刻字作品の製作がスタートしました!

書道の月例課題と並行で、来年1月の日本刻字展にむけて、刻字の作品製作がボチボチはじまりました。


今回の作品は、「曲則全(曲なれば則ち全し)
前年が4文字で彫るのがちょっと大変だったことから、今回は3文字にしました。


スポンサーリンク

○書稿作成~籠字取り

これは老子道徳経からの引用で、「曲がっているからこそ生命を全うできる」という意味です。

後ろには「曲則全,枉則直,窪則盈,弊則新,少則得,多則惑。是以聖人抱一為天下式。不自見,故明;不自是,故彰;不自伐,故有功;不自矜,故長。夫唯不爭,故天下莫能與之爭。古之所謂曲則全者,豈虛言哉!誠全而歸之。(曲なれば則ち全く、枉なれば則ち直く、窪なれば則ち盈ち、敝ければ則ち新しく、少ければ則ち得、多ければ則ち惑はん~)」と続きます。


言葉のとおり「曲がっている」「屈折状態」を表現したいと思ったので、書体は篆書体や金文など、デザイン性が強い曲線っぽい書体で、とリクエストしました。

…そしたら、こんな面白い(?)お手本が出来上がってしまったッ!


昨年の作品は「これ何て読むの?(漢字が難しくて読めないんですけど)」だったけど、今年の作品は「これ何て読むの?(字そのものが読めねーぞ!)」って感じですねw
結局のところ誰も読めないことに変わりないのであった…。

ちなみにこの面白いお手本を書いて下さったのは、私の先生の先生です。
我が儘なリクエストをしてすみません。大変恐縮です。

先生からいただいたお手本はとても面白いんだけど、果たして自分にこれが書けるのか。
よしんば書けたとしても、今度は「彫り」でその書体の面白さがちゃんと表現できるであろうか…。

篆書体(金文)を書くのはもちろん今回が初めてである。
書き方は、隷書体と同様「逆筆で入る」のがコツなんだそうです。

…って、頭ではわかっていても、最初はうまく書けないもんだな_| ̄|○

曲線多めで字の大きさが不均衡でも、横線のラインをどこかで揃えることで、作品に安定感が出るとのこと(なるほど)。


でもこれ、書道というよりは、なんか絵文字を書いてる気分。
でもこういう書体だったら、書道が下手くそなのがバレなくていいかもしれないwww

書稿ができたら、和紙に籠字をとります。

単になぞるのではなく、字(線)が連続するようになぞるのがポイント

木の板に和紙を貼り付けます↓

塗った直後は透明なのだが、乾くと白くなる。

○筋彫り&粗彫り

今回は凸彫りをやります。
凸彫りの場合は、漢字(線)の外側1ミリくらいのところに、大まかに刃を入れる。


筋彫りが終わったら、粗彫りに入ります。
筋彫りの線に対して、薄ーく表面を削っていく感じですね。

筋彫り・粗彫りが大体終わったところ↓

本彫り

次は、実線に対して、深く刃をいれていきます。

鑿をもちかえて、線の幅やスペースに合わせて複数本の鑿を使い分けます。

まだ本彫りの途中ですけど、刃物を扱っているので、これ以上作業を続けると、怪我するor失敗する恐れがあるため、今日はここまで。

今回は横書きなので、木目と刃の方向が合っているのか、横方向で刃を入れると、結構簡単に刃が深く入ります。
だから割りとハイペースで作業が進みます。
そういえば過去2作はどちらも縦書きだったもんね。

【告知】第37回日本刻字展に出品しました&刻字作品製作の舞台裏①(書稿作成〜本彫り)
1/20(土)~1/26(金)まで、上野の東京都美術館にて、「第37回日本刻字展(日刻展)」が開催されます。 その今回の日刻展に、拙作を出...

第62回・玄海全国書道展に作品を出品しました!
7/25(水)~7/29(日)まで、北千住のマルイ(シアター1010のギャラリー)にて、第62回玄海全国書道展が行われます。 昨年は「...


