【FP2級】資産設計提案業務を選択したはいいけれど

FPの9月試験の申込が始まっています。
先に結論を言うと、今回は日本FP協会で受験申込をしました。
今回の実技試験は「資産設計提案業務」で受験します。

スポンサーリンク

2級は実技を5種類の中から選択します


FP3級のときは、金融財政事業研究会でしか受験申込ができなかったので、迷う必要もなかった(実技試験はどちらにしようかと思ったが、買ってあったテキストが個人資産対応のものだったのでそのまま個人資産を選んでしまった)のですが、

fp2kyujitugi

FP2級の実技の選択科目は、金財主催の試験では

・個人資産相談業務
・中小事業主資産相談業務
・生保顧客資産相談業務
・損保顧客資産相談業務


FP協会主催の試験では
・資産設計提案業務 の一択

う~~~~~ん!!迷う!!
で、冒頭に戻るけど、何故今回はFP協会の方を選択したのかというと、それはひとえに実技試験の出題形式が、FP協会主催のものの方が自分に合ってると思ったからです。

金財の実技試験は、3級と同じく大題5題×3(15問)なのですが、FP協会主催の実技試験は40問あるんです。
一見問題量が少ない方が楽そうですが、問題数が少なすぎると、仮に苦手分野がドドーンと1問出題されたときや計算ミスをしてしまった時のダメージが大きいのがちょっと嫌だなぁと。

それなら40題問題があるFP協会の実技試験の方が、出題形式も問題量も学科試験の延長っぽい印象があったので学習しやすそうだなと思い、今回は資産設計提案業務を選択しました。

あと、先々の1級の実技試験のことも考えると、口述式の金財実技よりも、ペーパーテストのFP協会実技試験の方が試験対策としてはやり易い感じですし。

で、FP協会のサイトから受験申込をした後によくよく見てみると…
2級試験の合格基準がどこにも書いていなかったorz

学科試験は金財もFP協会も同一問題なので、60点中36点(6割)以上合格なのは多分間違いないとして、資産設計提案業務って何点満点中何点で合格なんでしょう?
FP協会のHPでは、試験問題と模範解答は公表されているものの、配点も合格基準も記載されていませんでした。
これはちょっと実技試験の目標値をどこに置いたらいいのか迷いますね~。

ネットで検索してみたところ、
短期合格を実現する!資格の大原のファイナンシャル・プランナー講座。合格戦略カリキュラム等の勉強法のご案内。実力派専任講師の生の講座を体験できる無料体験入学もあります。
資格の大原では、FP協会の実技試験は100点中60点以上との情報がありました。
ということは、2点×20=40点、3点×20=60点の計100点ってことかしら?
だとしたら、27問(最悪2×20=40、3×7=21で61点は確保できるライン)は正解しておかないと、合格は確実ではないってことですね。まあ7割以上得点できれば、さすがに不合格はないだろうと思いますが。

日本FP協会
fp2級,fp3級,fp1級,技能検定,日本FP協会公式サイトです。日本FP協会が実施する1~3級FP技能検定の概要のほか、本サイトから2級・3級の申込み(照会・変更)、合否照会が可能です。
金融財政事業研究会
http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/index.html