保育士試験2日目~小児栄養難しすぎ&保育実習理論の第1問目が意味不明すぎる件

hoikusihikki2

保育士試験2日目。

受験科目は

小児栄養
保育原理
教育原理
養護原理
保育実習理論

の5科目でした。
さすがに疲れました。

注;平成25年度より、養護原理は「社会的養護」、児童福祉は「児童家庭福祉」、「発達心理学・精神保健」が「保育の心理学」、「小児保健・精神保健」が「子どもの保健」、小児栄養が「子どもの食と栄養」に名称変更となっています。

スポンサーリンク

あと1問で実技に進めたのに…

家に帰ってきてから、キャリアステーションの解答速報
キャリア・ステーションによる保育士試験解答速報を掲載しています。保育士試験解答見解を掲載!メルマガ登録すると解説を見ることができる特典も付きます。
で、自己採点をしたら…

……小児栄養、落としちゃったΣΣ┗(|||`□´|||;;)┛ガーン!!

しかも得点は11/20!
ええーーっ!あと1問だったのかよっ!(。´Д⊂) ウワァァァン!!

ちなみに養護原理はぎりぎり6/10!(教育原理は7/10でした。)危ない危ない…。
こっちはギリギリセーフでも合格点が取れててよかった!

試験が終わった直後、これは落としたかも…と思いましたが、何とか合格点がとれていて本当にホッとしました。
だって教育原理は合格点がとれていても養護原理を落としたら、また来年も教育原理・養護原理をセットで受験しないといけないですから、これは大きいです。

……それにしても、あと1点で実技試験に進めたのかぁ…。そう思うとなんだか悔しいですねー。
でも小児栄養以外の科目は来年と再来年は免除になるので、そこは救いです。

1科目目:小児栄養

問題を見た瞬間、これはヤバい…落ちた!Σ(´Д`lll)と思いました。
4択(または5択)のうち、2~3択はわかるんだけど、残りの1~2択が何がなんだかよくわからなくて絞りきれなかったという感じでした。

日本人の食事摂取基準―厚生労働省「日本人の食事摂取基準」策定検討会報告書〈2010年版〉

統計問題はしょうがないとしても、せめて栄養素、食品、日本人の食事摂取基準〈2010年版〉 など、テキストに載っている項目については完璧にマスターしたいところですね。

そのくらいやらないと、12問正解するのは難しいのでは…?
*現にキャリアステーションの筆記試験合格率を見ても、小児栄養は一番合格率が低いみたいです。

後日談:ていうか、厚生労働省のHPに「日本人の食事摂取基準」(2010年版)の報告概要とPDFが載ってるじゃないかっ!
完全に情報収集不足だったよ!!

2科目目:保育原理

保育士試験って著作と人物の結びつき問題が好きですねぇ~ww
でも人物&事項&書物のトリプル組み合わせにちょっとビックリ。うーん。。

またデューイきたよコレ

シュナイターの「オイリュトミーを提唱した」って何?シラネ(゚⊿゚)
(注:wikiによると、シュナイターによって提唱された身体表現の1つ、ですって)
とりあえず、選択肢Bのエレン・ケイの「児童の世紀」は○だけど、ハンガリー民謡の研究はしていない(…はずだ)、たしかこれはコダーイじゃなかったか?と思い、選択肢1と4が消える。

選択肢Dのモンテッソーリ-「学校と社会」-「子どもの家創設」
「子どもの家」は○だけど、「学校と社会」はモンテッソーリじゃなくてデューイだよな?ということで×。これで「3」を選択したら合ってましたw
ま た デ ュ ー イ か 児童福祉第1問目の再来!?

3科目目:教育原理

もう著者問題嫌だ┐(´-`)┌ 飽きた。
てか問5の「神的なものから、神が生じ、神的なものによってのみ、神によって…」って過去問で出てたような気がしたんだけど、ペスタロッチだったかフレーベルかで迷ってペスタロッチにしちゃったよ(正解はフレーベル)

前日にたまたまテキストを読んだ箇所がラッキーヒット!

問6(大正期から昭和期にかけての人物名:山本鼎・鈴木三重吉・北原白秋)、問10(生涯教育~ラングラン「生涯教育入門」、ハッチンス「学習社会論」、OECD「リカレント教育」)は前日にテキストで読んで確認しておいたところが出題されてラッキーでした。
てかここを読んでいなかったら、教育原理落とすところでしたΣ(゚д゚lll)アブナッ !

