ぱいぬ島検定 合格ではなくあくまで「受検認定証」

IMGP0286

IMGP0287

12月19日に郵送した、「ぱいぬ島検定」の受検認定証が届きました。
点数は50点満点中50点でした。

ところで、解答ハガキに受検の感想や意見なんかを書く欄があったので、「ひんぷん級より上級の実施はないのですか?」と書いたところ、「上級の検定の発売は現在決まっておりません。発行の際はHPでもご案内します」という小さなメモ書きが添えられていました。
ご丁寧に回答ありがとうございますww

上級の検定が発表されて、在宅で受験可能ならまた受検してみたいです。
いやネタとして受検に行ってもいいんだけど、さすがに検定受検のためだけに石垣島までは行くのはちょっと無理なので…。(※竹富町役場本庁舎は石垣島にある。)

竹富町観光協会「ぱいぬ島検定

本日の1枚:「ジュゴン伝説」

IMGP0285

八重山諸島にはかつて、多くのジュゴンが生息しており、ジュゴンの肉は「不老不死」の薬と信じられていたとか。



(2010/12/19)
年末年始でやる予定だった「ぱいぬ島検定」、昨晩一気に全部解いてしまいました…。
これから解答ハガキを出しに行ってきます。

問題は50問あり、送られてきたパンフレットをくまなく調べても載っていない箇所が多く、googleで1つ1つキーワードを入れて検索して何とか解答しました。
(問題を解くにあたっては、制限時間はなく、どのような参考書を使って調べてもよいそうです)

ところで、この検定、「後日、竹富町観光協会事務局より、受検証明証を発送いたします」って書いてあるので、合否を判定するものではないのかな?まぁ結果が来るのを楽しみに待ってますw



(2010/12/18)

昨日、竹富町観光協会より、「ぱいぬ島検定・ひんぷん級」の問題一式が届きました。
この検定を知ったのは、このお方のブログの「在宅で受験可能な検定・資格!」の記事です。

受験料も(問題送料込で)1,200円とお手頃価格だったので、申し込んでしまいました。私にとっては、京都検定に続いての第2段ご当地検定です。

封筒には
・問題集
・解答用はがき
・ぱいぬ島ストーリー(パンフレット)
・星の砂
・オリジナルポストカード
が入っていました。

検定の方式は在宅受験で、問題を解くのにはどんな参考書を使用してもOKとのこと。
まだ10問くらいしか解いてませんが、年末年始にでもまとめて解答しちゃおうと思います。
今日の1枚「イリオモテヤマネコ(天然記念物)」↓

IMGP0272

西表島にしか生息していない、国の天然記念物です。
そういえば、6年前に新婚旅行で西表島に行ったとき、「イリオモテヤマネコ 飛び出し注意」の看板がいたるところに出ていたのを覚えています。(このときは残念ながら実物を拝見することはできませんでしたが…。というかそう簡単に実物と遭遇はできないのかな?)

あーなんかまた八重山諸島に旅行に行きたいなぁ。あれからもう6年経ったのか。今度行くなら波照間島とか小浜島とか黒島に行ってみたいなと思うmiwaでした。
検定の詳細:竹富町観光協会 「ぱいぬ島検定・ひんぷん級」

スポンサーリンク