時計を外して試験時間中には腕時計に触らないこと、試験中にトイレに行きたくなった場合、試験監督者もトイレに付いて行きます、試験が終わったら廊下に立ち止まらないで速やかに帰って下さいというような指示がありました。

      • miwa@管理人 より:

        >ふじわらさん
        最近、消防設備士試験では腕時計関係の指示が厳しくなってますよね。
        東京も似たようなことを言ってたような。
        トイレの話はどうだったかなー。35分で終わる(免除組)が多数だったから、具合が悪くなったら手を挙げてくださいねみたいなことを言ってたくらいです。

      • ふじわら より:

        今日、知り合いが消防設備士を受験しましたが、試験前に腕時計を外すように言われて、「インターネットに接続できる腕時計を使って不正行為があったため」と説明があったようです。

        調べてみると、一部の大学の入試や定期テストでは腕時計の「持ち込み」を禁止して、大学が時計を講義室に設置したようです。

      • miwa@管理人 より:

        >ふじわらさん
        apple watchが出たあたりから、規制は厳しくなるんだろうなぁという予感はしていましたが…やっぱりね、って感じです。

  4. ピタヤ より:

    miwaさん幡ヶ谷までお疲れさまです!7類10問って(笑)オレは免除無しでやろうかしら
    (*^¬^)

    • miwa@管理人 より:

      >ピタヤさん
      二電工合格後に受けましょう。実技フル免除は美味しいすよ。

  5. りゅう より:

    初めまして、りゅうと申します

    資格取得に意味あるか考えるのも無駄に思えて
    いけるとこまでいこうと思い数年前から
    工業系資格色々受けてます
    (受かれば会社から奨励金でますし笑)

    このブログタメになるな~って思ってたら
    まさか女の人とは意外でした

    先週初めて、乙6、乙7と同じ日に受験してきました。間違いなく受かってると
    思うんですが発表までドキドキです

    10月は公害防止(騒音、振動)です
    去年初受験で総論、概論は受かったんですが、特論不合格(;´Д⊂)
    1科目だけですが、過去問でまだ合格点とれません(・・;)
    みわさん、公害防止もう受けないんですか??

    • miwa@管理人 より:

      >りゅうさん
      はじめまして、コメントありがとうございます。
      そうです。一応女性なのですよ(笑)OLだと隠していたら絶対男性と間違われそうな資格ばっかり受けてます。
      乙6・乙7を同じ日に受験されたんですね。
      東京だと、乙6と乙7は試験日が違うので併願できないのですが、この2種目が併願できる地域もあるんですね。

      公害防止管理者は…暫くは受けないです。
      よっぽど10月~11月に受ける試験のネタがなくなったら考えてもいいって感じです。

  6. yasu より:

    こんばんは。

    消防設備士の試験で御手洗は、試験監督員が付き添うのですね。

    もしかしたら以前にも書いたかもしれませんが、私が一昨年に冷凍機械責任者の試験を受けたときは、「トイレに行くときは、その時点で試験終了、再入室不可」という説明がありました。

    • miwa@管理人 より:

      >yasuさん
      私が知ってる範囲では、冷凍機械のような対応(退室した時点で試験終了)の方が多いような気がしますね。