2012納涼資格祭り 第2弾 甲種火薬類取扱保安責任者試験!

DSC_0673

今日は、読売理工医療福祉専門学校(三田)で、甲種火薬類取扱保安責任者試験を受験してきました。
ちょっと家を早く出て、どこかでカフェ勉をしようかと思ったら、田町周辺のドトールは日曜日は休業しているんですね…orz 改札中のベッカーズに入っときゃよかったよ。

DSC_0674

しょうがないんで、専門学校前にあったローソンでドリンクだけ買ってさっさと試験会場に入ることにしました。

スポンサーリンク

紅一点かもと思ったら…

教室の案内(ちょっと見づらいですけど)↓

DSC_0675

甲種取扱(免除なし)が208人、甲種火薬学免除が15人、乙種取扱が70人です。

えーと、丙種製造の受験生はたったの8人ですか?
確か東京都の試験会場はここ1か所なので、東京でも8人しか受験生がいないってことかい!そりゃ東京の火薬類協会で丙種の受験準備講習会が取りやめになるのもわかるわw

試験の性質上、また二級ボイラー技士と同じような雰囲気(*150人の試験室内で紅一点)かなぁと思ったら、自分以外にも6~7人ほど女性の受験生がいて少しホッとしました。あと若い方もそれなりに多かったように思います。

ボールペンを忘れずに!

試験開始20分前くらいから、解答用紙・問題用紙の配布やら注意事項の説明があるんですが、同時に試験結果通知用封筒が配られ、自分の名前と住所を書くよう指示をされます。

私はいつもペンケースに3色ボールペンを入れてあるので問題がなかったのですが(全経簿記などでも返信用の書類作成でボールペンを使うので)、中には「鉛筆だと字が消えるじゃないか!」と試験監督に食ってかかっていた人がいました…。
なので受験票には書いてないけど、ボールペンや黒ペンを一本持っていきましょうw

六肢択一というか、四肢択二というべきか

甲種取扱の試験は13:00~15:00までの2時間で、試験開始30分後から途中退室が可能です。
試験は法令が20問、一般火薬学が20問(どちらも6割以上の得点で合格)です。 出題形式は、(イ)(ロ)(ハ)(ニ)4肢のうちから正解2肢の組み合わせを選ぶ6択問題と、4肢択一の問題です(法令の目的条文と計算問題以外は全て6択問題です。)
問題を解いた感じでは、過去問題と比べても極端に難しいということはなく、何問かを除いては割とサクサクッと解けました。
昨日夜まで一般火薬学がイマイチ自信がなく、ほぼ一夜漬けで知識を詰め込みました。フタをあけてみれば本試験では法令のほうが解答に迷った問題が多かったですね。

とりあえず開始30分で全問をサラッと解き、迷った数問を検討し、見直しをして50分くらいで退室しました。

嗚呼、保安物件の種類を勘違い!

解答速報は明日か明後日に全国火薬類保安協会のHPで発表されるようなので得点の詳細はわかりませんが、試験終了直後の感触と今一つ回答に自信がなかったところだけテキストで確認してみたところ、多分両方とも合格点はクリアできたと思います。

合格発表は10/19(金)です。

ただ、保安物件の種別(第一種~第四種)を勘違いして覚えていました…ヾ( ´ε` )ゞヤッチマッタ

発電所は第三種か!
どういうわけだか、電気関係は第四種だと思い込んでいたんですねw
(第四種保安物件は、国道・都道府県道・高圧電線・火薬類取扱所・火気の取扱所です。)
ていうか変電所も第三種保安物件か~~~!

…ハイ、問13の保安距離の問題も間違えてました \(^o^)/
せっかく、土堤を設けない地上式二級火薬庫は保安距離を2倍にする、ってことを覚えていたのに…そもそもの物件種類を間違えたら意味ねーじゃん!!

乙種と甲種の難易度差は?

危険物取扱者や消防設備士を持っている人にとっては、「甲種は乙種に比べて難しい」といったイメージがあるかもしれませんが、火薬類取扱保安責任者に関して言えば、甲乙の難易度差は危険物ほど大きくはないです。

法令も一般火薬学も、問1~問10までは甲乙共通問題で、問11~問20は種別ごとの問題です。
完全対策や過去問題集には乙種の問題も載っているので、甲種と乙種を比べてみると…

・例えば、爆薬換算と保安距離の問題では、乙種は「火薬(2t)・コンクリート破砕器(10万個)・導爆線(50km)・制御発破用コード(10km)」の4種類しか出てこないのですが、甲種では「火薬・コンクリート破砕器・導爆線・制御発破用コード」
にプラスして
「工業雷管・電気雷管(100万個)・道火管付雷管(25万個)・実包・空包(200万個)」が出題されます。

火薬庫に同時貯蔵できる火薬類の組み合わせ問題も、乙種はただの知識問題なのに対して、甲種は爆薬換算量とセットで覚えないと解けない問題だったりします。

・一般火薬学の計算問題では、乙種は「1自由面発破(ハウザーの式)」「電圧計算(直列結線)」しか出題されないのに対し、
甲種の出題実績は「酸素バランス」「ガス比容と火薬の力」「ベンチ発破の装薬量計算」「砂上殉爆度」「猛度」「電圧計算(直並列結線)」の数パターンあります。
(*ここ数年の傾向を見ると、計算問題はガス比容・ベンチ発破・電圧計算がメインで、酸素バランス・砂上殉爆度・猛度の計算は文章題の一部として出題されているようです)

これ以外にも、主に乙種で出題される論点と、甲種のみで出題される論点もいくつかありますが、選択肢の難易度レベルや知識の暗記にかける労力はどちらも大して変わりはないと思います。 要は甲乙の難易度差は計算問題の難易度とパターンの多少だけってことです。

実際のところ合格率も甲乙でそれほど大きな差があるわけではないし、受験料も他の資格に比べて高め(17,000円!)なので、甲種と乙種のどちらを受けようか迷っている人は、乙種からステップアップするよりもいきなり甲種を受験されることをオススメします

コメント

  1. 渦中 より:

    こんばんは、いつも拝見させていただいております。
    今年は火薬類を受けにいきたいと思っていますので、参考にさせて頂きますね。

    ところで、よくブログ中に紅一点という話がありますが、今日受験した三級金融窓口サービス技能士(テラー業務)は、50人弱の受験者のうち男は私だけで、黒一点でした。なんというか、すごくアウェーな気分になりますね…

    • miwa@管理人 より:

      >渦中さん

      火薬類を受験されるんですね。それは是非がんばってください。
      技術系の資格を受けていたら、紅一点なのは珍しくないので…。
      女性の私からすると、紅一点よりも黒一点の方がなんとなくアウェー感倍増っぽい感じがします(汗)