消防設備士甲種5類 実技対策(鑑別・製図)

消防設備士甲種5類の、実技対策について補足します。

スポンサーリンク

鑑別対策

・各種避難器具の名称、部品の名前
金属製避難はしご・救助袋(斜降式・垂直式)・緩降機
金属製以外の避難はしご・避難橋・避難タラップ・すべり台・救助ロープ・すべり棒
・工具の名称と用途
トルクレンチ、モンキーレンチ、スパナ、ノギス、ハクソーなどなど
・点検(試験)方法
・避難空地

といった問題が出題されます。
これらの問題は、筆記(構造~規格)でも重複して出題される論点なので、択一式の勉強のついでに、実技の出題形式を想定した勉強をすればいいです。
特に、数字または用語(名称)、用途を答えられるようにしておきましょう。

製図対策

5類の製図は
(建物の平面図を参照のうえで)
・この階の収容人員を計算し、避難器具の最低設置個数を計算する。
・どの窓に避難器具を設置するのが適当か?
・適切な避難器具の種類を選択する
・避難空地・操作面積

・適切な工法を選択する(金属拡張アンカーなど)
・曲げモーメントなどの計算問題
・設計基準強度

といった問題が出題されます。

ザックリいうと、1問が図面を使った避難器具設置に関する問題(法令系)もう1問が工事系の計算問題が出題される傾向があるようです。どちらも計算問題が重要です。

1類・4類のような、平面図・系統図の作成問題は出ません。
図面に書き込むとしたら、せいぜい避難器具の設置場所をマークするとか、操作面積を書き込む程度のものです。

5類の製図問題の攻略のポイントの一つ目は、「避難器具に関する基準」です。

5類の避難器具の設置基準は、消火設備(1・2・3類)や警報設備(4・7類)と少し異なります。
防火対象物の用途・人数(収容人員)・階数」によって、設置できる避難器具や個数が決まるところが特徴といえます。

合否をわけるポイントは、用途の分類、収容人員計算、避難器具の個数の計算、設置可能な避難器具の種類です。

kou5jinin

最初から一つ一つ細かく覚えるのは面倒なので、まずはこの1~4項の分類をザックリを覚えること、傾向としては「自力で避難することが難しい人が多い」「不特定多数が出入りする防火対象物」ほど設置基準が厳しくなる、というイメージをつかんでおくことが大事です。

最終的には、ここの論点は試験本番までにはある程度しっかり覚えておく必要があります。
というのは、1項から4項ごとに、収容人員の制限や設置できる避難器具が異なるわけですが、そもそもどの防火対象物が1~4項に分類されるのかがわからないと、収容人数や個数の計算もできないからです。

実際に問題を解く時は、文中・図中のどこに注目すればよいかというと、
「(別表第一の)防火対象物の用途」
「階数」
「階段の個数、階段の場所(屋外?屋内?)、階段の種類(避難階段又は特別避難階段)」
「下階の用途」
「建物の構造(耐火構造)」といったところがポイントになります。

なぜこれらのチェックが必要なのかというと、
・3階以上の階※で、避難階又は地上に直通する階段が二以上設けられていない階(25条第5項)→規制強化:10人以上から設置
(※別表第一(二)項及び(三)項の防火対象物は2階)
・下階に同表(一)項から(四)項まで、(九)項、(十二)項イ、(十三)項イ、(十四)項又は(十五)項に掲げる防火対象物が存する場合→規制強化:10人以上から設置
・避難器具の設置個数の減免(消防法施行規則第二十六条)→緩和規定

の例外規定に該当するかどうかを確認するためです。

ちなみに、筆記試験対策では、25条第1項~第5項のどれが問われてもよいように勉強する必要があるんですが、実技(製図)問題では、「飲食店」「ホテル」「病院・老人介護施設」といった防火対象物が狙われやすいという印象をうけました。

その理由は、
・飲食店(25条第3項)…25条第5項との絡みでひっかけ問題を作りやすい
・ホテル(25条第2項)…1項・3項と被っている箇所or異なる箇所が混在しているが故に知識が混乱しやすい
・病院・老人介護施設(25条第1項)…設置基準が2項(ホテル系)よりも更に厳しい、設置できる避難器具の制限が厳しい
からです。

参考:設置可能な避難器具
kou5kigu

これらの論点は、筆記の法令類別でもよく狙われる重要な論点なので、特に力をいれて覚えてください。

※余談…管理人受験の回では、建物の平面図以外に、建物周辺の地図が図示されていました。
最初、「建物周辺の地図?避難器具の計算問題と何の関係があるのか?」と不思議に思ったのですが、(周辺地図で)建物そばに流れている川と建物の距離が0.4mとなっているのを見たとき、「もしかしてこれは【避難空地の確保ができるかどうか】も考慮して避難器具の設置場所を選択しなさい」ってことなのかと思いました。

これは問題集にないパターンの引っ掛け問題でした。
実はコレ、最初思いっきり引っかかってしまって…終了前の見直しで避難空地のことを思い出して(鑑別の問題に避難空地の問題が出ていたから)、あっ!コレも避難空地だ!とピンと来たので、避難空地の確保ができそうな窓を選択しなおしたのでした。

もう一つのポイントは、アンカーボルトや構造計算などの工事分野です。

ここは、構造・機能の工事分野と、基礎的知識の計算問題(荷重、曲げモーメント・曲げ応力)とセットで勉強すれば大丈夫でしょう。
避難器具の取り付け具を固定部に取り付ける工事方法
→金属拡張アンカー工法、貫通工法、バランス工法

