【日商簿記3級】独学での合格は可能か?

3級だったら、十分可能です。

でも何がなんでも絶対独学、と決めなくても、簿記3級は比較的講座の料金も安く設定されている(その後2級・1級・税理士試験などの見込み客になるから?)ので、自力でテキストの仕訳の解説が理解ができないなら、無理をせずスクールに通うのもよいでしょう。

スポンサーリンク

3級だからといって甘く見てはいけない

簿記検定は、商工会議所の3級検定の中では、たかが3級とはいえ、なかなか難しい部類の試験だと思います。
3級なのに合格率が3割~5割ですからね。ずいぶんと合格率が低い試験です。

独学の人が必ずぶつかる壁

簿記の最初の壁は「借方」「貸方」ですね。。
どっちが借方だか貸方だか意味ワカンネ【゚Д゚】ハァ?! となってしまいがちです。

そして、何日か勉強すると、なんとなくなんだけど「借方」が増えるときはお金が増えるイメージ、「貸方」は負債が増えていくイメージかな?なんて思っていたら、費用が増えるときは「借方」で、収益が増えるときは「貸方」に記載すると来るから、「借方」=お金が増えていくプラスのイメージじゃないんかい!と混乱してきます。

で、結局のところ「借方」「貸方」って何なの?意味わかんないよ(泣)でストレスがたまるのも事実ですが…、私は今現在でも、借方・貸方の意味については今一つよくわからないままです。

というかわからないままでも、簿記の試験では十分対応できますから、あまり深く突っ込まなくてもいいと思います。
(参考:ウィキペディア「複式簿記」の項目では、「簿記初学者にとって借方・貸方という用語は惑わされることが多いが、単純に借方とは「左側」、貸方とは「右側」を意味するにすぎない。(歴史的な語義は失われている。ちなみに借方、貸方という訳語をあてたのも福澤諭吉によるものとされる。)」と記載されている)

仕訳のルールを覚えてしまえばなんとかなる

karikasi

結局のところは、
借方に記載すべき事項は
・資産の増加
・負債の減少
・純資産の減少
・費用の増加
(・収益の減少)


貸方に記載すべき事項は
・資産の減少
・負債の増加
・純資産の増加
(・費用の減少)
・収益の増加

というルールが決まっていることと、左右の貸借の金額は必ず一致するということを理解したうえで、正しく仕訳ができるかどうかがカギです。

まず仕訳ができないことには、第1問はもちろん、精算表もP/LもB/Sも作れませんから。
良心的なテキストであれば、上記の仕訳ルール図や表が記載されていると思うので、この仕訳ルールをコピーするなりメモ用紙に転記するなりして、慣れるまでは見ながら解いてもいいと思います。

また、問題部分にアンダーラインをひいて、エンピツ書きで「資産の増加」とか「負債の減少」というメモ書きを入れてもいいですね。

勘定科目も、ある程度問題に慣れるまでは「現金(資産)」とか「当座預金(資産)」「売掛金(資産)」「買掛金(負債)」「建物(資産)」「資本金(純資産)」「売上(収益)」「受取手数料(収益)」「支払保険料(費用)」「前払保険料(資産)」「未払家賃(負債)」などのように、()の部分の補足を入れてみると、上記のルールが理解しやすくなると思います。

時間内に解けるようになる練習も必要

簿記の試験は、仕訳や表が正しく「時間内に」作成できることが大切です。

1日目~3日目までは仕訳のルールが今一つよくわからなくても、終版の精算表や財務諸表の作成の練習をしているうちに、なんとなく仕訳のルールがわかってくると思いますよ。

本試験では、いちいち「えーと、売掛金はこれから入金される予定のお金だから資産だな」などと考える時間はありません。だからある程度、機械的にパッと仕訳ができるようになるまで、練習が必要です。

あと、電卓はポケット電卓ではなくて、12桁表示ができる電卓を購入することをお勧めします。また、一本指でキーを叩いていると多分2時間以内に全問解くのは難しいと思うので、テンキーを打つのと同じような感覚で電卓をたたけるよう練習するといいでしょう。

日商簿記3級受験者データ

144(H28.11.20)受験者数120,096名 実受験者数94,411名 合格者数42,558名 合格率45.1%
143(H28.6.12)受験者数106,558名 実受験者数83,915名 合格者数28,705名 合格率34.2%
142(H28.2.28)受験者数114,940名 実受験者数89,012名 合格者数23,701名 合格率26.6%
141(H27.11.15)受験者数107,928名 実受験者数84,708名 合格者数22,094名 合格率26.1%
140(H27.6.14)受験者数102,252名 実受験者数79,467名 合格者数41,910名 合格率52.7%
139(H27.2.22)受験者数102,450名 実受験者数79,460名 合格者数42,990名 合格率54.1%
138(H26.11.16)受験者数110,602名 実受験者数86,659名 合格者数33,363名 合格率38.5%
137(H26.6.8)受験者数101,574名 実受験者数78,726名 合格者数37,824名 合格率48.0%
136(H26.2.23)受験者数99,368名 実受験者数75,049名 合格者数30,690名 合格率40.9%
135(H25.11.17)受験者数119,736名 実受験者数93,781名 合格者数45,045名 合格率48.0%
134(H25.6.9)受験者数110,190名 実受験者数85,585名 合格者数29,025名 合格率33.9%
133(H25.2.24)受験者数109,473名 実受験者数84,846名 合格者数33,513名 合格率39.5%
132(H24.11.18)受験者数122,458名 実受験者数95,847名 合格者数30,622名 合格率31.9%
131(H24.6.10)受験者数107,370名 実受験者数83,409名 合格者数34,294名 合格率41.1%
130(H24.2.26)受験者数107,326名 実受験者数80,887名 合格者数39,693名 合格率49.1%
129(H23.11.20)受験者数135,400名 実受験者数105,106名 合格者数52,326名 合格率49.8%
128(H23.6.12)受験者数118,775名 実受験者数93,091名 合格者数34,075名 合格率36.6%
127(H23.2.27)受験者数119,975名 実受験者数91,077名 合格者数27,970名 合格率30.7%
126(H22.11.21)受験者数148,942名 実受験者数117,180名 合格者数52,133名 合格率44.5%
125(H22.6.13)受験者数144,480名 実受験者数113,269名 合格者数31,592名 合格率27.9%
124(H22.2.28)受験者数126,236名 実受験者数95,092名 合格者数17,906名 合格率18.8%
123(H21.11.15)受験者数140,245名 実受験者数108,429名 合格者数53,728名 合格率49.6%
122(H21.6.14)受験者数136,981名 実受験者数107,000名 合格者数44,086名 合格率41.2%
121(H21.2.22)受験者数122,283名 実受験者数93,453名 合格者数52,779名 合格率56.5%(※管理人合格回)

<参考 資格スクールの簿記講座>
資格の学校TAC<簿記検定>各種コース開講
ネットスクールWEBショップ
簿記 <資格の大原>日商簿記・全経簿記