Microsoft Office Specialist2007 試験まとめ

資格概要:Microsoft Office Specialistは、Word、Excel、PowerPointなどの利用スキルを証明するマイクロソフト認定の資格です。実務で求められるスキルを客観的に測る指標として、世界各国で実施されています。
(公式HPより引用)

試験種類:word(specialist/expert)、excel(specialist/expert)、powerpoint、access、outlook、WindowsVista
試験日:随時(試験会場による)または全国一斉
願書受付期間:試験会場により異なる。オデッセイのHPから申込可能。
受験料:1科目12,390円
写真:不要。ただし身分証明書の持参が必要。
受験資格:特になし。(※小学生以下の場合は保護者の同意が必要)
2回目以降受験には再受験のルールあり。
standardに合格してなくてもexpertの受験は可。

試験地:オデッセイテスティングセンター他、全国各地のパソコンスクール・専門学校など。
試験時間:50分
試験形式:CBT。出題数は20問~30問。
合格発表日:試験終了or試験開始50分経過後、結果画面が表示される。
合格基準・合格率:合格率は非公表。
合格基準は1000点満点中550点~850点(難易度により上下する)

その他特筆すべき事項
・試験結果レポートをもらって随時退室可。
・MOSを1つ以上取得していると、VBAエキスパートの受験料が割引になる(例:VBA excel ベーシックの受験料12,600円→11,340円)
・word excel powerpointの3科目に合格すると、IC3のキーアプリケーションが免除になる。
・word(expert) excel(expert) powerpoint outlook(またはaccess)に合格するとoffice masterの称号が授与される。(2011年12月31日以前にmaster認定された場合であっても2012年以降もマスター資格は有効)

主催団体・HPアドレス
オデッセイ http://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

<受験メモ>
受験日
excel 2010年3月27日(土)
word 2010年4月12日(月)
powerpoint 2010年4月30日(金)
outlook 2010年5月17日(月)
Windows Vista 2010年6月19日(土)
access 2010年6月26日(土)
試験会場
excel、word、powerpoint、outlook、access→ISAパソコンスクール(新宿)
Windows Vista→オデッセイテスティングセンター(横浜)
使用教材:outlook以外は「よくわかるマスターⅠ・Ⅱ」(FOM出版)
outlookは「マイクロソフト オフィス教科書 Outlook 2007」(翔泳社)

点数
excel  1000/1000(680)
word  935/1000(660)
powerpoint  980/1000(700)
outlook  913/1000(660)
WindowsVista  898/1000(650)
access  911/1000

合格率:不明
勉強期間・勉強方法など
1科目につきだいたい3日~1週間程度。
問題集付属のCDでひたすら練習あるのみ。
本試験は50分だが、余裕をもって問題集Ⅱの方の練習問題を30分以内に解けるように練習した。
ちなみに本試験の難易度は、FOM問題集Ⅰよりはやや難しく、FOM問題集Ⅱよりも易しい。

スポンサーリンク