「週間少年ジャンプ展vol.1」を見て、アニメが与えるインパクトの大きさを改めて実感する


森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー 52階)、「創刊50周年記念 週間少年ジャンプ展Vol.1」が開催されています。

「週刊少年ジャンプ」50周年を記念し、「週刊少年ジャンプ展」開催決定!!第一弾は2017年7月に開催します!!

Vol.1は「創刊~1980年代」の作品が中心なんですが、なんかもうアラフォー・アラフィフ・アラカン世代にとって超どストライクな企画展であろうことは想像に難くない(笑)
料金は大人2,000円です。




※館内は殆ど撮影禁止につき、写真があまりなくてすいません…。
スポンサーリンク

シアターゾーン

入館すると、まずは4分くらいのオープニング映像を鑑賞します。

オープニング映像の鑑賞は、4分ごとに入れ替え制となっているので、それまでは一つ前のフロアで待っているのだが、このフロアには、「○○先生の漫画が読めるのはジャンプだけ!」という、原稿用紙の外枠に表示されていた煽り文句を抜粋したものが壁一面にズラーーーッ!とプリントされていて、なかなかシュールでした。

作品体感ゾーン

シアターゾーンを抜けると、「作品体感ゾーン」に入ります。
代表的な作品の原画やアニメグッズ、オブジェなどのコーナーでした。

・ハレンチ学園
・男一匹ガキ大将
・シティハンター(100tハンマーのオブジェ)
・キャプテン翼
・聖闘士星矢(聖衣のオブジェとムービー付)
・キン肉マン(キン肉ドライバー?の巨大オブジェとキン消し約30000個で作った巨大マスク)
・北斗の拳(2分くらいのムービー付)
・こちら葛飾区亀有公園前派出所(GIジョーの人形、戦車、ゾイドなど、作品中に登場した小道具)
・Dr.スランプ アラレちゃん
・ドラゴンボール(天下一武道会のアニメーション付)

ドラゴンボールの生原稿はメッチャ貴重!
その昔、漫画家になりたくて実際に練習していた時期があった自分としては、各作品の原画がとても興味深かったです。

インクの上のホワイト(修正部分)、黒くベタを塗られた上に張られている、透明シートと白字の写植文字が生々しくてね。
少女マンガと比べると、スクリーントーンはそれほど多く使われていないかわりに、黒塗りのベタや線の書き込み量が多いんですよね。
勿論、雑誌の紙面を見ればそれは一目瞭然なんだけど、原画を見ると、その書き込み量の多さと細やかさに圧倒されます。
1枚描くのにどんだけ時間かかるんだろう。

今だったらパソコンで原稿を描いている方が多いのかもしれないけど、パソコンが普及する一昔前まではGペンや丸ペン、ロットリングなどで描いていたわけですよね。
しかも「週刊」で。

これだけの絵を描くとなると、アシスタント数名で分業したとしても、締め切り前はデスマーチになるのも納得という感じです。
(そう考えると、こち亀は40年の連載の中で一度も休載がなかったというのは、本当に驚異的なことだと思います。)

あと、聖闘士星矢、キャプテン翼、キン肉マン、北斗の拳、ドラゴンボール、アラレちゃんのオモチャ・ゲーム・アニメ主題歌のレコードやカセットテープなんかも展示されていました。

私がリアルタイムで持っていたものは、キン消しくらいしかなかったけど、「へぇー!こんなオモチャが売られていたんだ…」という感じで、なかなか興味深かったです(笑)

原画結集ゾーン

まず、アニメ化された作品の主題歌とムービーがエンドレスで流れているコーナーがありました。

流れていたのは例えばこんなの↓







ジャンプの歴史(創刊の1968年)を振り返るコーナーです。
1960年代・70年代・80年代…その当時連載されていた漫画のカラー原稿や代表的なシーンなどが展示されています。

個人的に驚いたこと→「はだしのゲン」がジャンプで連載されていたこと!

あと、ファミコン神拳やジャンプ放送局のコーナーもあって、思わず笑ってしまったw
だってジャンプ放送局のコミックス持ってたしw

ファミコン神拳はリアルタイムでは読んだことが無かったけど、そうか…「もょもと」の復活の呪文の元ネタはこれなのか。



歴代の代表的な表紙(ここだけ撮影可能エリアでした)↓

帰りの出口でもう一度チケットを見せると、限定のステッカーがもらえます↓
私がもらったのはキャプテン翼のステッカー、旦那がもらったのはアラレちゃんでした。

今回のジャンプ展で買ったお土産はコレ↓


北斗の拳の伝説の必殺技をデザインした湯のみ。
でも良く考えたら私は、北斗の拳の原作は殆ど読んだことないんだよな。
なのに何故www

湯飲みの底にはケンシロウが!妙に凝ってるなー!↓

「週刊少年ジャンプ50周年展VOL.1に行ってきました」クッキー

観光地によくありがちな○○に行ってきましたクッキーでしたが、味は普通に美味しかったですよ(笑)

vol.1は10/15まで開催されています。
ジャンプ世代だった人はもちろん、ジャンプ本誌はあまり読んだことのない人でも「北斗の拳」「ドラゴンボール」などのアニメをよく見ていた人にとっては、かなり楽しめるんじゃないでしょうか。

かくいう1980年生まれの自分も、60~70年代は勿論のこと、80年代の少年ジャンプって殆どリアルタイムでは読んだことがないのです(毎週買っていたのは90年代に入ってから)。なのに何故作品を知っているのか?というと、アニメで観たのをきっかけに、コミックスを買って読んだからなんですよね。