4科目目:養護原理

もうすこし児童福祉と社会福祉とリンクさせながらの勉強をするべきだったかな…と。
てか半分疲れと眠気でなんかヤケクソになっていたような気がするw
自己採点の結果は、6/10とギリギリセーーーーーフ!!!

これが25点か30点かで天国と地獄にくっきりわかれるなんて怖いですね。

オリバー・ツイストェ…

それにしても、オリバーツイスト……orz
アメリカじゃなくてイギリスか~~~っ!やられたッ!

オリバー・ツイスト [DVD]

5科目目:保育実習理論

イントロ関係なくね?

第1問目の童謡イントロ問題は、過去問だとイントロ4小節と歌に関連した季節(春の歌・夏の歌)や物事(のりものの歌、食べ物の歌など)を結びつける問題だったのですが、今回の選択肢は、

「昭和時代に作られた子供の歌」「大正時代に作られた子供の歌」「明治期の唱歌」「歌い継がれてきたわらべうた」
って…曲はわかったとしてもいつの時代に作られた歌かなんてシラネーヨ(゚⊿゚)

さらに、問2 B 最も遅い表現を示すものはどれか?
ア andante / イ presto / ウ allegro / エ grave


エのgraveって何だろう?初めてみる表記でよくわかんないので、とりあえずアのandanteにしちゃいましたが…間違ってました。graveは「グラーヴェ」と読むんですね。意味は「荘重におそく」という意味だそうです。。
あ、そうなんですか?としか言いようがありません。これを機会に覚えてください問題か?

「さんぽ」の作曲者って誰ですか?

あと『「となりのトトロ 」でうたわれる「さんぽ」の作曲者は大中恩である』という選択肢があったんですが、すいません、私ジブリ映画みないんで全然知りませんでした。

この選択肢にはテキトーに×をつけちゃいましたが、家に帰ってwikiで調べたところ、さんぽの作曲者は久石譲さんだったんですね。
(´・∀・`)ヘー
この曲小学校6年生の学芸会の器楽で演奏したんですがねー…覚えていませんでした(爆)
だって小学生のときの話だもん。作曲者までは意識しないですよね。

音楽問題はこんな感じで6問出題されました。とりあえずコードネーム、移調問題2問が正解していたのでよかったですが。ここで3点分取れていなかったら合格点は取れなかったでしょう。

「窓ぎわのトットちゃん」に載っていた話

ちなみにトトロが出題された問6はあてずっぽうでマークしましたが正解でした。
余談ですが、「トトロの作曲者」の選択肢の組み合わせには、「リトミックの開発者はコダーイである」という選択肢がありましたが、これは自信をもって×にしました。
窓ぎわのトットちゃん (講談社文庫)
なぜなら、黒柳徹子の「窓ぎわのトットちゃん」で、リトミックはダルクローズが開発し、小林宗作氏がトモエ学園に導入したこと、トモエ学園では毎日音楽の時間があって、ピアノの音にあわせてリトミックをやっていたという話が載っていたな、って覚えていたんです。

今年の音楽は難しいなと思いましたが、他の美術問題(アクリル絵の具、版画の技法、紙に関する記述)も今一つよくわかりませんでした。

総括というか反省点

たかだか1か月少々で10科目を網羅するのは無謀でした。

それでも、今回受験してわかったことは、「U-CANのテキスト(市販) +問題集 +全国保育士養成協議会に載っている過去の保育士試験問題(5年分)」の3点をきっちりマスターすれば、十分に合格点にはたどり着けるのは間違いないってことです。6割とれればいいんですから。

あとは、各科目間でリンクしている箇所が結構多い(社会福祉―児童福祉―養護原理、発達心理学―保育所保育指針、保育原理―保育実習理論、小児保健―小児栄養など)ので、科目間を横断するような勉強を心がけるべきかなと。

今回私が小児栄養を落っことしたのは、自分の勉強不足が原因(細かい箇所のツメが甘く、選択肢を絞り切れなかったのが敗因)なので、この点にさえ気をつければ来年は合格できるかと思います。

あと、普段から、医療・福祉・教育・子ども・栄養関係のニュースやトピックスをチェックしておくと、1~2点点数が上乗せできるかもしれませんね。科目によりけりだけど、テキストには載っていない時事ネタも1~3問出題されるみたいですから。

参考→厚生労働省:子ども・子育て:保育関係


今年はこれで保育士試験は終わってしまったので、今日はこれから2週間後に控えている心理学検定 の勉強を始めます。それでは~(⌒∇⌒)ノ””

ユーキャン・解答速報
キャリアステーション・解答速報