1泊2日で北陸地方へ行ってきました②(立山編)

黒部ダム編の続きです。

ダム堰堤をぬけて、黒部湖駅(ケーブルカー)へ。
IMGP0044

IMGP0047

トンネルの中はひんやりと寒い…。
てゆーか、ほかの乗客の恰好が、本格的な登山ルックの人が多いこと。
私たちも多少はアウトドアができるような服装はしてきたつもりですが、何かどう見てもお前、山をナメんなよって感じwww

さすがに靴だけはキャンバス地のスニーカーはトレッキングには向かないだろうと思って、トレッキング向きの靴を買ったんですけどね~。
これだけじゃ足りないのかな。

ケーブルカーは急こう配をひたすら上がっていくんですけど、初めて乗りました。車両の形自体がナナメなんですね。

黒部湖→黒部平に到着。

IMGP0049

夏だというのに、若干雪が残ってますね。
IMGP0050

反対方向には、さっきまで居たはずの黒部湖が見えます。
IMGP0052

ちなみに、黒部ダムでダムカレーを食べ損ねた私たち。
黒部平か室堂で何か食べよう…という話をしていたのに、レストランは13:30分で閉店していました…orz

しょうがないので立ち食いソバみたいなところで、かけ蕎麦食べましたw
並んででもいいから、黒部ダムで何か食べておくべきだったかな。

ロープウェイに乗って、黒部平→大観峰へ。

IMGP0055
またしてもここで展望台(55段+α)へ。

ここは展望台に上った後は、すぐにトロリーバス乗り場へ移動。
大観峰から室堂へ。
(っていうか、私たち3人がバスに乗った時は、出発時刻目前でしたwwwどおりで展望台に上る人が少なかったわけだ…)
IMGP0057

途中のトンネルで撮影。標高2,391メートルだそうです。
IMGP0059

室堂に到着。
IMGP0061

ここから室堂のトレッキングです。
IMGP0062

さて、トレッキングは、ABCDの4ルートがあるようです。
今回は電車の時刻の関係上、1時間で行って帰ってこられそうなAルート(ミクリガ池・地獄谷)を回ってみることにしました。

高山病防止のため、水分補給を!と書いてあったのですが、あいにく水を切らしていました。
そこで自販機で水分を買おうと思ったら…室堂の自動販売機の値段、高いじゃないっすか!
(伊右衛門か何かが260円もしたんですよ!)
ただ、立山 玉殿の涌水のペットボトルは1本160円だったので、そっちを買いましたけどね。
何だろう。高山地帯故に、物資を運ぶのが大変だからこんなに値段が高いんですかね??

ミクリガ池↓

IMGP0063

IMGP0065

すごい青くてきれい。そしてまだ雪が残ってるんですね。でも何か雪っていうよりも、セメントのようにも見えてしまいます。

ミクリガ池(別方向から撮影)
IMGP0069
生き物は住んでいないんだそうです。

IMGP0070

ミクリガ池を過ぎて、地獄谷に向かう。
なんとなくですけど、硫黄のにおいが漂ってきます。

ミドリガ池↓

IMGP0071

なんとなくこの辺で硫黄のにおいに耐えられなくなってきたので、ここで引き返すことにしました。
というか1時間近くトレッキングをすると、結構足にきますね~。意外にアップダウンがあったし、高山地帯のせいか、何か疲れがすぐに溜まるといいますか。途中で頭がクラッとしましたよ。

ただ、靴だけはアウトドア用の靴(new balance アウトドアシューズ WT503 2E)を買っておいてよかったと思いました。
結構ゴツゴツした砂利・岩の上を歩くので、ソールがしっかりしていないと足首をひねってしまいそうです。サンダルやヒールじゃ絶対歩けません。

そういえば事前に仕入れた情報によると、室堂は夏でも結構冷えるとのことなので、私は4月頃に来ていたブルゾンと、雨が降った時に備えてポンチョを持って行ったんですね。
で、トレッキングをしていると、高山ゆえに下界よりも日差し(紫外線?)がキツかったせいでしょうか。
腕に日光湿疹が出て、かゆくてしょうがなかったです。

これ以上腕を露出するのはマズイと、持ってきたブルゾンを着てみたら…暑いじゃないっすかw
結局はmiwa母が持っていた、薄手のカーディガンを借りました…。
うーん。これなら私も薄手の長袖カーディガンをもっていけばよかったかなー。
結局ブルゾンもポンチョも使わなかったし。

まぁそれは結果論か。雨が降って寒くなってしまったら、どうしようもないですもんね。山の天気は変わりやすいといいますし。
夏場のトレッキングは、薄目の長袖と、雨に備えた装備の両方が必要なのでしょうね。

室堂から美女平まではバスで移動(天狗平と弥陀ヶ原はスルーしちゃいました)。

車窓から撮影した雪の大谷
IMGP0074
4月~6月にかけては、この雪の大谷を歩くツアーが人気だそうです。でも7月下旬でもこれだけ雪が残っていました。スゲー!

何だかんだ言って、この日はずっと天候に恵まれて本当にラッキーでした。
へたすると、霧の中に囲まれて何も見えず、ひたすら乗り物に乗って移動するしかないということだって有り得たわけですからね。
平日(金曜日)だったから、乗り物の入場制限や整理券が配られるということもなかったし。

ただですね…。美女平→立山駅について、後は電鉄富山駅に向かうだけだ~!と思っていたら、電鉄富山って1時間に1本しか走ってないじゃないっすかwww
ここで40分以上待ちぼうけをくってしまった。
しかも5時にはお土産屋が閉まってしまうというね(月末につき、棚卸だったそうです)。

電鉄富山の無人駅は、なんかすごい廃墟っぽい感じというか、ローカル線ならではの哀愁を感じてしまいました。

富山で止まったホテルは、コンセプトホテル 和休というところです。
(写真は撮り忘れちゃいました。)

miwa母がじゃらんnetの会員なので、そこで3人分(ツインとシングル)予約してくれました。
ビジネスホテルですけど、ユニットバス以外にも大浴場がついていましたし、アメニティがとても充実していました。
朝食も和食のバイキングがおいしかったですよ~。

ラストは金沢編です(まだ続くのかよw)

スポンサーリンク