銀行業務検定法務3級・税務3級 ダブル合格+勉強法

10/27に受験した、銀行業務検定法務3級と税務3級の結果通知が来ました。ホントは11/21発送だったはずなのですが、祝日を挟んでいたため、届くのがいつもより遅かったです…。

スポンサーリンク

法務3級 結果

DSC_1821

DSC_1819

自己採点どおり、72点で合格です。
全体席次は1,195位でした。
今回の法務3級は、全体平均点が47.78点(合格点60点)、全体受験者数24,971名、全体合格者数5,827名、全体合格率23.34%とのことです。

順位は…良くも悪くもなく、といったところか。それにしても3級なのに合格率が低いのな。

税務3級 結果

DSC_1822

DSC_1820

こちらも自己採点どおり、86点で合格です。
全体席次は69位でした。
今回の税務3級は、全体平均点が47.76点(合格点60点)、全体受験者数13,021名、全体合格者数3,478名、全体合格率26.71%とのことです。

※法務3級の合格証書と色合いが違うのは、単に私が画像の加工に失敗しただけです。

順位がまさかの二桁順位。思っていたより良くてビックリしました。こっちも合格率3割を切ってますね~。

法務3級 勉強方法

3級なので勉強法というほどの勉強法があるわけじゃない(法務3級も税務3級も、やっていたことは過去問題集を9割くらい解けるようになるまで繰り返しただけなので…)ですが、参考まで。

使用教材銀行業務検定試験法務3級問題解説集〈2013年10月受験用〉
勉強期間:3週間(※税務3級と並行) トータル20時間くらい
取得にかかった費用
受験料 3,150円
受験対策シリーズ 法務3級 2013年6月・10月受験用 2,520円
法務3級問題解説集 2013年10月受験用 2,940円
合計:8,610円

勉強法

とにかく過去問題集に載ってる問題が全部解けるようになるまで、数回回しました。
結果的には、本試験までに問題集に載ってる問題は9割くらい解けるようになったところで本試験の日がきました。

最新の過去問は解説が問題の後ろにまとめてついているので、この部分だけは敢えて手をつけず、直前に模試として解くことにしました。
前日夜にやってみたら7割取れてたので、よっぽど変な問題が出ない限りは合格点が取れるのでは?という手ごたえはありましたが…まだいくつかよくわかってない、理解があいまいな論点もあって微妙に不安でした。

この「一人模擬試験」は、1週間前~3日前に済ませておきたかったですね。
この試験では前日夜の時点で7割とれていたからまだリカバリができたけど、これがもし(試験前日夜の時点で)4~5割くらいしか取れない状態だったら、そこからリカバリーするのはちょっと難しいですから…。

受験対策シリーズは殆ど使いませんでした(やる暇がなかった。)
過去問⇔受験対策シリーズの往復ができればもう少し点数の上積みが出来たと思うのですが、合格点をとるのだけが目標なら過去問の問題を読む⇒正解と解説を読んでインプットする、でも十分合格点はとれます。
(問題のうち8割は過去問の焼き直しなので)

役に立つサイト
全銀協の金融経済教育コンテンツ~動物たちと学ぶ 手形・小切手のはなし

金融機関に勤めていない人にとっては、手形・小切手は現物を見たことがなくてイメージが湧きにくいと思いますが、ここのページを読むと手形・小切手の見本や記載例が載っていて参考になります。
私はこれで「線引小切手」の意味がようやくわかりました(笑)
昔、ビジ法でちょこっと手形法の勉強をしたんだけどな…すっかり忘れてしまってたわ。

<法務3級の注意点>

法務3級の合格ラインは、トータルで6割以上なんですが、それ以外にも各科目(預金、融資、手形・小切手)で4割以上の得点が必要になります。

ただ、全体で6割以上がとれるのなら、手形・小切手で基本的な問題を落とさない限りはあまり神経質にならなくても大丈夫だと思います。

過去問題集(5回分収録)の問題が9割以上完璧に解けるようになれば、結果的には各科目ごとの基準点はほぼクリアできているはずだし、預金や融資で4割を切っているようだとそもそもトータルで6割以上とること自体が厳しいからです。
なので、まずはトータルで6割以上とれるようにしましょう。
その上で、預金、融資、手形・小切手の基本問題(正答率が50%以上の論点)と出題頻度が高い問題(※問題集巻頭に出題傾向が載っていますので、参考にしてください。)を落とさないようにすれば大丈夫でしょう。

法務3級の難易度

★★★☆☆☆ (C 普通)

法務3級については、各分野ごとに4割の足切りラインがあるので、預金・融資・小切手はどれも最低限の勉強が必要です。
といっても、過去問5回分(≒過去問題集1冊)をきちんと勉強していれば、そんなに恐れることはないです。

また、銀行で実務をやっている人ならともかく、そうでない人にとっては初めて目にする事項が多いと感じると思います。
個人的には、ビジネス実務法務検定2級よりも理解しづらい論点が多いと感じました。

でも過去問を一通りやっておけば6割を超えるのは(合格率ほどには)難しくないという印象です。
8割以上とるのは結構大変だけど、6~7割とるのは過去問をまわせば何とかなるという感じですかね。

法務3級に限らず、銀行業務検定の3級試験はスタンダードな良問が多い&似たような問題が繰り返し出題されるタイプの試験なので、過去問5回分を9割~9割5分解けるまで勉強すれば、本試験では7割~8割の得点は十分とれます。

そこから更に8割以上の得点~個人賞(≒満点)を狙うなら、受験対策シリーズもきちんと読み込んで対策をする、更に上級の資格の知識が必要、という感じです。

他の資格・検定との関連性…○貸金業務取扱主任者、○ビジネス実務法務検定、△行政書士、△宅建

法務といっても、他の法律系国家資格とものすごく密接に関連しているかといえばそれほどでもないです。
銀行実務+民法+その周辺の法律という感じです。
勿論、民法系の勉強経験があれば有利には間違いないんだけど。