参考 アンカーボルトの表(覚える)

kou5anchor

kou5senkou

※最小間隔:埋込深さの3.5倍
※ヘリあき寸法:埋込深さの2倍
※穿孔深さの限界…コンクリートの厚さに対する穿孔深さの最大値、残値を50㎜以上とすること。

コメント

  1. ちひろ より:

    miwaさん、いつも受験対策を公表していただき、ありがとうございます。
    次回の甲種5類消防設備士受験時の参考にさせていただきます。

    先日兵庫で受験した乙種5類消防設備士ですが、合格してました。
    簡単だったはずの実技が76%と低かったので、「何を間違ってたの?」「最初から勉強やり直しだ」って気持ちになってます。

    今は次の試験に向けて、頑張ります!
    技術士は、「電気電子部門」を受験します。
    miwaさんは、技術士は取られないんですか?

    • miwa@管理人 より:

      >ちひろさん
      どういたしまして。
      乙種5類、合格おめでとうございます。
      鑑別だけの乙種実技は、地味に点数が取れないと思うんですよね。
      私も甲種5類の鑑別はちょっと微妙でした。
      多分製図で点数を稼いだからこそ受かったと思います。

      技術士は興味はあるのですが、現時点ではそこまで優先順位は高くないって感じですかね…。
      分野がいろいろあるようなので、上位関連資格が取れたらそのスピンオフで受けてみたいと思います。

  2. スコッチ より:

    お疲れ様です
    非常に参考になると友人がいってました
    会社命令で受けるがよい勉強方法がないなか貴重な体験でしたと(笑)
    おそらくみわさんのとこに出没するかと
    思いますので厳しく手解きしてください(笑)
    さて私は昨日トーハン試験でした
    2週間の追い込みでしたがなんとか96とれたので大丈夫でしょう
    ただこの資格の受かってからの実務経験がかなり厳しくなり
    ドラッグで薬の説明もしくは接客時間以外
    つまりレジうちや品だしはカウントしないという話を聞きました(笑)
    もうこの話きくとやる気なくしますね
    今日から二種販売やりますが
    計算問題がなんか心配です
    いままで運管以外計算捨てて受かってきたのでどうしたものか。。

    • miwa@管理人 より:

      >スコッチさん
      ご友人さんはどの試験をうけられるのでしょうか?
      (会社命令ということは、危険物とかそのあたりですか??)
      昨日の登録販売者お疲れ様です。
      そんだけ取れてたら合格見込みですね。
      登録販売者は元々は実務経験がないと受けられない試験だったので、受けられるようになっただけでもマニア的にはありがたいですw
      高圧ガス二販の計算問題は、出題パターンが決まっているので、問題集に載ってる問題を練習すれば、どうにかなると思いますよ。

      • スコッチ より:

        危険物ではなく
        消防設備です
        電気工事士からとりみわさんと同じような感じです
        ただ本人が短気なんで
        短気は損気だよといってますが
        自分の覚えられない頭にイライラしてたみたいです
        でみわさんのみて頭が固かったと
        反省してました
        二種販売そんなもんですか
        やった感じ法令はとれますね
        ある程度はいまでも
        答えの導きだ仕方が危険物似てます
        構造はボイラーに似てますね
        計算問題は危険物甲種ができたからいける気がしますが
        私もできないとイライラするタイプなんで(笑)
        十回くらい過去問回します

      • miwa@管理人 より:

        >スコッチさん
        「高圧」なので、ボイラーと性格は似ていますね。
        二級ボイラーは計算問題でないけど。
        危険物は液体と固体なのですが、高圧ガス二版は液体と気体なので、気体の性質を理解するのに時間がかかりました。
        アボガドロの法則とボイル・シャルルがカギでね。

  3. ピタヤ より:

    5類全然わかんね~(* ̄□ ̄*;なるほど電気の勉強が流用できないってこういう事なんですね~Σ(・口・)

    • miwa@管理人 より:

      > ピタヤさん
      避難器具は目にすることも多いので、やってみれば意外とわかるかも?

  4. MT より:

    おはようございます。

    私は消防法などの法律を覚えることに対しては、
    全くと言っていいほど苦にはなりませんが、
    それだと勉強方法として効率が悪いのは明らかなような気がします。
    ですので、miwaさんがおっしゃることは、「ごもっとも」だと思います。

    なお、詳細は言えませんが、私は受験予定の資格を、あっさりと変更してしまいました。

    • miwa@管理人 より:

      >MTさん
      消防設備士の法令問題は、条文を踏まえて、この防火対象物に消防設備の設置は必要ですか?みたいな問題が出るので、条文の趣旨やそれぞれの違いをきちんとおさえていれば、条文丸暗記は逆に必要ないんですよね。

      受験予定の資格の変更ですか?語彙・読解力検定、それとも知財でしょうか…??

      • MT より:

        >受験予定の資格の変更ですか?語彙・読解力検定、それとも知財でしょうか…??
        まずは、国家資格の『知的財産管理技能検定2級試験』を優先させます。
        そして、11月23日に某ご当地検定を受験します。
        噂によると、50問中完全解答が4割以上5割未満という非常に厄介な試験です。
        そのため、やむを得ず『語彙・読解力検定』の受験を2017年6月以降に回す予定です。

      • miwa@管理人 より:

        >MTさん
        知財の方は受験資格(3級合格)の有効期限がありますからね。
        とりあえず学科か実技のどちらかが受かれば、そこから2年間また有効になりますから、まずは知財の方を頑張ってくださいね。