1日でとれる食品衛生責任者講習~一応試験はあるけど全員合格

今日は、渋谷区神宮前にある東京都食品衛生協会で、食品衛生責任者養成講習会を受講してきました。

スポンサーリンク

1日でとれる資格です

座席は当日の受付順で前から詰めて座ります。3人掛けを3人フルで座るので狭いったらありゃしない(苦笑)受講生は、男女半々くらい?で若い人もいれば年配の方もいて、結構バラエティに富んでいたように思います。

午前3時間が衛生法規・公衆衛生学、午後3時間が食品衛生学とテスト

その日のうちに食品衛生責任者手帳がもらえます。

う~~ん。なんてお手軽な資格なんだろうか。
お昼休みには、食品衛生責任者プレート(700円)が販売されていました。
勿論私も買いましたよ。今のところ使う予定はありませんが。
講習受講の記念ということでサーセンw

講習の内容的なことを言うと、衛生法規とか公衆衛生、食中毒といった話は、こないだ受験した保育士試験の「小児保健」と、2か月前に受講した「東京都公害防止管理者」の内容とオーバーラップする部分がいくつかありました。

ていうかかなり眠たくなったzzz6時間座りっぱなしだもの。
ていうか隣の人同士でしゃべっていて、講師から注意されてた人がいた(苦笑)
講習会で基本無駄話をする人がいない中でヒソヒソ話( *´ノェ`)*゚ロ゚)をされると、たとえ小声で会話の内容は漏れていなくても、なんかラジオの雑音みたいでイライラしますね (怒`ω´)

一応テストがあります

一応、講習の最後には、修了テストが行われます。
テストといっても、時間は5分、問題数は6問の3択テストですが。
16:00から5分間テスト→10分くらいで解説→講師が解説している間に採点→採点の結果発表→手帳配布と説明→16:30に解散 という流れになっています。

あ、そうそう。採点の結果発表の際には、「問題を間違えた人数」が公表されます。
修了テストは、あの内容からすると、196人中おそらく150人以上は満点だったんじゃないかなと思います。

講義中に、講師がちゃんと「ここ重要です」「線を引いてください」って教えてくれるので、ラインを引き忘れなければ、落ちることはないと思います。
ていうか何点以下だと不合格になるんだろう?だってテストが終了すると同時にもう食品衛生責任者手帳が作られている状態なわけですしね。

そんなわけで、久しぶりの資格ゲットです (σ´∀`)σ

食品衛生責任者手帳

DSC_1072

少なくとも1ヶ月前には申し込もう

ちなみにこの資格の受講方法は、東京都の場合、

食品衛生責任者養成講習会のHPから「受講申込書」をダウンロードする→「日程表」を見て空いてる日にちを確認して第3希望までを選ぶ→申込書を食品衛生協会に郵送で送る→2~3日後に協会から通知書が届く

という流れになっています。日程表を見ればわかると思うけど、1か月半~2カ月先の定員が既に満席になっているので、できれば申込は早い方がいいでしょう。
申込の時点では受講料の振込は必要ありませんが、講習会の当日に1万円持っていくのを忘れないようにしてくださいね。