事業承継・M&Aエキスパート試験に緊急参戦!

今日は有給休暇をとって、「事業承継・M&Aエキスパート試験」を受けてきました。

この試験は、金融業務能力検定の「法人営業力強化」試験の一つです。

こちらのブログ記事に触発されて調べてみたところ、もしかすると3月にうける経営支援アドバイザー2級と、6月のFP1級実技試験に役立つかもしれない?ってことで、急きょ申し込んでみました。

この試験は、CBT形式で、2/10~4/11まで受験することができます。
ピアソンVUE社のHPから申し込む形になります。)

事業承継・M&Aエキスパート試験対策問題集〈2014年版〉と一緒に、FP技能検定1級実技(資産相談業務)対策問題集も注文。

DSC_1934

特にFPマニュアルは昨年末に買ってあったという気の早さ…これで先日の1級学科試験が玉砕していたら目も当てられないw
(1級学科が合格見込みで、本当に胸をなでおろしているところです。)

ところで…問題集はこんなに薄くて大丈夫なの?これで受かるのか?
でもこれ以上他の教材もないしなー。
あとはきんざいの通信講座「事業承継入門講座(事業承継・M&A3カ月コース)」だけか。

というかこの試験の合格が、「M&Aシニアエキスパート養成スクール(認定講座)」の受講資格となっており、試験の受験資格も「事業承継・M&A業務に従事している方・従事しようとしている方」となっています。

また、『後継者不足に悩む中堅・中小企業の事業承継問題や、近年ますます増加しつつある中小企業M&Aに関する基礎的な知識を問う試験』と書かれているので、それほど難しい知識は問われないのかなと思います。

さて本題。今朝、武蔵小杉(川崎市)のブレイクスルーにて、受験してきました。

DSC_1933

(新宿や渋谷に試験会場があるのに、何でわざわざ武蔵小杉に行ってるの?というツッコミはなしw)
ここはピアソンVUEだけでなく、プロメトリックやCBTS、オデッセイ(MOS)の試験の委託も受けている、テストセンター専用会場だそうです。

テストセンターに入ると、左手側受付がプロメトリック、右側がそれ以外の試験(ピアソンやオデッセイ)となっていました。

試験自体は朝9:30から予約をしていたのですが、9時10分くらいに受付を済ませ、本人確認書類の提示・署名・顔写真撮影・荷物の収納などを済ませました。

待合室では、私以外の受験者の姿は見当たらず。
まぁこんな平日の朝早くに好き好んで試験を受けようという酔狂な奴はあんまりいないか(笑)

既に試験の準備はできているとのことでしたので、9:30まで待つのも面倒くさいから(笑)さっさと試験室に入室することにしました。
(スタッフに先導されての入室です。)

試験時間は100分です。
チュートリアルとか手続き、結果通知の受領などもあるので、試験時間はmax2時間ほどですね。

ただ、○×問題10問と4択問題30問の計40問しかないので、100分まるまるかかる人は多分いないと思いますけど(笑)

金融業務能力検定のHPでは、試験範囲は
中小企業の実態、事業承継関連税制、事業承継関連法制、事業承継に潜む問題点、事業承継コンサルティングと事業承継ビジネス、中小企業M&Aの基礎知識、金融機関や公認会計士・税理士等におけるM&Aの活用、 中小企業M&Aの会計・税務・法務、中小企業M&Aの手順
と書かれていましたが、秘密保持契約の絡みがあるため、残念ながらブログ上では具体的な試験問題の内容を書くことができません。

ただ「(受験資格が)事業承継・M&A業務に従事している方・従事しようとしている方」「基礎的な知識を問う試験」と書いてあるとおり、別にそれほど難しい試験ではなかった、とだけ言っておきます。

20分そこそこで全問解き終え、もう一度見直しをして、試験終了ボタンを押しました。
(※ここまでの所要時間は約30分強です。)

試験室を退室すると、試験結果レポートが渡されます。これで試験終了です。

DSC_1935

今回の試験結果は…96点で合格でした!!
でもあとちょっとのところで満点を逃したので惜しい!?

事業承継
中小企業の実態・事業承継関連税制 15/19
事業承継関連法制 11/11
事業承継に潜む問題点・事業承継コンサルティングと事業承継ビジネス 20/20

M&A
中小企業M&Aの基礎知識・金融機関におけるM&Aの活用 13/13
中小企業M&Aの会計・法務・税務 24/24
中小企業M&Aの手順 13/13

ここでも税法で点を落としてやがるorz
なるほど、この難易度の試験の税法ですら満点が取れないんじゃ、FP1級学科(基礎編)のタックスと相続の点数が微妙だったのも仕方ない話です(苦笑)

合格証書(認定書)は、4月11日以降に発行・送付しますとのことです。

余談ですが、この試験会場ではドリンクの無料サービス(※試験の種類によっては有料)があります。
なので試験が終わった後に、ホットコーヒーをいただきました。ごちそうさまです。

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    取得数が三桁いく勢いですね。
    次なる目標はブログの記事数を上回るとか(笑)。

    • miwa@管理人 より:

      匿名さん

      >ブログの記事数を上回る!

      公開記事数は既に490件くらいあるので、それはさすがにムリでしょう!

  2. GINGINS より:

    こんにちは。

    私も先日これを受検しました。
    会社法の勉強ってほどの内容でもないですが
    なんとなく事業承継のイメージがわいてきた気がします。
    写真撮影があるとは見落としてました。
    せめて髪の毛整えておけばよかった。
    96点ですが…すばらしい。私は87点でした。
    ほんとに金融機関にお勤めではないのですか?頭が下がります。

    • miwa@管理人 より:

      >GINGINSさん
      私も写真撮影があるのを知らず、微妙な顔で写ってしまいました…。

      ホントに金融機関勤務じゃないですよ。
      ただ、この試験は金財系の検定試験(金融業務能力検定)なので、FP学科試験と性格が似ているという印象ですね。
      民法や税法の勉強をしたことがある人なら、あの問題集を一通りやって落ちる人は殆どいないような気がします。