ちなみに本彫りのときは、このくらい深く彫ります↓

まだ表面が荒いというか、ささくれ立ってるところが多いので、このままだと色を塗るときに塗りにくいため、もう少し綺麗に削る予定。


色塗り・箔貼り・額入れは、日商簿記1級試験が終わってから再開する予定ー。

締め切りは年明け1月なので、11月後半~12月が勝負ですね!

コメント

  1. takataka1917 より:

    こんちわ(´・ω・`)/~~

    資格と書道との両立お疲れさまでございます。調子良さそうでなによりでございます。

    私は、本日卓球を久しぶりにしましたが、フォア打ちの感覚が戻りました。中学の部活が卓球でして…おいおいサッカーも再開できればと思います。サッカーは職場のチームに属してました。

    さて、危険物乙4合格しました。来年は他の乙種を制覇したいです。あと、応用情報技術者試験受けましたが、午後問題の点数がどうなのか、何とも言えないです…それと本日、CBTで漢検2級受けました。多分大丈夫なはず…

    • miwa@管理人 より:

      >takataka1917さん
      そんなことしてる暇があったら、簿記1級の勉強頑張れよって感じですね(これで不合格だったらどうしようもないwww)
      卓球部だったんですね。確かに卓球も、久しぶりにやるとちょっと感覚が鈍りますよね(私も、小学校のときに必修クラブで卓球をかじっていました)
      乙4合格おめでとうございます。
      あと漢検2級と応用情報もお疲れさまです。
      乙4がとれたら、あとは性質・消火でほかの類が取れますから、芋づる式に資格を増やすことができますね!

  2. MT より:

    お久しぶりです。

    >今年の作品は「これ何て読むの?(字そのものが読めねーぞ!)」って感じですねw
    私も同じことを思いました。
    miwaさんがおっしゃるように、確かに絵文字のようにも見えますね。

    さて、私の方は、予測通り『国内旅行業務取扱管理者試験』は、
    不合格となってしまいました。
    なお、次の試験は11月18日に変更しました。
    (2018年11月を18日を以て打ち切られる試験ですが、
    私にとっては必要不可欠ですので………)
    全経簿記の試験は、1回見送って、2月の試験に備えます。

    • miwa@管理人 より:

      >MTさん
      漢字自体は単純でも、篆書体で書かれたこの文字をストレートに読める人は少ないでしょうね…。
      小作品なので(サイズは10×30センチです)、今回はちょっと遊び心(?)を入れてみようかなと。
      で、書体辞典を調べたら、「曲」という漢字は書体のバリエーションがとても多かったので、どれにしようかな~と迷ってコレになりました。
      国内旅行、残念でしたね。
      11/18の試験は、語彙・読解力試験ですか?
      今回で最後ですから、これはぜひ合格できるといいですね!

      • MT より:

        >11/18の試験は、語彙・読解力試験ですか?
        その通りです。準1級試との併願も考えましたが、結局は2級試験だけに絞りました。
        この試験は、思ったよりも骨が折れますので(←コラコラ!)

        >今回で最後ですから、これはぜひ合格できるといいですね!
        そうですね。
        昨年6月の試験では、『人工知能』と『知能指数』の単純な英訳を間違えたり、
        漢語(故事成語)に至っても、似たようなミスを犯した挙句、
        時間配分を完全に間違えてしまったので、
        今回はこのようなことがないようにしたいですね。

      • miwa@管理人 より:

        >MTさん
        それでは、有終の美を飾れるよう、頑張ってください。
        人工知能と知能指数の英訳…AI( artificial intelligence)とIQ(Intelligence Quotient)なのですね。
        なるほど、どっちもIntelligenceが入っているのか。

  3. しがないサラリーマン より:

    篆隷は面白いですよねぇ!!
    個人的に一番すきなのは、曹全碑ですねぇ。
    その昔、大学の先輩が、曹全碑全臨を作品にしてましたわぁ。
    来月、先輩方の展覧会があるので、顔を出す予定です。

    • miwa@管理人 より:

      >しがないサラリーマンさん
      篆書体は初めて書いてみましたが、正直どうやって書いたらいいのかよくわかんなくて、ただの写し絵みたいになってしまった…。
      曹全碑の全臨!それは中々すごいですね。
      隷書も書き慣れていないと、なんかついつい楷書っぽい書き方になっちゃいますね。特にハライのところとか。