高圧ガス第二種販売主任者 免状到着

先月東京都環境局に申請していた、高圧ガス第二種販売主任者の免状が届きました。
(※合格証書が届いた翌日、都庁8階窓口で直接免状申請をしました。)

IMG_0472

手帳タイプの、ちょいと古風なデザインの免許証。
でも昔はボイラーとか無線も手帳タイプの免許証だったんでしたっけ。
(私が持っているのは全部カード式だけど)

IMG_0473

IMG_0474


ところで高圧ガスの資格は全部で12種類ありますが、高圧ガス資格のコンプリートは全く考えていません。

なぜかというと、試験日は11月第2日曜日の年1回しかないのと、甲種機械・化学・一冷の学識は記述式だからです。
記述式って…そんなの受かる気がしないんだけどorz

その記述式で厄介な部分については、講習に通って検定試験にうかれば、保安管理技術や学識は免除になるので、全くもって手が届かない資格というわけではないのかもしれません。

ただ、自分としては、講習に通ってまでこの資格をとりたいかというと…そこまでお金をかけて資格を取りたいという気持ちはないんですよね。
高圧ガスの講習にお金を払うくらいなら、他の資格取得の費用にまわしたいのが本音ですw

というわけで、次に高圧ガス関係の試験を受けるとしたら、三種冷凍機械か丙種化学のどちらかにすると思いますが、行政書士試験と日程が被っているのもまた悩みどころではあります。
私は一体どこに向かおうとしているんだwww

てゆーかこんだけ試験種目があるのなら、せめて年2回くらい試験をやってもいいんじゃないでしょうかねー。なんで年1回しかないんだよ。

ま、無事免状も届いたことですし、近日中に有給休暇をとって東京労働局へ行ってきま~す。

2016年1月追記:高圧ガス製造保安責任者試験等の合格率の公表

27年度二種販売の合格率は、全科目受験者が31.2%(1,459人/4,669人)、科目免除受験者が71.6%(2,075人/2,898人)とのこと。
やっぱり今年の試験はけっこう難しかったんですね。

スポンサーリンク

コメント

  1. スコッチ より:

    あらためておめでとうございます
    国家試験だから年一回でよいと思いますよ
    現に受ける人はさほど多くないようですし
    これとる人はたいてい仕事ついてるひとですよ
    マニアックな資格ですからねー
    でもこの資格は講習免除で受けると
    合格率かなり高いですからね
    宅建の5問免除より高いですよ
    みわさん次は漢検ですよね?
    食の資格もいろいろあるし
    そのうち池上彰効果で
    インフルエンザ限定とか
    眼鏡検定とか
    ありえない資格できそうですよ(笑)
    みわさん目指せ千人斬りならね
    1000個資格ゲット目指してください(笑)
    年食ってからもやっていればボケ防止になります

    • miwa@管理人 より:

      >スコッチさん
      そうですね、講習で保安管理技術を免除すると、法令だけのヌルゲーになりますからね。
      この講習検定は、お金はかかりますが、仕事についていて、本当に資格が必要だという人にとっては、そのお金を払ってでも取る価値は十分にあると思います。
      30%台の資格と、70~80%台の資格では、取るための労力がまるで違うし。
      ただ、宅建の5問免除はぶっちゃけあまり意味ないじゃん(笑)って思ってます。
      5問免除部分なんてちょっと勉強すれば4点くらいとれますし…まぁその1点・2点で涙を呑む人が多いから、それだけでも価値があるといわれれば価値はあるかもしれないけど、ボーダーラインに到達できるくらいの勉強をして初めてその価値が発揮されるんじゃないかなと。

      インフルエンザ検定は確か既にあったはずです。
      http://www.heartmask.com/test_sample.html
      資格千人斬りも面白そうですが、私はどっちかというと泣く子も黙る難関資格の方がほしいかなw

