消防設備士甲種3類を受験しました&無事合格しました!


7/1は消防試験研究センター(幡ヶ谷)にて、消防設備士甲種3類試験を受験しました。
更新がめちゃくちゃ遅くなってしまった!
半端な時期に更新するのもなーと思ったので、結果発表とあわせて書くことにしました。

スポンサーリンク

受験日記編

幡ヶ谷に来たのは2年ぶり(乙種7類試験以来)なのだが、久しぶりに来たら、消防試験研究センターのお手洗いがキレイになっていました。
ウォッシュレットになってた!

一方、悲しいことに、2018年5月から、甲種の受験料が5000円→5700円に値上がりしてしまったッ!Σ(゚д゚lll)ガーン!

こんなことになるなら、2016年~2017年の間に、甲種を全部取っておけばよかったわ。
なんで甲3と甲特を残しちゃったのよ!miwaのバカーー!!

とはいっても、2016年後半は漢検1級、2017年~2018年前半にかけては簿記1級でそれどころじゃなかったしなぁ…。

さて、この日は甲種2類・3類・5類の、「マイナー甲種」が複数実施されている日でした。

甲種2類:泡消火設備
甲種3類:不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備
甲種5類:金属製避難はしご、救助袋、緩降機

東京はほかの地域と違い、類によって試験日が異なります。
なので、東京では、電工免許持ちによる科目免除の乙4・乙7以外には、併願受験ができないんですよね(´・ω・`)ショボーン


午前の部は2類と3類、午後の部に5類の試験が行われていました。
2階が2類、3階が3類の受験教室でした。
午前9時10分集合(9時30分から試験開始)となってました。

午前の3類の受験生は、3階の試験教室が(3人掛けの机を2人で使って)ほぼ満室状態。
欠席率は低く、約160~170人くらいの受験生がいました。

ちなみに、甲5と乙7を受けたとき、同室に女性は一人もいませんでしたが、今回は私が確認した限りではほかに二人ほどいらっしゃいました(よかったー)

ところで、3類は科目免除のパターンが複数あります。

①科目免除なし
②甲種4類or5類免状:法令共通(8問)免除
③甲種1類or2類or3類免状:法令共通(8問)・基礎知識(機械6問・電気4問)免除
④電気工事士免状:基礎知識(電気4問)・構造機能(電気6問)の免除
⑤甲種1・2・3&電工免状:法令共通(8問)・基礎知識(機械6問・電気4問)・構造機能(電気6問)

管理人miwaは、甲種2類を受験した時と同様に、甲種1類免状でもって、法令共通(8問)と基礎知識(10問)を免除申請しました(③のパターンです)。
なので、今回は法令類別(7問)と構造・規格(20問)、実技(鑑別5問・製図2問)を解きました。

関係のない問題(法令共通問1~8と基礎知識問16~問25)にはバツをつけて、間違って解かないようにしておく。
筆記のマークシートに、免除した問題に間違ってマークをしないように気を付けました。

なお、二種電気工事士の免状でもって、更に構造・規格の電気問題(6問)も免除にできるんですが、受験申請時に二電工免状の添付が必要→電子申請ができなくなる(面倒くさい)ので、それはしませんでした。

とゆーか構造の電気を免除にしたとしても、結局免除にした部分は実技対策で勉強しなきゃいけないですし、筆記は免除していない残りの部分で合格基準点をクリアしないといけなくなるので、メリットよりもリスクの方が大きいような気がします。

さて、今回の甲種3類の実技試験問題はこんな感じ。

鑑別→
①(写真)閉止弁の名称と目的
②(写真)圧力調整器の名称と目的
③(図)粉末消火設備の弁の名称選択と、図の弁の開閉状態から、どの状態かを選択する(クリーニング時・残圧排出時・ガス導入時・消火剤放出時)
④(図)管継手の名称→誤りのあるものの番号をあげて、正しい名称を記入する。
⑤(写真)不活性ガス消火設備の貯蔵容器の設置場所要件を4つ書く

①②③は、オーム社と電気書院の問題集に類題が載っていたので、難なく解くことができました。

④の管接手は見たことがない形のものがあって、よくわからなかったです(Y継手っていうのかな…なんか3股にわかれているやつ?)。
とりあえず明らかに誤っているだろう…というものは答えられましたが。

⑤はどちらかというと筆記試験でよく問われる論点ですが、いざ要件を4つ書けといわれても4つが思い浮かばず。3つは埋めたものの、1つは空欄で提出してしまった!

