ドラゴンクエストミュージアムで、ノスタルジーに浸る

渋谷のヒカリエで行われている、ドラゴンクエストミュージアムに行ってきました。
DSC_0318

冒険の回廊では、歴代のソフトが…
ちなみにここで、10分から20分の入場待ちです(この先にオープニングシアターがあるため)。
DSC_0256 DSC_0257 DSC_0258 DSC_0259 DSC_0260 DSC_0261 DSC_0262 DSC_0263 DSC_0264
しまった、Ⅷのパッケージだけ忘れてた(笑)

冒険の回廊を抜けると、オープニングシアターで5分くらいのショートムービーが上映されます。
(撮影禁止のため画像なし)
そこを抜けると、ロト装備(ロトの鎧・剣・楯)のオブジェが飾られています。

次は、ロト伝説画廊です(撮影禁止区画のため画像なし)
ここは、ドラクエⅢ・Ⅰ・Ⅱの時系列で、絵画でドラクエの名シーンが展示されているコーナーです。
絵画の下に、該当するファミコンの画面の写真も飾られていて、なんか懐かしかったです。

個人的にツボだったのは、サマルトリアの王子様の肖像画かな。
いやーさがしましたよ、ってお前が言うなよ!!

ロンダルキアの三悪魔を抜けると、天空城です↓
DSC_0266

ここから、天空シリーズのスタートです。

ジオラマで再現されているDQ4・5・6の世界です。

DQ4 第1章から第5章の、名?シーン。
DSC_0268 DSC_0271 DSC_0273 DSC_0279 DSC_0281
左から、ピサロの手先VSライアン、アリーナVSベロリンマン、女神像の洞窟、キングレオVSマーニャ・ミネア・オーリン、デスピサロ戦

ところで、クリフトは(効きもしない)ザラキを唱えているのであろうか…。

DQ5のジオラマは、いきなりパパスがゲマ・ジャミ・ゴンズに殺されます(悲)
DSC_0285 DSC_0287
(洞窟の中を覗くようなジオラマなので、角度を変えてみました)

花嫁はどっち?
DSC_0290
ちなみに管理人miwaは、初プレイの時はビアンカを選んだけど、2回目以降はずっとフローラ派でした(DSではデボラ派)。
イオナズン使えるし、ルドマンさんから水の羽衣とお金が貰えるからです。

ストーリー的には、空気を読んでビアンカを選ぶべきなんでしょうけどね(笑)
DSC_0292
子どもたちの髪の毛の色、黄色だし。

DSC_0293
こうして振り返ると、目の前で父は殺され、妻と母は連れ去られ、奴隷として10年働かされ、子どもが生まれてまもなく、自身は8年間石造にされるという。
Ⅴの主人公ほど不憫な人そうそういるもんじゃない。

DQ6ゾーン
DSC_0298 DSC_0299 DSC_0301 DSC_0302   DSC_0303

サムネイルだとちょっとわかりにくいですが、左からテリーVSドランゴ、ムドーの城に向かう主人公・ハッサン・ミレーユ、空飛ぶベッド、エンディングの未来の卵、ダークドレアム。

正直言うと、6の方はそんなに思い入れが強くないのです。
なんか職業をマスター→全員を勇者にするまでレベルを上げまくっていた記憶しかない…。
あとは、ペロがアマンダに毒殺されかけるところとか(苦笑)

天空シリーズのジオラマギャラリーを抜けると、DQ7・8・9・10のゾーンです。

DSC_0312 DSC_0313
お祈り世界樹。願い事を書いた世界樹の葉を壺に入れて、お祈りをします。

DSC_0309
↑動き出す冒険の記録

DSC_0310
↑旅のとびら(目覚めしアストルティア)

ドラクエがプレステに移行してからは、殆どプレイしたことがないので、あまり思い入れがない私(なので写真も少な目ですw)
ジオラマや絵画と違って、こちらはアクション系のコーナーという感じでした。

悪魔の回廊(歴代ラスボス)とオールスター終結バトルシアターを抜けると、「伝説のはじまり」コーナーです。
(撮影禁止区画につき画像なし)

鳥山明氏デザインのパッケージのイラスト
マップデザイン、シナリオ(セリフのループ)、アイテムリスト
すぎやまこういち氏が作曲した1の序曲・フィナーレの楽譜などの資料が展示されていました。なかなか貴重な資料です。

飲食コーナーを抜けると、あらくれ商人のプレミアムバザー(売店)で、お土産を購入。
DSC_0314 DSC_0315
メープル味のクッキーで、まぁまぁ美味しい。
あと画像には撮ってないけど、Tシャツも買いました(ジムのレッスンで着ようっとw)。

個人的にはスマホケースが欲しかったんだけど…売り切れで買えず(残念)。

証交換所で、会心の一撃チャレンジ(はぐれメタルとメタルスライム)と勇者の証をもらいました。
DSC_0316
旦那がもらったのがVの勇者、私がもらったのがⅦの勇者。
(シールはランダムで入ってます。)

そんなわけで、ドラクエシリーズをプレイしていた人(特に初期のシリーズ)にとっては、ノスタルジーに浸れるミュージアムだと思います。

それにしても、ドラクエシリーズが発売されてからもう30年も経つんですね!
でも、約20年以上前にプレイしていたDQ3~6のことはよく覚えているので、それだけ自分にとっては思い出深いゲームであることは間違いないです。

スポンサーリンク

コメント

  1. スコッチ より:

    こんなのあったんですね
    私は9までやりましたが
    はまったのは
    8 4 5ですね
    4は無敵すぎるまで鍛えました
    5はモンスターだけを鍛えました
    8はもうモンスタースカウトしかやりませんでしたね
    7は酔うのであまりやりませんでしたが
    全員勇者にして終わらせました(笑)
    音楽も懐かしいのばかりでしょう
    ミワサンは試験ではアリーナになり
    私生活ではフローラタイプですか?(笑)

    • miwa@管理人 より:

      >スコッチさん
      7月からやってたんですよ。
      夏休みだから、子連れの親子も多かったです。
      館内はDQミュージックでしたな。冒険の回廊は「love song 探して」だったり。
      でも私の世代(30代~40代くらいの客)が一番おおかったかなー。
      私生活はフローラ(笑)そんなに献身的な奥様じゃないな。
      どっちかというとデボラ…ゲフンゲフン

  2. ピタヤ より:

    ドラクエ!オレもやってました(*’▽’)4がお気に入りでした!確かにドラクエ5の主人公は、過酷な人生ですよね~

    • miwa@管理人 より:

      >ピタヤさん
      DQ5は、主人公=勇者じゃないんだ!と驚きましたね。
      パッケージに息子(勇者)の絵、かかれてないし…。