保育士試験は独学でも合格できますか?

このブログには、保育士試験関連のキーワードで来られる方が結構いらっしゃるのと、もうそろそろ平成26年度保育士試験の願書請求・出願の時期がやってくるので、久しぶりに保育士試験関連の記事を書きます。

20130916

テーマは「保育士試験は独学でも合格できるか」です。

yahoo知恵袋・教えてgoo・発言小町などの質問サイトでも、この手の質問をたまに見かけるので、私なりの独学に対する見解を書きます。

※注:実技試験は合格率が高い(2回以上不合格になる人は殆どいない)&既に言語と絵画の独学勉強法についての記事*を書いているため、ここでは「筆記試験の独学合格可能性」に絞って書きます。

*(言語:独学で保育士実技試験(言語)に合格するために① まずはお話選びから、造形:独学で保育士実技試験(絵画制作)に合格するために必要な2つのこと

スポンサーリンク

独学でも「勉強法次第で」合格できます

結論を先に言ってしまうと、独学でも、合格はできます。
ただし、「要領よく」勉強しないと、筆記試験全科目合格まで数年かかります。


筆記試験の全科目一発合格者は受験生の中では少数派ですが(実際には2~3年かけて取得する人が多いですね)、勉強のやり方次第では全科目一発合格も十分可能ではあります。

税理士試験のように、全科目一発合格者が数年に1度いるかいないかというレベルの試験ではありませんので、そこは安心してください。
(税理士試験は科目合格が終身有効なので、わざわざ5科目を一括で受ける人自体が少ないという事情もありますが…)

過去問分析ができるかどうか

さて、私が2010年にやっていた勉強は、過去問数年分を繰り返し解くことがメインでした。
まずは書店で基本書2冊(ユーキャン速習レッスン上下巻)と厳選過去問題集1冊を買ってきました。

2014年版 U-CANの保育士 速習レッスン(上) (ユーキャンの資格試験シリーズ) 2014年版 U-CANの保育士 速習レッスン(下) (ユーキャンの資格試験シリーズ) 2014年版 U-CANの保育士 厳選過去問題集 (ユーキャンの資格試験シリーズ)

過去問題集と公式HPからダウンロードした過去問5年分から出題傾向を分析し、良く出題されるところは重点的に速習レッスンを読む、そうでないところはサラッと流して、あとは繰り返し過去問を解いていました。

なので、他の資格試験の勉強と比較しても、とりたてて特別な対策をしたわけではありません。
勉強中に試行錯誤したことといえば、実技の言語の絵本を何にしようかな?そもそも絵本なしでお話ってどんな感じで喋ればいいのか?ということくらいです。

少なくとも、筆記試験の段階では「何をどうやって勉強したらいいのか」という迷いはそんなになかったと思います。

ただ、社労士と同じ厚生労働省管轄資格ということは、選択肢に意地悪な部分や曖昧な部分もあるだろうなと思ったので、社会保険労務士試験の択一式勉強法を応用して勉強した記憶があります。

そもそも勉強開始の時期がその年の6月中旬で、全科目はムリでも1科目でも多く合格したい、とにかく過去問で問われたことがある論点を1つでも多くインプットしなきゃ、という感じだったので、余計なことを考えている時間や迷っている時間がなかったともいう(笑)

あ、「過去問を繰り返し解く」というのは、単に過去問で出てきた問題と答えをそのまま暗記するという意味ではありません。
勿論そんな勉強では受かりませんよ。運転免許の試験じゃあるまいしw

じゃあ過去問は何に使うのかというと、よく出題される論点は何か、どの程度の知識の深さが必要か、知識問題と現場思考問題(≒常識で考えれば解ける問題)の割合、過去問踏襲率がどのくらいかなどを掴むためにやるのです。
勿論知識として、問題文や解説をそのまま丸暗記する項目もありますが。

過去問を数年分繰り返し勉強したことで、
・どうやら「保育所保育指針」が重要そう(科目をまたいで何問も出題される)
・保育や教育・福祉に関する人物名や功績をセットで暗記する必要がありそう
・10問科目(当時の精神保健・発達心理学・教育原理・養護原理)は過去問サンプルが少ないからテキスト(出題実績のない論点)や予想問題もチェックしておいたほうがよさそう
・保育実習理論の音楽問題(楽典)は毎年似たような傾向なので落とすと勿体ない
といったことが見えてきたわけです。(参考:保育士筆記試験で合否を分ける8つの重要論点と関係法令