製図→
①貯蔵容器の本数に従って、逆止弁を書き入れる。圧力スイッチが作動するように線を書き足す。
②必要な消火剤の量と、貯蔵容器の本数計算(消火剤が二酸化炭素のケースと、窒素のケース。窒素の消火剤単位は問題文に指示あり。)

①の逆止弁記入で、どう記入してもその通りの本数にならず、結局一部矛盾を残したまま解答を提出してしまいましたorz

②は全問正解できている…はず。
今回は、「窒素」が出題されました。
窒素の「防護区画の体積1㎥当たりの消火剤の量(0.516~0.740)」は一応覚えていたんですが、0.52/㎥で計算するという指示がありました。
なのに指示を見落としてしまい、0.516で計算してた(´゚д゚`)
見直しをしていたとき、0.52に気づいて計算しなおしましたが…ひゃ~~危なかったー!!

トータルで見れば、筆記試験の方は多分問題なく点数が取れているだろうから、落ちるとしたら実技だろうな~という感触でした。

とゆーか消防設備士試験は、実技の出来はよかったけど筆記が全然できなかった…という人の方が小数派だと思うがw

ちなみに消防設備士試験(甲種)の試験時間は、科目免除なしだと3時間15分ですが、今回の免除パターン(基礎10問・共通8問免除)の場合は、2時間30分に短縮されます。

甲種1・2・4・5類を受けたときは、いずれも試験時間が余ったので1時間~1時間半後には途中退室しましたが、今回の3類試験では、逆止弁の記入で試行錯誤をしていたため、ほぼ最後のほうまで教室に残るハメになってしまいましたorz
試験時間が2時間半あって助かったーって初めて思いましたw

結果編

そして…消防設備士甲種3類試験の結果が出ました!

国家資格である危険物取扱者試験と消防設備士試験の実施機関です。


結果は…無事、合格です!
よっしゃー!

結果通知書↓


合格はしていたものの、予想通り実技の点数があんまりよくなかったですね。
62%ってギリギリですやん。危なかった~!

さて、これから免許申請の手続きをしまーす。

コメント

  1. 88_73 より:

    甲種3類合格おめでとうございます。
    一つずつ難関を突破されていくmiwa先輩には頭も何も上がりません(笑)。
    私はマークシート慣れしてしまっているせいもあって、乙7類で止まったままです。

    9月が資格試験全くなしでスカスカになっているので、一度は諦めた2級ボイラーを申し込もうと思います。(但し平日試験なので休日ほどの行楽混雑はないと思いますが、問題は職場が休ませてくれるかどうか・・・)

    本棚の中も色んな資格試験の本で埋まっているので、気持ち的にそろそろ長居している参考書を「合格」をもって裏の倉庫へ片付けたい一心もあります。

    • miwa@管理人 より:

      >88_73 さん
      ありがとうございます。
      乙7だけっていうのもそれはそれでマニアックですね(笑)
      消防設備は危険物と違って、科目免除が微妙なのと、記述式があるのでなかなか面倒くさかったです。
      ボイラーは過去問をちゃんとやれば受かりますから、大丈夫です。

  2. りゅう より:

    甲種3類合格おめでとうございます

    東京は受験回数いっぱいあって
    いいな〜

    てか免状申請も100円値上がりしてない?
    以前は2800円でしたよね(・_・;)

    • miwa@管理人 より:

      >りゅうさん
      ありがとうございます。
      東京は、甲4が年10回、甲1が5回、甲種2・3・5の試験日は年5回。
      確かに他の都道府県よりは試験回数は多いですね。
      そうなんですよ。免状申請も地味~~に値上がりしてるのです_| ̄|○

  3. あらまっ!
    これは奇遇です。
    実は自分もその日、同じく甲種3類を受験しました。
    と言うことはつまり、miwaさんと同じ会場にいたということですね。

    まさか当日、ノースリーブの黒い服着てませんよね?
    そんな服装の姉ちゃんが斜め前にいたもんですから少々気が散ってしまい…
    散々チラ見してやりました。WA~~O!!(●^o^●)

    純真なおいちゃんの心に無駄な性欲をかきたてやがって…
    あの女(スケ)め!!