そう考えると、アニメの影響力、インパクトってすごいですよね。
だってドラゴンボールや北斗の拳、聖闘士星矢の主題歌は今でもちゃんと覚えているし、多分カラオケでも歌えます。下手なアイドルの歌よりもオッサン受けはよいかもしれないw

あと漫画家になりたい人にとっても、ジャンプで活躍している(た)大御所の作家の生原稿が間近で見られるのは、なかなか貴重だと思います。

個人的には、来年3月に開催される予定のvol.2(1990年代)も見てみたいです。

90年代以降は、スラムダンク、幽遊白書、ドラゴンボール(フリーザ編以降)、るろうに剣心、遊☆戯☆王、ONE PIECEあたりが中心になると予想。

残念なことに、2000年以降はジャンプを殆ど読まなくなってしまったので、どういう作品があるのかはよくわからなくなってしまったのですが、高校生くらいまではコンスタントに読んでたから、楽しみ!







コメント

  1. ヴェネ より:

    どすとらいくです!!
    東京うらやましいです!

    サッカーの授業中、立花兄弟のスカイラブハリケーン真似して、担任に注意受けましたよ!
    小学校高学年のときに、女の子にも幽々白書が流行ってましたねー。

    大阪で開催されることを望みます!!

    • miwa@管理人 より:

      >ヴェネさん
      キャプテン翼のコーナーで、スカイラブハリケーンのパネルが空中に飾られていましたよ。
      てゆーかアレをマネしたことあるんですかwww
      確か膝に多大な負担がかかるので、一試合で2回までしかできないと書いてあったような…(そもそも反則技だが)

  2. 芽輝実 より:

    miwaさん、こんにちは。
    芽輝実と申します。
    お礼を申し上げたくて、初めてコメントさせていただきます。

    おかげさまで、昨日の国内旅行業務取扱管理者試験、突破できた模様です。

    今年2月に、通訳ガイドの免除のため、一念発起しました。
    miwaさんの記事に出会い、過去問から解く学習をしました。
    私は50代ですが、お母様のがんばりにも触発されました。

    昨日の問題には、「団体割引は、運賃にも料金にもある。」ことが出ました。
    2問も!!
    本当に、ありがとうございます。

    次は、地理検定を受ける予定です。
    勉強する楽しさ・苦しさ・達成感を30年ぶりに味わえました。
    取り急ぎ、お礼まで失礼いたします。

    • miwa@管理人 より:

      >芽輝実さん
      はじめまして、コメントありがとうございます。
      国内旅行業務取扱管理者試験お疲れ様でした。
      自己採点では合格見込み、とのこと、おめでとうございます。
      通訳案内士の科目免除目的での受験だったんですね。
      「団体割引は、運賃にも料金にもある。」は結構紛らわしいポイントなので、出題のネタにしやすいんですよ。
      割とパターンが決まっている法規と約款に対し、過去問パターンだけだとちょっと苦しい旅行実務(+αの勉強が必要)なので、どっちにしろ過去問を踏まえた学習が大事かなと思います。
      地理検定と、通訳案内士試験も頑張ってください。応援しています。

  3. りゅう より:

    東京いーな(・∀・)

    90年代のジャンプは黄金時代ですよね?

    今読んでも色褪せない・・・どころか
    夢中になれます←

    消火設備士甲種2類申込ました(・∀・)
    泡なんて全然分からないんですが(笑)

    • miwa@管理人 より:

      >りゅうさん
      そうですね、ジャンプの発行部数が一番多かったのが90年代だったはずです。
      (スラムダンクやドラゴンボールの連載が終わったことで、発行部数が減少していったわけです…私も、その辺からジャンプから離れて、マガジンやサンデーを読むようになってしまった)

      甲種2類を受験されるんですね。
      1類を持っているのであれば、1類の問題集が役に立つと思いますよ(工具とかバルブの問題など)。

  4. yasu より:

    こんばんわ。

    週刊少年ジャンプですか
    昔は月刊もありましたね

    私が小学生のときは、こち亀が始まってまもない頃で、ほかにはサーキットの狼、ドーベルマン刑事、東大一直線、タイトルは忘れましたが、メタクソ軍団のスナミ先生が出てくる作品とかがありましたね。1・2のアッホはジャンプだったかチャンピオンだったか
    どれも面白かったなぁ~

    • miwa@管理人 より:

      >yasuさん
      最初は月2回の発行だったみたいですね。
      ジャンプの原画集結ゾーンのコーナー(?)で、サーキットの狼、ドーベルマン刑事、東大一直線は、いずれも原画が展示されていましたよ。
      私は生まれる前なので読んだことはありませんでしたが、タイトルは聞いたことがあります。

  5. スコッチ より:

    北斗の拳やキン肉マンはリアルタイムですよ
    キン肉マンはいまでも連載してますし
    YouTubeでもある程度みれますからね
    みわさんだとアラレちゃんやセーラームーンですよね?
    そういや昨日からるろうに剣心連載始まったんですよね
    最初から波乱の幕開けでした
    すでに昨日読みました(笑)

    • miwa@管理人 より:

      >スコッチさん
      おお、リアルタイム世代が(笑)
      セーラームーンは「なかよし」で連載されていたはず。
      アニメは見ていたけど、原作は殆ど読んだことがないんですよね(当時は「りぼん」派だったので…)。
      るろうに剣心の連載ですか!ジャンプスクエアで始まったんですね。