独学の向き不向き…独学の落とし穴

こういう人は独学でも問題ありません

自力で過去問分析ができる人
勉強の優先順位がつけられる人
細かいことをあまり気にしすぎない人
試験に出ないところは思い切って捨てられる人
他の難関国家資格試験に独学で合格した経験のある人
まずは試験に受かればいいと割り切って勉強できる人
自分の実務経験・子育て経験に固執しすぎない人


については、市販の書籍を使った独学・通信講座を使った勉強でも十分合格できます。一発合格も十分狙えます。
運悪く1~2科目は6割を切って翌年に持ち越す科目があったとしても、2~3年以内に全科目合格することは可能でしょう。

「勉強はあまり得意じゃないけど、子育て経験や保育の実務経験はある人」と「子どもはいないし実務経験もないけど、難関資格試験や難関入試を突破したことがある人」がいたら、後者のほうが試験に合格しやすいのが事実です。

これは、「子育て経験や実務経験が役に立たない」という意味ではなく、「合格率が低い・そう簡単には受からせてくれない試験なので、効率の良い試験勉強のノウハウがわかっている人の方が(子育て経験・実務経験よりも)有利」という意味です。

保育士としての資質は前者のほうがあると思うけど、試験への適性は後者のほうがあるということです。勿論両方持っている人が一番最強なのは言うまでもありません。

学生時代に真面目な生徒だった人ほど要注意!?

逆に、勉強法がマズいと、何年受験してもなかなか全科目合格にたどりつけません。

実際、「何年も受けているけど、残り1~3科目がなかなか受からない…」と悩んでいる人が少なくないのも事実です。

個人的には、いわゆる「学生時代の真面目な子の勉強法」「ガリ勉」を貫き通す人は、合格ラインに到達するのはかなり時間がかかるだろうと思います。

勿論、ガリ勉スタイルでも合格できるけど、相当時間がかかります。
何年かかってでも最終的に保育士証をゲットできればそれはそれでいいのでしょうが、中には何年受験しても全科目合格できないまま、泣く泣く資格取得を諦めてしまう人も少なくありません。

せっかくやる気や情熱があるのに、勉強法が悪いがゆえに資格が取れないのは、時間もお金も勿体ないと思います。

※なお、ここでいう「学生時代の真面目な子の勉強スタイル」とは、
教科書を最初から最後まできちんと丁寧に読む、教科書をカラフルなラインマーカーで塗りたくる、綺麗なまとめノートを作る、何冊も参考書や問題集・資料集を揃えないと気が済まない、塾でもらった教材は全部やる
といった行為を指します。

教科書を隅から隅まで読んだり、まとめノートを作ったりするのは、試験範囲が狭い学校の定期試験で満点を狙うには有効かもしれないけど、出題範囲が幅広いマークシート択一式資格試験で各科目6割以上の得点を取るにはいささか効率が悪いと思います。

個人的には、あんだけの出題科目の多い試験で、オリジナルノートとかよく作れるな~と思うけど…。自分には絶対ムリっすね。

なので、学生時代以来久しぶりに勉強をする人や、これまでに難関試験を突破した経験がない人は、独学の勉強法の本を1~2冊読んで、効率の良い勉強法を取り入れるように工夫しましょう。

★勉強法の本で個人的にオススメ↓
偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法  杉山 奈津子
資格マエストロがこっそり実践する 驚異の『合格』勉強術 鈴木 秀明
短期合格者だけが知っている! 「一発合格!」勉強法 超速 太朗

どれを選ぶかはお好みで。

結論

20130916-2

保育士筆記試験は独学でも合格できることはできるが、勉強法を間違えると数年にわたって泥沼にハマる。
・独学のコツは過去問分析と情報の取捨選択にあり(他の国家資格試験と同じ)
・試験範囲は広いけど、あくまで各科目6割とれれば受かる試験だということを忘れないこと。


<平成29年追記>

現在の保育士試験は、年2回実施されているので、受験のチャンスは3回から6回に倍増しています。
従来に比べると、合格のチャンスは増えているため、諦めずに頑張れば、3年以内に十分合格できると思います。

ただ、試験の回数が増えても、試験の難易度が劇的に簡単になっているわけではない(科目ごとの難易度のばらつきが大きいのは変わっていない)ため、油断は禁物です。

受験のチャンスが最大6回に増えたとはいえ、自然災害で試験が中止となっても、後日再試験はおこなわないとのことなので、後期試験でリベンジ使用と思っていたらアテが外れてしまうこともあるでしょうしね。
初受験なさる方は、できるだけ一発合格ないし7~8科目は合格するくらいの勉強はしたほうがいいと思います。

