第131回日商簿記1級申込 今度こそは…

3月28日から、日商簿記(6月10日)の申込が始まっています。
忘れないように申し込んでおきました。

昨年7月の全経簿記上級から、1年弱くらい簿記から離れていたので、私の簿記能力は2級以下に落ちているような気がしますが、ま、やれるだけやってみます。
昨年は3月末から5月にかけて、断続的にP検準1級と危険物乙1・2・3・5・6を入れてしまい、集中力が続かなくなって息切れしてしまったので、基本情報の後にはできるだけ何も入れないように我慢しようと思います。

個人的には5月にあるガンマ線透過写真撮影作業主任者試験を受けに行きたいんですが…五井に行くと1日丸々つぶれちゃうからねw
そういう意味でも簿記1級合格したいのう。来年測量士(か測量士補)試験受けたいし。

日商簿記1級受験日記(2012年6月)

(2012/05/29 追記)

DSC_0484

6月10日の日商簿記試験の受験票が届きました。
試験会場は白金の明治学院大学です。
昨年6月も願書は出していたけど、体調不良で敵前逃亡しちゃったからなー。
梅雨時はどうも毎年体調が崩れがち…。都民になって7年目だけど未だに梅雨はダメですね~。

DSC_0471

残り約10日、せめてパタ解きくらいはちゃんと終わらせるぞー。←目標が低いw

スポンサーリンク

コメント

  1. MT より:

    某資格学校の講師によると、
    「簿記検定は、財務諸表を書く力が
    どれくらいあるか」、ということらしいです。
    ただ私、個人的には、
    財務諸表を書く力より、
    財務諸表を分析する力の方を
    つけたい、と思っています。

  2. miwa より:

    >MTさん
    なるほど、財務諸表を書く力ですか。
    結局のところ、財務諸表を書くためには正しい仕訳が前提になるので、基本が大切ですね。
    読むだけなら簿記は必要条件ではないんでしょうが、私の場合は仕事柄仕訳能力が必要なので、2級所持者との差別化をしたいですね。