税務3級 勉強方法

使用教材銀行業務検定試験 税務3級問題解説集〈2013年10月受験用〉
勉強期間:3週間(※法務3級と並行) トータル25時間くらい
取得にかかった費用
受験料 3,150円
受験対策シリーズ 税務3級2013年10月・2014年3月受験用 2,730円
税務3級問題解説集 2013年10月受験用 2,940円
合計:8,820円

勉強法

これも法務3級と同じく、過去問題集に載ってる問題が全部解けるようになるまで数回回し、試験前日に最新問題を模試代わりに解いてみただけです。
受験対策シリーズは持ってましたが、殆ど使いませんでした(読む時間がなかった)。

税務3級では8~9問ほど計算問題が出題されるので、別途時間をとって計算問題の練習もしました。
計算自体は複雑な計算は出ないので、一度まとめて練習して理解しておけば、類問が出題された時もスムーズに解けるようになると思います。

ただ、本試験では、過去問題集に載っていなかったパターンの計算問題は解けませんでしたけどね(苦笑)
受験対策シリーズもちゃんと読んで、計算手順は一通りおさえておけば尚いいのかもしれません。
合格点をとるのなら、最低限、過去問で出てきた計算問題くらいは解けるようにしておいたほうがいいでしょう(計算自体は単純なので、やり方さえわかっていれば得点源になります)。

あと、法務・税務・財務の3級については「直前整理70」という要点がコンパクトにまとめられたテキスト?も売っています。
私は使ってなかったけど、本屋で立ち読みしてみたら、受験対策シリーズよりもわかりやすくスッキリと要点がまとめられていたので、受験対策シリーズの代わりにコレを使ってもいいんじゃないかなと思いました。

※銀行業務検定のテキスト・問題集については、経済法令研究会のHPで会員登録・注文すると、1500円以上の注文で送料無料で購入できます。
新刊の受験対策シリーズ・過去問題集を買うな、ら経済法令研究会のHP経由で買った方がお得ですね。
(amazonやブックオフは古い過去問を安く買いたいと思ったときに利用すればいいと思います。)

税務3級の難易度

★★★☆☆☆ (C 普通)

税務3級は、所得額や控除額、税額の計算問題が数問出ますが、計算問題そのものは単純なので、過去問題集を使って一通り練習すれば、大半の問題は解けるようになります。(税率や控除額に注意が必要)

その意味では択一式の知識問題よりも得点源にしやすいとも言えますが…結構過去問にないパターンの問題も織り交ぜてくるので、最低でも過去問に出たことがある計算問題くらいはきちんと解けるようになればいいと思います(むしろ過去問と同じパターンの計算問題はサービス問題だと思った方がいいです)。

個人的には貸金業務取扱主任者試験の前哨戦として法務3級(午前)を申し込み⇒午後の試験はどうしようか?法務2級はキツそうなので手堅く税務3級の併願にしよう、くらいの気持ちで申し込んだのですが、勉強してみたら思っていた以上にFP1級のタックスプランニングの勉強に役に立つかも、という気がします。
法務3級のオマケ感覚で受験したけど、受験してみてよかったと思いました。

他の資格・検定との関連性…◎FP技能士(C金融資産、D分野タックスプランニング全般、F分野相続税関連)、△簿記(減価償却費関連)、△証券外務員(利子所得、配当所得など)、△宅建(印紙税・不動産取得税など)


コメント

  1. 意思マン より:

    どうも、意思マンです。
    法務・税務合格おめでとうございます。
    私は税務3級66点で合格でした。
    法務はやはりだめでした。
    税務66点で1810番でした。
    100番以内はやはりすごいです。
    法務はmiwaさんの勉強方法を参考にして
    又、がんばります。
    全経の税受験するのですね。
    私も考えたことありますが、受験するのに
    不便なところばかりで、考えてしまいますね。
    がんばりましょうね。では又・・・

    • miwa@管理人 より:

      >意志マンさん

      ありがとうございます!
      税務66点だと1810番なんですね。
      自分的にはここまで順位がよかったのなら、もう少し突っ込んで勉強していたら個人賞がとれたのかも…と思ってしまいました(笑)…最初は合格点狙いだったはずなのに。

      今回は合格率が低いのにどちらも合格点が60点のままでしたけど、60点を合格点のままにしておくと合格率が20%を切っちゃうような場合に合格ラインが下がるのかなと推測します。

      全経の税法能力検定は都内に試験会場がないんですよね。
      まぁ横浜・川口・千葉に会場があるので、その中でアクセスのよい会場を選べばいいのでしょうけど…。
      横浜と川口は主要な駅から近いので、まだマシかなぁと思います。

  2. 超セク氏 より:

    おめでとうございます♪ ダブル合格とかスゴイですね。片方受かるだけでもスゴいと思うのですが・・・

    といいつつ、私も3月に「年金アドバイザー3級」と「相続アドバイザー3級」を狙ってみます。
    相続は新資格の上、何か四択みたいなのでねらい目かも・・・。

    • miwa@管理人 より:

      >超セク氏さん

      ありがとうございます!
      同じ種目の級違いならともかく、違う種目でのでのダブル受験は3級とはいえ微妙に不安だったのですが、フタをあければ両方とも合格していてよかったです。

      相続アドバイザー3級は4択なんですね。書店で予想問題集を見たけど…すごい薄かったですよ(笑)
      私も興味ありますが、来年3月は経営支援アドバイザー2級を受ける予定(もうテキストと問題集は買ってます)なので、残念ながら相続3級は見送りです。