全経電卓計算能力検定1級を受験!電卓の早打ちより数字を書くのがキツい!

昨日は、柏木実業専門学校(大和市)にて、電卓計算能力検定1級を受験してきました。


日商簿記1級のスピンオフ受験・第2弾は、電卓です。
電卓検定と簿記検定は試験の性質は違うものの、電卓をもっと効率よく正確に打てるようになったら、日商簿記1級の問題を解くときにも役立つだろうと思って、受験してみました。

ところで、「もし電卓検定を受けるんだったら、日本産業専門学校(川口市)会場で申し込もう」と、計算実務能力検定のときにチェックしていたんですけど、今はココの学校では電卓の試験は開催されなくなったんですね(泣)ガーン!

となると、神奈川経済専門学校(相模原市)か、柏木実業専門学校(大和市)の2択かぁ。
どっちも家からちょっと遠いけど、電車乗り換えの手間が面倒くさくない方に出願しました。

それにしても、真夏だというのに、大和駅から徒歩15分はキツいですね。
会場選択間違えたかな…。
学校のHPには徒歩10分と書いてあったけど、やっぱり13~14分は歩いたよ…おかげで会場に着いたときは、結構な汗だくでした(汗)
タオルと汗拭きシートを持っていってよかったー。

あとスリッパも必要なんですねこの学校。
スリッパ持参の試験なんて、危険物甲種以来だからかなり久しぶりだな!

スポンサーリンク

1級試験の内容

前半は1級・3級の試験がおこなわれます。
…が、3級の受験者は残念ながら欠席だったため、1級のみの試験が行われました。

1級の試験内容は、乗算・除算・見取算・複合算・伝票算です(3級も同じ)。
1級・3級ともに試験時間は13時00分から50分です(1種目につき10分ずつ)

最初に全ての問題用紙と伝票、伝票算用の解答用紙が配られ、問題用紙と伝票算の解答用紙に受験番号を記入します。

乗算は、
No.1~No.10は無名数の掛け算、No.11~No.20は名数(数字の先頭に¥がついている)のかけ算

更に、各乗算の答えをふまえて、
No.1~No.5の構成比率、No.6~No.10の構成比率、No.1~No.10の構成比率
No.11~No.15の構成比率、No.16~No.20の構成比率、No.11~No.20の構成比率
を計算します。

無名数は小数点第5位未満、名数は円位未満、%は小数点第2位未満を四捨五入する」という指示があるため、計算の順序と端数処理に注意が必要です。

除算は、
No.1~No.10は無名数の割り算。
No.11~No.20は名数の割り算です。

更に、各除算の答えをふまえて、
No.1~No.5の構成比率、No.6~No.10の構成比率、No.1~No.10の構成比率
No.11~No.15の構成比率、No.16~No.20の構成比率、No.11~No.20の構成比率
を計算します。

こちらも、端数処理の指示は乗算と同じく、「無名数は小数点第5位未満、名数は円位未満、%は小数点第2位未満を四捨五入する」となっています。

乗算に比べると答えの桁数が小さい(=数字を書く手間が少ない)ため、乗算よりも早く問題を解き終えることができました。

見取算は、筆算形式で数字が15個並んでおり、それらを順番に加算あるいは減算するものです。(それが10問出題されます)

端数処理の指示は特にないのですが、小数点セレクターは0、ラウンドセレクターはFに戻してから計算を始めました。

この問題については、乗算・除算に比べると、特筆すべきことはあんまりないです。
とりあえず、キータッチミスをしないようにだけは気をつける、行を飛ばさないように気をつける…といったことでしょうか。

ちなみに、日電検の電卓技能検定では、見取算・伝票算でも構成比率問題が出るようですが、全経の電卓能力検定の見取算・複合算・伝票算では構成比率の問題は出ません。

複合算は、(乗算)-(乗算)、(加算)+(加算)、(除算)÷(除算)といった、複数の計算処理を行うものです。

なお、複合算の場合は、計算の答えではなく、1計算ごとに随時端数処理をしていきます。
1級の端数処理の指示は、「小数第3位未満切り捨て」です。

なので、ラウンドセレクターを「CUT」、小数点セレクターを「3」にセットしてから、問題を解いていく必要があります。

とりわけこの問題では、端数処理の設定をミスったら絶対に正しい答えが出ないので、「はじめ!」の合図があったら、必ず端数処理の指示に目を通す癖をつけました。

※miwa注:2級・3級の複合算は「整数未満切り捨て」となっているので注意が必要です。
その場合は、小数点セレクターを「0」・ラウンドセレクターを「CUT」にセットしてから問題をときます。