  2. 甲種危険人物 より:

    miwaさん、高圧ガス二種販売の免状取得おめでとうございます。

    記事を読んで、あれっ、もう高圧ガスの免状が届いたの?と思いましたが、合格通知が届いた翌日に、都庁の窓口へ直接申請していたのですね。どおりで早いなと思いました。
    私は昨年、都庁の臨時窓口(1月の3連休明けからの平日4日間で設けられる)で二冷の免状申請をしたので、二冷免状が家に届いたのは2月の第一土曜日でした。
    (当時の二冷の試験会場が西巣鴨の大正大学だったので、住民票のある都道府県へ免状申請の電気工事士とは異なり、高圧ガス関係は受験した試験地の都道府県知事へ申請ですね。)

    乙種化学・機械や二冷以上のクラスならわかりますが、丙種や三冷のクラスだと、わざわざ年一で実施するほどの大それた試験ではないような気がします。
    特に三冷は、そう簡単には正解させまいと、選択肢の文章を無理やり捻っているだけで、冷凍サイクルがイメージできれば、意外と簡単に解答できる試験だと思います。
    (強いて言えば、二冷もそうですが、まるで受験者を弄ぶような姑息な言葉遊びで、意地でも引っ掛けさせて不正解へ導こう、という魂胆が非常によく伝わる珍しい試験ではあります。w)

    miwaさんは三冷が取れれば、悲願の(という程でもないか?)ビル管4点セット達成ですね!
    私は先日の2種電工の免状取得で4点ビンゴになりましたが、miwaさんが同じ年度内に1種電工も受けるとなると、スケジュール的には随分タイトで厳しいですね~。さあ、どうしましょう?w
    1種電工を受けるのなら、感覚がまだ少しでも憶えている今年のうちに受けた方が良さそうな気がしますが、秋は名前をよく聞くメジャーな資格試験が結構目白押しですね。
    電験は9月、ビル管試験は10月ですしね。

    • miwa@管理人 より:

      >甲種危険人物さん

      そうなんです。水曜日に結果通知到着→木曜日に有給とって(前もって申請してました)都庁へ行きました。
      1/8の金曜日が〆日にあたるのは知っていたので、その前に申請しておけば1月中に免許ゲットできるなって思ったんで。
      私が申請に行ったときは、前にも後ろにも申請している人はいなかったです。
      高圧ガスは試験地の都道府県に対して申請するんですね。

      ビルメン4点ビンゴw
      三冷抜いて、そのかわり消防設備士乙6と甲種4類じゃダメですかねwwwなんてね。
      一電工筆記が10月で、三冷が11月、一電工技能が12月ということを考えると、やれなくもないかなーとは思います。
      ただし今年の消防設備士甲種4類みたいに、他の試験を入れると、急激に難易度UP!って感じがします。
      秋は、文系資格も多いので本当に悩みますよ。
      宅建と管理業務主任者、貸金業務取扱主任者は受かってるけど、行政書士とマンション管理士が残っちゃってるし。

      • 甲種危険人物 より:

        ビル管やその他施設・設備管理などの業界では、消防設備士の資格自体が、ビル管4点のどれか1点とほぼ同様に評価されることが多いようです。ましてやビル設備に重要な甲4と乙6をお持ちなので、あとは三冷があれば、ビル管業界はもう完璧!ってところですね。
        三冷をお持ちでない今の時点でも、miwaさんは既に4点セットにリーチ+消防甲4&乙6ですから、転職サイトに登録した途端、業界からオファーが続出で引く手余多ですよ!三冷持ってないからダメ、ということはないでしょう。中でも二電工と二ボイラーが大きいですね。(所持資格の評価は応募企業によって変わります。)
        最近は女性のビル施設員もいますから、女子トイレなどの管球交換(蛍光灯などの交換)には大変重宝します。w
        (ただし、残念ながら消防乙7は、ビル設備にはほとんど関係がありません。)

        >一電工筆記が10月で、三冷が11月、一電工技能が12月ということを考えると、やれなくもないかなーとは思います。
        一電工と三冷の両方合格を取るなら、それ以外の試験を期間中に入れるのは、miwaさんと言えどもさすがに厳しいでしょうね。
        私は文系資格は疎いのですが、行政書士がたしか毎年11月の第二日曜日でしたよね?
        三冷と行政書士の試験地をともに東京にすれば、御茶ノ水で三冷が午前中に終わり、午後から水道橋で行政書士ってことが可能ではあるようですが、それだと当日の昼ご飯の時間が問題ですね。w
        でも、miwaさんなら案外あっけなくやってのけるかも?三冷の免状をアップして「ビルメン4点ビンゴ!」というブログの記事を来年の今頃に読んでみたい、と密かに期待している私がココにいます。w

