ラフスケッチが10秒で描ける、スケッチ絵話検定

スケッチ絵話検定3級 合格証

IMGP0316

年末年始に在宅で受験した、「スケッチ絵話検定3級」の合格通知が届きました。

インテリア・住生活商品販売のプロを認定するリビングスタイリストなど教育活動・資格認定事業を通して、住生活産業界に貢献します。

ネットまたはFAXで受験申込

払込取扱票が送られてくるので、郵便局口座へ受験料を振り込む

試験問題・解答用紙が送られてくる(申込月の25日迄)

在宅で受験(申込月の25日~翌月1日)

解答用紙を郵送

合格通知の送付

という流れになっています。

試験問題・解答用紙と一緒に、「3級公式テキスト&スケッチ単語練習帳」が送られてきます。

練習帳をなぞり描きをしているうちは、それなりに見られる絵が描けるのですが、いざフリーハンドで描いてみるとものすごくアンバランスで不恰好…。斜上に線を引いたり、程よい大きさでバランスよく描くのはなかなか難しいものがあります。

それでも、単語練習帳が1冊終わる頃には、椅子、テーブル、ダイニング、ベッド、箪笥、階段、窓、トイレのラフスケッチがフリーハンドで10~30秒で描けるようになります。

また、検定試験自体の難易度も、初級ということもあってそれほど高くはありません。
試験自体は、この練習帳で一通り練習した後ならば、難なく全問正解できるように作られているので大丈夫です。

検定としての歴史はまだ浅く、初級のみの実施ですが、なかなか面白い検定試験だと思いますよ。

スポンサーリンク