ラストの科目は伝票算です。

30枚の伝票をめくりながら順番に加算していきます。


①伝票No.1~15の1行目
②伝票No.1~15の2行目
③伝票No.1~15の3行目
④伝票No.1~15の4行目
⑤伝票No.1~15の5行目
⑥伝票No.16~30の1行目
⑦伝票No.16~30の2行目
⑧伝票No.16~30の3行目
⑨伝票No.16~30の4行目
⑩伝票No.16~30の5行目

伝票算は、小数点の計算、乗算・除算もなく、ひたすら加算するのみの、シンプルな問題です。
試験本番の伝票には、15ページと16ページの間に色紙が入っていて、前半と後半が区別されていました。

また、左めくりの伝票(右上がホチキス止めになっている)が欲しい人は、係員に申し出れば貰えるようです。
伝票算では、伝票ホルダー、文鎮、クリップの使用はできますが、指サック、めくーるの使用は出来ません。

端数処理については特に意識する必要はありませんが、一応、小数点・ラウンドセレクターとも、「F」と「0」に戻してから計算しました。

合否の手応え

1級については、とりあえず5種目とも、制限時間を1~2分ほど残して、解答欄に全ての答えを記入することができました。

問題用紙と解答用紙は一体になっているため、伝票以外の問題用紙を持ち帰ることはできません。なので自己採点はできませんが、キータッチのミスをしてなければ合格していると思います。

勿論、乗算と除算のどこかでキーを打ち間違っていると、芋づる式に大量失点をしてしまうため、そういうのがあれば基準点割れで不合格となってしまうでしょうから、1級の合格確率はハーフハーフですね。
結構テンパってたのか、ミスタッチで打ち直してるところも多かったのでね…。

後半に続く!
(明日or明後日にはupします)

全経電卓計算能力検定段位を受験!ただの冷やかし記念受験になってしまった…。
1級・3級の試験終了と解答用紙の回収が終わった後、約15分程度の休憩を挟み、後半の段位の試験開始です。 前半戦(1級)の記事↓...


コメント

  1. ヴェネ より:

    スピンオフで次々すごすぎます。
    簿記会計系資格まで手がまわりません(笑)
    ちなみに、職場の福利厚生で簿記3級講座が当たる懸賞がありました。

    どんな懸賞やねん!
    10名にあたるらしいです。
    もちろん申し込みましたよ!
    ちなみに2月までの試験に対応です(笑)

    • miwa@管理人 より:

      >ヴェネさん
      以前からちょっと興味があったので、電卓を使う勉強をやっているついでにやってみるか、くらいの軽いノリで申し込みました。
      >職場の福利厚生で簿記3級講座が当たる懸賞
      それはホントにどんな懸賞やねん!ってツッコミたくなりますね(笑)
      面白い懸賞ですね。
      通信・通学にせよ、おおむね1万~2万円くらいなので、当たるとラッキーですね(でも案外10名も応募がなかったりして…)。

  2. ラキシス より:

    miwaさん今晩は。この度、日本語検定2級に合格しました。総合得点率91.3%(合格基準80.0%)でした。漢字検定準1級と語彙・読解力検定準1級を取得しているので、3種類とも、1級に合格出来るように精進して行きたいと思います。

    • miwa@管理人 より:

      >ラキシスさん
      日本語検定2級、合格おめでとうございます。なかなかの高得点じゃないですか!
      漢字検定、語彙・読解力検定、日本語検定1級の3地点制覇!
      ハードルは高いと思いますが頑張ってください。

      • ラキシス より:

        miwaさん今日は。電卓検定や簿記(3級所持)にオススメの電卓を教えて下さい。話が変わりますが、孫子の名言「彼を知り己を知れば百戦殆からず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し」を肝に命じて試験に臨んでいます。差し支えなければ座右の銘を教えて下さい。

      • miwa@管理人 より:

        >ラキシスさん
        カシオかシャープの実務電卓で、ロールオーバー機能(早打ち)対応・12桁表示・サイレントタッチキーがついているものがオススメですね。
        ヨドバシカメラやビックカメラなどでも打っているので、試しうちしてみるといいでしょう。
        座右の銘ですか!?「塞翁が馬」「行百里者半於九十(百里を行く者は九十を半ばとす)」ですかね。

  3. ピタヤ より:

    自分は計算系は弱いんで、電卓とか早い人がいたらスゲーって思います(笑)

    • miwa@管理人 より:

      >ピタヤ さん
      パソコンのテンキーと同じ要領で、ある程度は早く打てるようになりますよ!
      (あとはロールオーバー機能つきの電卓を使うこと)