      • miwa@管理人 より:

        >甲種危険人物さん
        女性のビル管はそれはそれなりに重宝されるもんなのですね。
        消防乙7は木造モルタル住宅で使われるやつですよね確か…>漏電火災警報器
        そりゃ確かにビル設備には関係ないでしょうw

        >三冷と行政書士の試験地をともに東京にすれば、御茶ノ水で三冷が午前中に終わり、午後から水道橋で行政書士ってことが可能ではあるようですが

        資格マニアの中にはやっちゃう人もいると思うんですが、私は絶対にやりたくない組み合わせですwww多分どっちも不合格になるフラグがビンビン立ってます。受けるならどっちか一つにします。
        スケジュール的には多分三冷が妥当なのかなと思うので「ビルメン4点ビンゴ!」でしょうね。

  3. takataka1917 より:

    こんちわ(´・ω・`)

    免状取得おめでとうございます。

    理系資格ではないですが、1/28に行政書士試験の合否通知が来まして、無事合格出来ました。おいおい、私の受験対策をブログで書きたいと思います。

    明日は公文書管理検定ですが、テキストのみで問題集がないので、勉強が捗らず、不安でございます(´・ω・`)

    こういう場合は、どう対策をとればいいか分からないです…何かいい方法があるといいのですが…

    • miwa@管理人 より:

      >takataka1917さん
      行政書士おめでとうございます。
      今年は合格率が高かったようですね。
      公文書管理検定なんていう試験があるんですね!
      テキストのみの試験の時は、自分が試験官になったつもりで、ヤマを張りながら読むしかないのかなーと思います。

  4. yasu より:

    こんばんは

    高圧ガスの免状はこうしてみると、第二種電気工事士のように地域によって体裁が変わったりしないようですね。私のも同じものです

    免許証や免状の体裁は、以前は無線従事者や労働安全衛生法(ボイラー技士や衛生管理者など)、危険物取扱者、消防設備士も手帳式でした
    わたしは上記のうち消防設備士だけ、手帳式のものは持ってないんですよ

    • miwa@管理人 より:

      >yasuさん
      高圧ガスは統一様式なんですね。
      じゃあなんで二電工は地域差が大きいのかって思いますよね…。
      手帳式の資格証は重厚感があっていいけど、携帯性は今一つだからな…。携帯することを考えると、カードのほうが合理的ではありますよね。

  5. nuts より:

    三冷の講習会に参加して
    先日、検定を受けて来ました。

    解答速報が本部から公表されており、保安管理は合格見込みです。

    難易度は本試験と大差なく感じましたが、同じ年度に保安管理を2回受けれるチャンスと捉え、大枚をはたき参加しました。

    今年度は残り
    電気工事士の実技
    三冷の法令
    管理業務主任者

    上記3つと、時間があれば
    浄化槽管理士(国家資格)
    あるいは
    下水道技術検定(公的資格)あたりか
    ビル経営管理士(公的資格)
    ⬆︎国家資格のビル管とは別物

    あたりを考えております。
    (余裕はないな…)

    • miwa@管理人 より:

      >nutsさん
      三冷の講習検定お疲れ様です。
      保安管理が合格見込みなら、ほぼ大丈夫でしょうね(多分…)
      浄化槽管理士か、下水道か~。
      どっちも水つながりという感じがしますが、確実に合格するとしたら、どっちが撮りやすいんでしょうね?私はちょっとわからないです。

      • nuts より:

        給水はさすがに実務経験が求められますが、排水は未経験でも受験出来るものが幾つかあります。

        浄化槽は講習経由もありますが、二週間の拘束と13万くらいの費用がかかる形です。

        全てはマン管と管業のリベンジの為に、えらい遠回りしてます
        orz
        急がば回れとも言えますけどね…

      • miwa@管理人 より:

        >nutsさん
        それはなかなか遠回りルートですねぇ(苦笑)
        浄化槽は講習ルートも高いけど、受験ルートもなかなかいいお値段ですし。