    ところで私の番号も合格者の中にあるのですがまだ通知が届いてません。(川崎なのに)
    計算問題なんて全然分から無かったので超適当に埋めたりしてたので全然自信もありませんでした。
    逆止弁書き込み問題ですが、自分はmiwaさんとは逆に、割とすんなり本数合わせは出来ましたが「指定された個数全部使わないのとまずいのかも…」と思い、無理やり最後の一個をどうでもいい位置に書き込んで終わりました。

    実技は多分、自分もギリだと思われます。
    乙3合格するのに5回目位だった私がまさか甲3を1発でいけるとは…

    「正義は勝つ」

    もはやこの言葉以外には思い当たりません。

    • miwa@管理人 より:

      >平成め組代表さん
      おおっ!あの日、同じ会場にいらっしゃったんですね!
      そちらも合格おめでとうございます。
      >ノースリーブの黒い服
      黒だったかどうかは覚えてないけど、ノースリーブの服ではないので、多分違うと思います。
      逆止弁の書き込みは、なぜか「指定された個数を全部使う」のだと思っていて、ずっとそれで本数合わせをしようとしていたけどうまくいかなくて、それ以下でもよかったんですね。そしたらもうちょっといい点数だったかも…。
      消防設備士は乙種は意外と難しいのではないですかね?
      鑑別でわからない問題があったら結構な確率で詰むw

  4. 蒙古北極樺太 より:

    合格おめでとうございます。
    そういえば笹塚(幡ヶ谷)に最近行ってません。晴海ばっかりです。
    甲3は一度受験しましたが、返り討ちに遭ってしまいました。
    無線関係をクリアするのを優先するために再戦は未定です。
    簿記はあと1点で不合格。こちらは実技+2%で合格。
    採点基準は違えど甲3の1%を簿記の1点に変換できれば。。。と思ってしまいます。
    次です、次。

    そして私の方は、一陸技の合格ハガキが届きました。早速免許の申請してきました。
    これで無線の試験は工学の免除が効きます。
    そして電通主任(伝送)も2科目免除に。受験料が高いのがネックなのでどうしようか悩んでます。
    その前に来月の3海通。また英語で苦戦しそうです。

    • miwa@管理人 より:

      >蒙古北極樺太さん
      ありがとうございます。
      私は逆に最近晴海に全く行ってないですね…。
      甲種2類もそうだったけど、3類はマニアック故になかなか大変でした。
      >採点基準は違えど甲3の1%を簿記の1点に変換できれば…
      簿記でも、実は直前に一つ答えを変えちゃったところがあって(変える前の答えが正解だった)、そこがそのままだったら70点ギリだったんだよなーっていうのはありましたね。
      一陸技、合格おめでとうございます。
      資格マニア的には大変美味しい資格で羨ましい限りです。

  5. yasu より:

    おはようございます。

    消防設備士はいつ動くのかなぁ~?と思っていたのですが、ついに動きましたね
    甲種3類合格おめでとうございます。甲種特類に合格すれば幡ヶ谷卒業ですね。
    試験センターのお手洗いは、昨年7月に私が甲種5類を受けにいったときに工事していましたね。
    1階と2階の間、2階と3階の間、一ヶ所づつ使用禁止にしながら工事していたようです。

    私は来月の電験三種が今年の最初の試験です。今度こそ合格、と思って勉強していますが、思うように進まないのが実情です。
    秋は高圧ガス(乙種機械)と危険物取扱者(乙種4類と甲種)を受ける予定です。

    前の方のコメントに、斜め前の女性が気になった、というのがありますが、わたしも4年前に第一種冷凍機械を受けにいったとき、右斜め前の女性が気になってしょうがなかったのを思い出しました。

    • miwa@管理人 より:

      >yasuさん
      ありがとうございます。
      簿記1級が終わった後にやれるものは何かないかなーと探していたら、ちょうど7/1にマイナー甲種の試験日があったので、受けておくことにしました。
      甲種特類は…うーんどうしようかな?って感じ。
      面倒くさいうえに実用性がないので、もしかしたらこのままFOするかもしれない。
      試験センターのお手洗いは1年かけて改修工事をしていたんですね。
      冷凍一種での女性受験生!その女性の方はどういう理由で一冷を受けていたのか、私も気になります。