<参考:資格スクール講座・通信講座の比較検討>

生涯学習のユーキャン 保育士講座
→副教材や実践問題集などの筆記試験対策教材のほか、実技試験3科目のコツをDVDで伝授(技能試験の3か月前くらいから保育士実技試験合格対策コースの申込も可能)
たのまな 保育士【完全合格】講座(ヒューマンアカデミー)
→視覚(DVD)・聴覚(CD)教材付き、全5回の試験対策リアルセミナー、業界最長の3年間サポート付講座
LECオンラインショップ(E学習センター)
 保育士一発合格講座
→Web+スマホ+DL、科目別販売もあり、科目合格された方の学習にも対応しています
キャリアステーション保育士総合講座
→通信、通学講座。合格後の就職ガイダンスなど就業サポートあり。

コメント

  1. さな より:

    初めてコメントさせていただきます、こんばんは。
    今、ニチイという通信教育の教材の無料パンフレットを見て、
    保育士を完全な独学か、この手の通信教育か、悩んでいます。

    まだ、勉強もしていない初心者なんですが、
    パンフレットの中にちょろっと出てくる、いかにも教科書っぽい、
    「新保育士養成講座 第1巻 保育原理」新・保育士養成講座編纂委員会
    という何巻もある本が必要なのかどうなのか、困惑しています。

    これがmiwaさんの紹介されている保育士合格テキスト一冊でまかなえちゃうものですか?
    明日にでも本屋さんに行ってみようと思っていますが、教えてください。

    本の紹介や勉強法、とても参考になります。
    ありがとうございます。

    • miwa@管理人 より:

      >さなさん

      はじめまして。コメントありがとうございます。

      >保育士を完全な独学か、この手の通信教育か、悩んでいます。
      >「新保育士養成講座 第1巻 保育原理」新・保育士養成講座編纂委員会という何巻もある本が必要なのかどうなのか

      ニチイの講座を見ましたが、模擬試験がついていたり、webで過去問・模擬問題演習ができるのはよさそうですね。
      ただDVD・web講座がないということを考えると、市販本の独学+単科の問題演習ゼミでもいいかなと感じました。
      動画で講義を聴きたい人には、ヒューマンアカデミーや四谷学院の方がいいのかもしれません(その分ちょっと値段は上がりますが。)

      そして新保育士養成講座の本が必要かどうかというと、出題の元ネタになっている本なのであるに越したことはないですが、正直言うとあまり使い勝手がよくない。
      市販のユーキャンや成美堂の本のほうがよくまとまっていて、わかりやすいです。
      個人的には、新保育士養成講座の本は、2年目以降に残った科目を集中的に勉強するときに買う、でもいいのかなと思いますよ。

      あと参考まで…「ふくしかくネット」というところで、単科の問題集を購入できます。
      http://fukushikaku.com/

      評判がいいのは、「エンゼルカレッジ」ですね。
      http://www.angel110.com/
      こちらは通信講座というよりは、よくまとめられたノート・資料を買うという感じです。
      会員にならなくても、掲示板等の利用はできます。

  2. さな より:

    miwaさん、こんばんは。
    さっそく教えていただいて、ありがとうございます。
    ニチイの内容まで調べてくださったのですね。ありがたいです。

    今日、さっそく本屋に行ってきました。
    miwaさんが紹介してくださってる成美堂がずらっと並んでいて、
    ぱらぱらとめくった感じでは、わかりやすくて良さそうでした。

    独学の不安に駆られて、
    何かしら通信講座を取ろうと考えていたんですが、
    ちょっと冷静になって、ちゃんと比較してみようと思います。

    ふくしかくネットとエンゼルカレッジも少し覗いただけなんですが、
    情報がけっこうあるのですね。

    ちょうど年末年始のお休みで時間があるので、
    テキストを買ってから、ゆっくり通信講座のパンフレットを検討してみます。

    たくさんの情報、ありがとうございます。
    渋い表紙の新保育士養成講座の本を、ひとまず買わなくてもいいとわかって、
    ホッとしました!

    • miwa@管理人 より:

      >さなさん

      保育士養成協議会のHPに過去問があるので、これを何年分か見てみて、これを独学でやるのは無理そうだと思ったら、通信講座なり通学講座の力を借りる、というのがいいかと思います。
      データ的には合格率は低いけれど、そんなに恐れる試験でもないと思いますので、頑張ってくださいね!