  6. MT より:

    引き続き、コメントさせていただきます。
    そして、合格おめでとうございます。

    私は消防試験研究センターの試験は、
    しばらく見送る予定です。

    後々の中小企業診断士の前哨となる試験を考えた場合、
    情報セキュリティマネジメント試験や、
    『金融業務能力検定試験3級 業種別ベーシックコース』及び、
    QC(品質管理)検定等を、優先しなければなりませんので。

    • miwa@管理人 より:

      >MTさん
      ありがとうございます。
      まぁ確かに、診断士が目標ならば、消防試験の優先順位はかなり後ろになると思います(苦笑)
      前哨戦なのであれば、財務会計・情報・経営・経済が優先になるでしょうね。

  7. 名梨権兵衛 より:

    miwa様

    はじめまして。
    いつも楽しく拝見させていただいております。

    私事 偶然ですが同日同時間に甲2試験と格闘しておりましたが、miwa様からの情報のおかげで無事突破いたしました。

    中央試験センターはお手洗いがキレイになったのは嬉しいのですが、最近 喫煙所が無くなってしまったのが残念でなりませんが。

    • miwa@管理人 より:

      >名梨権兵衛さん
      はじめまして、コメントありがとうございます。
      甲種2類というと、同じ午前の試験でしたね。合格おめでとうございます。
      そういえば、ちょっと前までは、入り口の近くが喫煙所でしたもんね。
      そっかーあそこの喫煙所、撤去されてしまったのか…

  8. 猫にゃ より:

    管理人miwa様
    こんばんは猫にゃです。

    甲種3類合格おめでとうございます。
    あとは甲種特類でコンプリートですね。

    こちらは6月の陸特2級に続き、アマチュア無線3級、環境大気常時監視技術者初級技術者、有機溶剤作業主任者をゲットしました。
    現在は今週末の乙4向けて勉強中です。
    (中々覚えられなくて苦戦中ですけど)

    アマチュア無線3級は7月の当日試験を受験したのですが女子の比率が以外に多くビックリです。
    近くに居た女子大生らしき仲良し組が試験落ちたみたいでまた来月も東京にこれるねと言ってたので県外からもいるかとも思いました。

    今後消防設備士の受験を考えているのですがどの類から受けたらよろしいでしょか?
    もしよろしければご教示お願いします。

    • miwa@管理人 より:

      >猫にゃさん
      ありがとうございます。
      特類の受験は…うーんどうしようかな…って感じ。
      もしかしたらここで打ち止めにするかもしれないです。
      環境大気常時監視技術者初級技術者なんていう資格があるんですね。
      初めて聞きました!
      消防設備士を始めるなら、既に電気工事士持ちだったら乙種7類か甲種4類、そうじゃなかったら乙種6類から始めるのが妥当ですね。
      逆に2・3・5類は参考書が充実していないので、他の種目を取ってからのほうがいいです。

  9. うさぴょん より:

    失礼ながら文系とおみうけいたします。
    消防設備甲種合格とはすごいですね、うちの会社の男どもに爪の垢を煎じて飲ませたいw

    • miwa@管理人 より:

      >うさぴょんさん
      元々は文系クラスタです。
      消防設備士試験は記述式もあるのでちょっと面倒くさいですけど、文系でも問題集2~3冊をちゃんと勉強すれば、どうにかなりますよ。

  10. ザッキー より:

    miwaさん、甲3合格おめでとうございます。仙台 ザッキーです。お互いに甲特残すのみですね。是非とも甲特ゲットを目指して下さい。今年中に甲特ゲットと宣言しておきながら、ここのところ、モチベーション上がらず、リフレッシュで、7月上旬、ボイラー技士1級(学科)をドライブ感覚で山形で受験、‘合格‘出来ました。(現JOBでは実務証明は取れないので、将来の飯の種に備えて、塩漬けです。) 本腰を入れて?甲特卒業コースに戻り頑張ります。今後も、近況をご報告させて頂きます。

    • miwa@管理人 より:

      >ザッキーさん
      ありがとうございます。
      甲種特類を受験するかどうかについては、とりあえず日商簿記1級が終わってから改めて考えます(今のところは、甲種3類で打ち止めにする方向で気持ちは傾いていますが、簿記が終わればまた心境に変化があるかもしれない)。
      ボイラー1級、合格おめでとうございます。
      かなり楽勝だったんじゃないですか?